腸内細菌

腸内細菌腸内細菌は1000種類、その数は1000兆個とも言われています
腸内細菌のバランスが大切なのです
善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7が理想のバランスとも言われています
腸内フローラ・腸内環境に生息する腸内細菌は腸内細菌叢を作って腸内に生息しています
腸内壁に叢を形成している腸内細菌のバランスを善玉菌優位にする必要があるのです
善玉菌2:悪玉菌1が理想のバランスと言われています
悪玉菌が増えると腸内環境は悪化し疾病の危険度も高まります
大腸で悪玉菌が産生する有害物質は健康に大きな害を及ぼします
善玉菌優位になるように腸内環境を改善しましょう

身体で一番大切な臓器は第二の脳と言われる腸!腸内環境改善を甘く見ないで自分の健康維持を大切に!腸内環境バランスの改善で有用菌(善玉菌)を増やし有害菌(悪玉菌・腐敗菌)を減少すれば、大腸の有害物質排泄でおなら臭ニオイや便秘・便通改善だけでなく免疫力やアトピー花粉症~美肌効果も期待できる研究も多数あります。

善玉菌と悪玉菌

さらに腸内細菌には『善玉菌(乳酸菌)』『悪玉菌』、『日和見菌』日和見菌に分かれ
片方が増えれば、片方が減る性質を持っております。

日和見菌は中立な役割をしており、善玉菌か悪玉菌のどちらか優勢なほうに味方をする性質が
あります。

その中で腸内の中では善玉菌と悪玉菌との『陣取り合戦』
を腸内では日々繰り広げております。