花粉症 ヨーグルト
花粉症ヨーグルト

花粉症とその原因とは?
春になると花粉症で調子が悪くなる人は増加します。
春は特に花粉が多く飛ぶ季節なので、
目がかゆい、鼻がむずむずする、鼻水が止まらないなど
ティッシュが離せないという人も多いのですね・・・。

花粉症は、体の中に花粉というアレルギー物質が入ってきて引き起こされます。
いわゆる抗原抗体反応といわれている反応で、
花粉という体にとって異物が入ってきたことで
それを排除しようとする免疫力が作用して引き起こされるのです。

花粉症の原因になる代表的な花粉には
スギやヒノキなどが挙げられ、
アレルゲンが身体に入ってくることでアレルギー反応が起こってしまいます。

花粉症が起こる具体的なプロセス

花粉症がどのようにして起こるのか?
人の体には自己免疫力という機能が備わっています。
この機能はウイルスや細菌など、
人間にとって害のあるものから体を守るための仕組みです。

ウイルスや細菌が体の中に入ってくると、
体の中にあるリンパ球がこれらのものが異物かどうかを確認!
ウイルスや細菌が異物と確認されると
攻撃するための抗体がつくられます。

その時、ヒスタミン物質も作られるといわれ、
その物質の影響で鼻水やくしゃみなどの症状が起こるのです。

アレルギーがある人は害のない花粉まで異物と判断されてしまいます。
そのため、ヒスタミンという物質が作られ、
くしゃみや鼻水などの症状が出てしまいます。

理由については、まだ具体的に解明されていませんが、
腸内環境の腸内細菌バランスが関係しているとも考えられています。

善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌には、
異物によってつくられる抗体産生の調節に関わっているといわれています。
その役割をもつ善玉菌が減ってしまうと、
過剰な抗体がつくられやすくなります。

腸内環境も花粉症に関係している?

最近の研究からビフィズス菌や乳酸菌が花粉症の改善に効果的ということが分かってきているといわれています。
ビフィズス菌や乳酸菌を多くとると、
腸内の善玉菌と呼ばれる腸内細菌が増えて腸内環境が整うといわれています。
そのことで花粉症の症状も改善するといわれているのです。
しかし、
具体的に腸内の環境が花粉症とどのように関連性をもっているのかということになると不思議に思う人も多いかもしれません。
基本的に、花粉症は、免疫の異常反応とよばれていますので、
免疫力という点では腸内細菌も大きく関係すると考えられているのです。
というのは、免疫機能調節を行っている免疫細胞の約60%は腸内に存在するといわれているのです。
そのため、腸内細菌のバランスが崩れてしまい、
腸内の悪玉菌が増えて腸内環境が悪化してくると花粉症やアトピーなどのアレルギー症状が起こりやすくなるといえます。
腸内環境が悪化する原因としては生活習慣の乱れやストレスなどが挙げられます。

腸内環境をよくして免疫機能が強化されると花粉症の症状改善などが期待できるといわれているのです。

腸内細菌に関する新しい研究

Tレグ細胞という名前を聞いたことがあるでしょうか。
Tレグ細胞は制御性T細胞という別名がある細胞で、腸内細菌の一種です。
ここ数年来の腸内細菌の研究は目覚ましい進歩を遂げているといわれており、
腸内細菌と免疫細胞との関係が少しずつ明らかになってきています。
免疫細胞はリンパ節でつくられ、腸で育つといわれています。
Tレグ細胞は1995年に、坂口博士が発見した免疫細胞で、
炎症を抑制する働きがあるといわれ、
癌やアレルギー性疾患の治療などで注目されているのです。
アレルギーは免疫細胞が過剰に活動性をもち人間の体を形成している細胞を攻撃してしまうという疾患です。
免疫細胞が暴走しているといわれていて、その暴走を止めることが必要になっています。
その暴走を止めるのにTレグ細胞が重要菜なのです。

