ヨーグルト効果

ヨーグルトの効果って?

ヨーグルトに豊富に含まれている乳酸菌の働きが注目されて久しいですが、
数年前から熱い視線を集めているのがその免疫アップの効果。
テレビなどでも大きく取りあげられ、
乳酸菌を取ることがインフルエンザの予防につながると知られるようになったのです。

免疫に関わる細胞が、
外から体に侵入する細菌やウイルスと戦ってくれることはご存知ですよね。

また、
体の抵抗力を高めてくれる、
新陳代謝を活発にするなどの役割もあります。

実は、
その免疫細胞の6〜7割が集まっている器官が腸なんです。

乳酸菌を効果的に取り腸内の善玉菌を増やすことで、
腸内環境が整います。

その結果、
免疫細胞が活性化され免疫力がアップすると言う仕組みになっているんですね。

どうやって食べればいいの?

一口にヨーグルトといっても、スーパーやコンビニで置いてあるヨーグルトは種類がたくさんありすぎて迷いますよね。
その中でも特におすすめしたいのは2つ。

R-1乳酸菌

一つ目は、明治のR-1ヨーグルトです。
R-1ヨーグルトには、
その名の通りR-1乳酸菌がたっぷり入っています。

この乳酸菌、風邪にかかるリスクを軽減してくれるだけでなく、
臨床実験でインフルエンザの抑制効果があることもわかっているとても優秀な乳酸菌なのです。

また、フジッコのカスピ海ヨーグルトもおすすめ。
腸まで生きたまま届くプロバイオティクス乳酸菌が使われているため、
腸内環境を整えるのにうってつけ。

カスピ海ヨーグルトは、
カスピ海沿岸のコーカサス地方に暮らす人々が長寿であることにヒントを得て作られた商品なので、
免疫力アップの効果が高いのも納得ですね。

いかがでしたでしょうか?
インフルエンザの予防接種にプラスして毎日の食事にヨーグルトを取り入れることで、
免疫力を高め冬の時期を健康かつ快適に過ごしましょう。