r1 ヨーグルト

R-1乳酸菌

よく聞く「R-1乳酸菌」ってどんな乳酸菌?

昨今の健康ブームではたくさんの乳酸菌製品が販売されるようになりました。
乳酸菌は納豆やチーズなどの発酵食品に多く含まれていますが、
これらを毎日摂るのは大変です。

そのため乳酸菌配合のサプリメントが多くのメーカーから販売されるようになりました。
また、最近ではカップラーメン、チョコレート、ポップコーンなど、
意外な食品にまで乳酸菌が含まれた商品が出回っています。

ますます注目を集めている乳酸菌ですが、
乳酸菌にはじつはものすごくたくさんの種類があることをご存知でしょうか。
それらは個々で性質や働きも違うのです。
今回はそんな乳酸菌の中でもよくCMなどで耳にする「R-1乳酸菌」について説明したいと思います。

・乳酸菌はどうしてこんなに注目されているの?

「乳酸菌は体にいい」というイメージがなんとなく定着しているかもしれません。

近年、乳酸菌やビフィズス菌とよばれる善玉菌の研究が著しく、
人間の体に与える恩恵が大きいことが注目されるようになりました。

私たちの持つ内臓の1部である小腸や大腸は、
以前は「食べ物を消化して栄養を吸収する器官にすぎない」というふうに言われていました。

しかし現在では、腸は脳とも深い関連性があり、
なおかつ体全体の免疫にも関与していることがわかってきました。

ということは、健康な体づくりの基本は、
腸内環境を整えることにあるのではないかという結論に至ったのです。

たしかに私の知り合いでも、
食生活に以前から乳酸菌飲料を取り入れている人がいました。

その方は90歳近い今でもほとんど大病を患うことなく自営業でバリバリ仕事をしています。
乳酸菌が多く含まれる食品としては「発酵食品」が知られています。

乳酸菌製品と同時に納豆や味噌などの発酵食品を積極的に摂りいれることが効果的です。

・R-1乳酸菌の特徴とは?

CMなどでよく目にするようになった「R-1乳酸菌」とは、
いったいどのようなものなのでしょうか。

乳酸菌というのはじつはたくさんの種類が存在し、
それぞれで働きや性質が異なります。

その中でもR-1乳酸菌というのは、
明治から販売されている商品に含まれている乳酸菌のことをいいます。

R-1という名称は正式には「OLL1073R-1乳酸菌」といいます。
明治における乳酸菌研究の中で選び抜かれたブルガリア菌です。

ブルガリア菌というのは乳酸菌の1つで、
ヨーグルトなどの乳酸菌製品に豊富に含まれています。

明治のHPによると「この乳酸菌がつくりだすEPS(多糖体)は、新しい可能性を秘めた成分です」とかかれています。

・R-1乳酸菌を取り入れると実際どうなのか?

R-1乳酸菌を含んだヨーグルトなどの乳酸菌製品は、
どこのスーパーでも人気の商品です。

実際にこれらの乳酸菌製品を摂るとどんなメリットがあるのでしょうか。
それは結論から言うと「人による」ということになります。

乳酸菌というのは個人によって合うあわないがあるため、
一概にこの商品を摂ると○○になる!とは言えません。

しかし現在は多くの乳酸菌製品が販売されているため、
その中から自分に合うものを選ぶことができます。

乳酸菌を取り入れ、
腸内環境を整えることで得られるメリットとしては
「口臭や体臭の対策」
「肌荒れの対策」
「おなかの調子をサポート」
「免疫力のサポート」などが挙げられます。

また、精神状態と腸内環境の関連性も指摘されていることから、
体だけでなく精神状態を良好にするサポートも期待できるのかもしれません。

・家族の健康のためにR-1乳酸菌

体内の乳酸菌などの善玉菌は、日々失われていくといいます。

健康な体をつくるためには、
積極的に乳酸菌を取り入れていくことが必要です。

現在は多くのメーカーから乳酸菌配合のサプリメントも販売されていますが、
味の楽しみがないのが欠点です。

明治から販売されている乳酸菌製品はどれもおいしく、
家族で楽しみながら乳酸菌を取り入れることができるのでおすすめです。