制御性T細胞の研究では、腸内には存在する1000種類、
100兆個の腸内細菌の中のクロストリジウム菌のうち
17種類を混合してマウスに与えるとTレグ細胞が増えて
、炎症が抑制されたり、
腸炎や下痢の症状が抑えられたという成果などがありました。

このことで花粉症や皮膚炎のアレルギーに対する新たな治療の可能性が明らかとされたのです。
つまり、腸内環境をよくすると花粉症の症状が改善するということに対する可能性がさらに高まったということといえます。

花粉のピークは2月から4月

1年のうち、花粉のピークは2月から4月といわれています。

その時期にはこれまでと比べると比較的少なかった花粉の飛来量がぐっと増えます。
そのため、この時期にはしっかりと花粉症対策を行っていくことが推奨されています。
花粉症の症状改善には腸内環境を整えることがおすすめです。

この時期にはヨーグルトを積極的に摂取したり、
腸内環境の改善を図る食べ物などを特によく摂ることは花粉症の予防や改善という点でもおすすめです。

また、症状がひどくならないためにも花粉症の症状に気づいたらできるだけ早めに対策を行っていきましょう。
例えば、外出時には眼鏡やマスクを着用するということも効果的です。
花粉症の症状があるという人だけでなく、
花粉症の症状が現れていないという人も、
外出時は花粉にできるだけ影響されにくいような服装をしたり、
帽子などを着用することはおすすめです。
帰宅後は、服などをよく払い、
花粉を落してから家の中に入ったり、
帰ったらすぐにうがいと手洗い、洗顔などをするのも効果的です。

花粉症アレルギーは近年急増

春になると花粉症で困ってしまうという人も多いですね・・・。
春は特に花粉が多い季節です。
目がかゆかったり、
鼻先がむずむずしたり、
鼻水が止まらないなど、
辛い花粉症の症状に悩む人も増えます。

このような花粉症の症状は腸内環境と関連性があるといわれ、
腸内環境を整えることで辛いアレルギーの症状が軽くなったという人もおられます。

花粉症の辛い症状で悩んでいる方は、
今年はヨーグルトなどを積極的に摂取して
腸内の善玉菌を増やし、
腸内環境を整える方法は免疫力を向上できます。

杉やヒノキの花粉にる花粉症
アレルギーは近年急増しています

花粉症

今では約30%の人が花粉症と言われています
花粉によるアレルギー症状は、くしゃみ・鼻水など季節性アレルギー鼻炎とも言われるものです

つまりアレルギー性鼻炎には、
季節性アレルギー鼻炎と
通年性アレルギー鼻炎があります

季節性アレルギー鼻炎

花粉が引き起こす季節性アレルギー鼻炎の原因物質(アレルゲン)は
約60種類の植物花粉(スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバ等)です

症状
目の症状⇒かゆみ 涙 充血
喉の症状⇒かゆみ
口腔アレルギー症候群⇒口がかゆく 腫れる
皮膚の症状⇒かゆみ
下痢
熱っぽい

通年性アレルギー性鼻炎

原因物質(アレルゲン)⇒ダニ・ハウスダスト・ペットの毛・ゴキブリ・フケ
症状 喘息 アトピー性皮膚炎

花粉症の仕組み

花粉=原因物質(アレルゲン)

IgE抗体

花粉を体外に出すため 咳くしゃみなど

ビフィズス菌BB536ヨーグルトを積極的にとる

辛い花粉症などの改善のために、
腸内環境を改善する食品を積極的に摂るということはおすすめです。
腸内の善玉菌を増やしてくれるヨーグルトなどの食品をしっかりとると
腸内環境を整えてくれるという効果が期待できるのです。

ビフィズス菌BB536はヒトに適しているといわれているビフィズス菌で、
ビフィズス菌BB536は健康な乳児から発見された、
ビフィドバクテリウム・ロンガムというヒトの腸内にすむ種類のビフィズス菌です。

このビフィズス菌が優れている点として挙げられるのが、
生きたまま大腸に到達するということなのです。
ビフィズス菌は酸や酸素に弱い菌です。
胃などで消化される際に胃液などの影響で腸まで生きたまま届くということが難しいといわれているのです。

ビフィズス菌BB536は他のビフィズス菌と比較すると酸や酸素に強いという性質をもち、
生きたまま大腸に届けられるという特徴があるのです。

そのため、行手帳に届くといわれているビフィズス菌を積極的に摂ることは、
腸内環境の改善という点でもとても理想的といえます。

l92 乳酸菌 花粉症

l92 乳酸菌 花粉症
l92 乳酸菌の乳酸菌が人気です
花粉症に飲まれているケースもあるようです!
l92 乳酸菌で花粉症対策に期待されているのでしょうね・・・

花粉症対策

毎年春になると、
花粉症で苦しんでいるという方も多いと思います。
花粉症とは、
どういったものなのでしょうか。

花粉症は、スギやヒノキなどといった、
ある特定の植物の花粉が原因となることで、
くしゃみ・鼻水などといった、
アレルギー症状が引き起こされてしまう病気です。

こちらの花粉症は、
季節性のアレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

花粉症になると、
くしゃみや、鼻水などの症状が有名ですが、
ほかにも、目の痒み、頭痛や喉の痛みなどがあります。

軽い症状の場合には、
それほど問題なく過ごすことが出来る場合もありますが、
重篤な症状があれば、
日常生活が困難となってしまうことがあります。

アレルギー性鼻炎は、
本来、原因物質となっている、
アレルゲンの種類によって引き起こされ、
原因は、花粉なのが、花粉症。

花粉症は、
主に、花粉が飛ぶ季節にだけ症状があることで、
見分けることが出来るのです。

現在、日本人の約25%が花粉症であると言われています。

日本には、花粉症の原因となっている植物の数は、
約60種類以上にも上るとされています。

アレルギーの方が非常に増えているので、
現在ではこういった花粉症で苦しむ方も増えています。

アレルギーやアトピーが免疫の問題であり、
アレルギー性鼻炎である花粉症の完治は期待できません。

免疫力によりますので、
免疫力を高めることによって、
花粉症の症状を和らげたりすることは可能です。

それは、花粉症のメカニズムを知れば分かります。

花粉症のメカニズムは、
花粉が
まずは目や鼻から入ってきます。

その際に、
リンパ球が、
花粉を侵入者と認識することになり、
リンパ球がIGE抗体を作ることになります。

肥満細胞にくっつく形になり、
そちらに再び花粉が侵入します。

そして、ヒスタミンなどの化学物質が分泌されます。

花粉症の症状は、
2月の末から、4月の下旬頃まで飛ぶ形になります。

ヒノキ花粉の場合には
、5月頃まで症状が起こるケースが多いです。

これらの症状は花粉の飛散量に比例し、
花粉が多ければ多いほど
その症状は重篤化することになります。

花粉症が増大している原因には
さまざまな原因があります。

まずは、地球温暖化の影響のため、
スギ花粉が増大しているなどが原因です。

また、食生活や、
ストレスなどによっても、
花粉症の症状が酷くなるケースが多く、
近年での食生活の乱れが原因であるとも考えられています。

また、住宅やオフィスなどが近代化し、
ダニの温床となりやすく通気性なども少ないことから、
花粉症となってしまうとされています。

このように、花粉症は近頃では、
増大している上、
新たに花粉症になってしまうという方も増えています。

花粉症になってしまった方は、
どのようにこれらの症状を和らげればいいのでしょうか。

まず、花粉症を和らげるための方法ですが、
花粉症、アレルギー疾患などに
効果的なのがヨーグルトであると考えられています。

腸内環境を整えてくれるのは、もちろんですが、
ヨーグルトには
これらの花粉症の辛い症状を和らげてくれる効果があります。

それは一体なぜなのでしょうか。
まず、ヨーグルトには、
たくさんの乳酸菌が含まれています。

乳酸菌が、腸まで届くことによって、
腸内環境を良くしてくれます。

腸には実は悪玉菌などの菌がたくさんいます。
腸内環境を良くすることで、
善玉菌を増やすことが出来るのです。

実は、体の免疫細胞の70%程度が腸に集中しています。

善玉菌が増えて、
腸内環境が良くなることで、
アレルギー症状をおさえることができたり、
風邪の予防が出来たり、
お通じをよくすることが出来るのです。

逆に、腸内環境が悪ければ、
アレルギーや
アトピーなどの症状が酷くなってしまうことがあります。

このため、ヨーグルトを食べて、
腸内環境を良くしていくことが大切なのです。

ヨーグルトは、本来、
牛乳に、乳酸菌をプラスして作られた発酵食品です。

乳酸菌の効果によって、
悪玉菌を減らすことが出来、
腸内の蠕動運動を活発に出来るのです。

腸内細菌バランスが整うことで、
アレルギーに苦しんでいる方は、
これらの症状を緩和させることが出来るといわれています。

しかし、乳酸菌といっても、
たくさんの乳酸菌があります。

たとえば、ビフィズス菌などは有名です。

各社からヨーグルトは発売されていますが、
そのヨーグルトによって含まれている乳酸菌が違いますので、
どんな乳酸菌が含まれているのか
チェックをしてみるとよいでしょう。

特に花粉症に良いとされている商品もありますので、
ヨーグルトの選び方にも工夫をしてみると良いでしょう。

しかし、どのヨーグルトであっても整腸作用などがあるので、
花粉症には一定の効果があると考えられています。

また、花粉症の症状で辛い思いをしている方は、
乳酸菌サプリなどもあります。

これらの乳酸菌サプリは、
乳酸菌がサプリメントになっているものです。

ヨーグルトが苦手な方や、
乳酸菌飲料などが苦手という方もいると思いますが、
こういったサプリメントなら、
味などを気にせず飲むことが出来るメリットがあり、
同じように腸内環境を整えることで、
花粉症などのアレルギー症状をおさえることができます。

サプリメントにはさまざまなものが出ていますが、
継続して飲み続けることで、
一定の効果が現れますので、
継続して飲み続けることがおすすめです。

ヨーグルトと同じように、
サプリメントが腸内に届くことで、
悪玉菌を減らすことが出来て、
善玉菌が増え体の免疫細胞に活性化するのです。

このように、花粉症と体の免疫はかなり深い関係性があります。

花粉症は、重篤になってしまうと、
仕事や家事などに支障が出てくることもあります。

睡眠時に症状が出てしまうと
睡眠障害などに陥ってしまいます。こ

のため、花粉症を和らげる対策が必要となります。

また、耳鼻科などで、花粉症対策の薬を処方してもらうこともおすすめです。
目や喉の痛みを和らげる薬はあります。

しかし、花粉症を完治させるということは難しいと考えられています。
アトピーなどの症状もそうですが
、基本的には免疫の問題ですので、
体質を変えることは難しいのです。

しかし、乳酸菌を摂取することで、
これらの花粉症の症状を和らげるということは可能です。

このため、もしも花粉症で悩んでいる方の場合には、
これらの乳酸菌をぜひ普段の食生活に取り入れてみましょう。

また、それと同時に、
不規則な生活や、睡眠不足、ストレスなどは
アレルギー症状を悪化させてしまいますので、
なるべくバランスの良い食事を摂り、
そしてしっかりと睡眠を摂りましょう。

ストレスなどは、上手く解消するようにして、
心身の健康を保つことも、
花粉症対策には必須となっています。

花粉症 解決策

花粉症!くしゃみは止まらなくなるし、
勝手に鼻水は垂れてくるし、
かきむしりたい程目が痒くなるし、
こんなにも辛い事があるのだろうかというぐらい辛いですよね。
最近では、人間だけではなく、日本猿の中にも花粉症が広まっています。
しかし、もともと花粉症というのはどういったものなのでしょう。
説明出来るかというと、出来ない人の方がかなり多いと思います。
ここでは、
そもそも花粉症というものがなんなのか、
どういった症状が出るのか、
花粉症の解決策はあるのか!

・花粉症とはアレルギー

花粉症は、
風により運ばれてきたある特定の花粉が目や鼻の粘膜に付着して
、発作性の反復性である症状(くしゃみや鼻水など)を誘発する事です。

主にスギ花粉で発症する事が多いのですが、
中には白樺やブタクサの花粉でも発症する場合があります。

花粉症を引き起こす植物の数は、
実に多く、住んでいる地域により様々です。

また、例えばスギ花粉で反応したという人は、
ヒノキ花粉にも反応するという事が医学的にも分かっていますし、
イネ科の植物への反応が過敏だという事も分かっています。

大量に花粉を飛ばす植物の側に長期的にいると、
花粉症を発症する場合はかなり多いので、
住居や職場の近くに大量に花粉を飛ばす植物が植えられているのなら、
日頃から注意が必要です。

原因となった花粉がなんなのかは、
病院で検査しなくては分からないが、
原因が特定出来ないと対処法が分からないので、
まずは医療機関に診てもらうという事がとても大切です。

ですが、まれに遺伝という可能性もあるとされています。
両親などが花粉症の場合、
体質的に花粉症への反応が敏感になるとされています。

他に考えられるというのは、
免疫力の低下であるとされています。
著しく免疫力が低下している時に、
花粉に接する機会が多いと、
花粉症を発症してしまう可能性が高いのです。

もともと、ハウスダストや食品のアレルギーを持っている人も、
花粉症を発症しやすいので、
自身が何らかのアレルギーを持っている人は、
出来るだけ花粉を大量に飛ばす植物には近付かないようにしましょう。

・初期症状が大切

今まではなんでもなかったのに、
ある日突然花粉症になったという人もいます。

まず初期症状を見のがさないようにしましょう。
出来るだけ早く対処する方が良いのです。

一般的に知られている症状としては、
くしゃみや鼻水、
それと目の痒みですよね。

でも、こういった症状は、
花粉症だけに限られた事ではないですよね。

別の事が原因かもしれないのに、
一概に全て花粉症のせいにしてしまうのは危険です。

まず、自分の症状を冷静に観察してみましょう。
くしゃみが出る頻度や、
鼻水の垂れ方などで花粉症かどうなのか
見極めて見ましょう。

まず、くしゃみや鼻水、目の痒みといった症状が
同時に出るかどうかという点です。

どれか一つだけという場合は、
もしかしたら花粉症ではないかもしれません。

逆にいえば二つ以上の症状が同時に出た場合は、
花粉症を疑わなくてはならないでしょう。

花粉症の症状は、
喉の痛みを訴えるという人もいます。

これは鼻が詰まってしまったが為に
口で呼吸した事が原因なのです。

それに、喘息をもともと発症しているという人は、
花粉によって更に症状が重くなる可能性があります。

副鼻腔炎を合併する事もあるので、
ネバッとした鼻水が出る事もあります。

その時の症状としては、
眉間や目などの奥に重い痛みを感じるという事があります。

副鼻腔炎でない場合には、
サラサラとした鼻水なので、
見分ける方法としては鼻水の質です。

自分の鼻水をよく確認するというのも大切です。

一番辛いと感じるのは目の痒みではないでしょうか。
いつもかきむしる程痒くなり、
涙が止まらなくなるという人もいます。

女性だとメイクが取れてしまったりするので、
不用意にかく事も出来ませんし、
また、かいてしまった事で、
角質を傷付けてしまう恐れがあります。

目元は普段からガードする事が大切です。

眼鏡をかけているから大丈夫という人もいるのですが、
眼鏡だと横の隙間から花粉が入り、
逆に眼鏡の中で花粉に触れる事が増えてしまいます。

眼鏡をかけるなら、
横の辺りまでピッタリとガードされている眼鏡を選びましょう。

コンタクトレンズをされている人の場合は、
結膜炎を発症してしまう可能性も高いので、
出来ればコンタクトレンズの使用は避けた方が良いでしょう。

影響は粘膜だけではありません。
皮膚の表面に花粉がついた場合に、
ついた場所が炎症を起こす場合があるのです。

外出先から戻った時には、
顔や首、そして腕などをよく洗う事が望ましいです。

特にもともとアトピー性皮膚炎を発症している人は、
花粉がつく事で更に症状が重くなるという事もあるので、
より注意が必要です。

症状は肉体的な事だけではありません。
痒みや痛みは慢性的なストレスへと繋がり、
不眠やイライラ、
更にはうつ病へと発展してしまう可能性があります。

・免疫力を高める事が何よりも大切

花粉症の治療には、
一般的には対症療法と呼ばれる方法をとります。

これは各症状を抑えるというもので、
根本的な治療をするという訳ではありません。

比較的症状が軽い人は、
病院で処方してもらった薬や、
また薬局などで市販薬を購入して
飲むだけでも充分だという人もいます。

症状が重い人も
比較的症状が軽い人も
やはり医師の診断のもと、
根本治療を行う方が良いでしょう。

もっとも大切な事は、
いかに花粉症を発症しないかという事です。

花粉が飛び交う前に予防する意味でも、
免疫力を高めましょう。

免疫力さえ高めておけば、
花粉症の発症を予防する事も出来ますし、
発症している人も症状を軽くする事が出来ます。

まず、大切なのは食事です。
出来るだけ発酵食品や乳酸菌を多く含む食事も大事なのです。

その他にも体を温める食品をとるようにしましょう。
体温を一度上げるだけでも、
免疫力がかなり上がります。

生姜や唐辛子などを積極的に食べる事も大切です。

それに、カレーに含まれるシナモンやクミンも
免疫力を上げる為には良いとされているので、
積極的に食べる事が望ましいでしょう。

睡眠はよくとりましょう。
慢性的な睡眠不足は免疫力を低下させると言われているので、
出来るだけ決まった時間に睡眠をとる事が望ましいです。

普段から体を動かす事を習慣づけましょう。
運動して筋肉を増やす事が、
免疫力を上げる為にはとても必要だとされています。

何よりも必要だとされているのがストレスを減らす事です。
人間の体はとてもデリケートに出来ているので、
少しのストレスで免疫力が低下してしまいます。

仕事や学校、または家庭でのストレスが
簡単に免疫力を下げてしまうのです。

免疫力を上げる方法もまた簡単なのです。
唇の端を上げて作り笑いをするだけで、
免疫力はどんどん高まるのです。
免疫力を下げない為にも、
いつも笑顔でいましょう。

これからの季節、
出来るだけ花粉症とは無縁で過ごしたいと誰もが思っていると思います。
その為にも、
免疫力を高める生活を心がけましょ

花粉症ヨーグルト

花粉症ヨーグルト
花粉症対策にはヨーグルトを飲んだり、乳酸菌やビフィズス菌サプリの利用が人気ですが

黄色い皮をむいて食べるバナナにも花粉症対策の効果があり

バナナに花粉症の自覚症状抑制効果もあるそうです

普通は花粉症対策にヨーグルトなんですが改善実感ないから

バナナ食べると鼻をかんでメイク落ち・クシャミや重症度など全体的な自覚症状スコアーを部分的に抑制したデータがあるらしい

朝バナナって?バナナの糖質は100g当たり21.4gで果物でも比較的糖質は多く糖質制限中の方にはあまりお勧めできません。バナナ1本は串団子1本またはホットケーキ1枚分と、なかなかの糖質量なので毎朝2本食べる習慣には加減が必要でしょう♪

ヨーグルトの糖質量はどうなの

ヨーグルトの摂取量は、近頃テレビ番組で人気の健康番組などによると

つい一年前までは一日一本のヨーグルトってことになっていましたが

近頃の番組(ゴールデン番組帯時間帯放映)で、一日300gと言われています

一日300gは400g入りヨーグルトパックの3/4の量です

脂質や糖質の高い高濃度乳のヨーグルトをこれだけ毎日食べると、カロリーや糖質オーバーになりかねません

例えば低糖質の豆乳ヨーグルトなら100g当たり糖質1.6gとバナナの7.4%で比較にならない糖質量です

手ごろなトップバリュベストプライス 毎日の食卓に プレーンヨーグルトなら100g当たり糖質4.3gとゼラチンや寒天なども含まれているようで糖質も薄まっている

おすすめは、よつ葉 北海道十勝プレーンヨーグルト 生乳100で生乳使用で糖質は100g当たり4.5gと優秀です

粘っこいヨーグルトで人気のフジッコ カスピ海ヨーグルト プレーンの脂肪の脂肪0gタイプは糖質100g当たり5.9gで合格ラインですが、カスピ海ヨーグルトをヨーグルトメーカーで毎日作ったりスーバーの売り出し特価を目指して買いに行くより、フジッコのフジッコのカスピ海ヨーグルトのサプリを買った方がカロリーや糖質もないから安心で手軽なのでよほど便利だ

花粉症やアレルギーでヨーグルト飲まれているなら今ランキング人気花粉症対策のサプリもおすすめだ!

確かにバナナ食べるのが一番手っ取り早い

次にヨーグルト食べて

それでも不満なら乳酸菌やビフィズス菌を生きたまま腸まで届ける乳酸菌サプリ紹介の人気サイトはコチラ←という事になる

花粉症対策のポイントは?

花粉症対策で重要なポイントは免疫機能

薬飲もうがヨーグルトでも乳酸菌やビフィズス菌を生きたまま腸内環境へ届けても

体力がなければすぐに悪玉菌が優勢な腸内フローラになり

悪玉菌、つまり有害菌が腸内環境で有害物資を産生し、大腸内の糞便を腐敗させたり体内に有害物質を送り込む

善玉菌が活性化しなければ小腸の免疫力は低下し免疫機能が弱いとアレルギーや花粉症対策はアウト!

花粉症対策

花粉症Q&A集

花粉症の正体って一体なんですか。

花粉症の正体は、花粉に対して人間の体が起こすアレルギー反応です。体の免疫反応が、花粉に過剰に反応して花粉症の症状がでるのです。

Q2.花粉が鼻や目にはいると、どうして花粉症の症状がでるのですか。

体が花粉を外に出そうとするために、「くしゃみ」で吹き飛ばしたり、「鼻水」「涙」で花粉を洗い流そうとしているのです。

Q3.どんな花粉がいつ飛んでいるのですか。

関東地方では、2月から4月はスギ花粉、4月から5月はヒノキ花粉、6月から8月はカモガヤなどのイネ科花粉、8月から10月はブタクサやヨモギなどの雑草類の花粉が主として飛散します。また、北海道と本州の一部では4月から6月にかけて口腔アレルギー症候群と関連の深いシラカバが飛散します。地域によって飛散する花粉や時期が異なりますのでガイドライン(PDF:7,563KB)などで花粉カレンダーを確認ください。(参考:コメディカルが知っておきたい花粉症の正しい知識と治療・セルフケア)

※出典:※出典:厚生労働省平成22年度花粉症対策よりより