乳酸菌乳酸菌サプリ

乳酸菌腸内フローラで大活躍!
乳酸菌とは、乳頭やブドウ糖を分解して大量の乳酸菌を作る細菌の総称です。

乳酸菌を利用した商品に関しては、数多くあります。
例えば味噌、醤油、漬物など食品を作るにも乳酸菌は必要不可欠なものであり活躍しております。

乳酸菌でも自然界にあるもの、または人間の体内にいる乳酸菌もあります。

そのうち腸内に生息する乳酸菌は主に『腸内細菌』または、『腸内菌』と言われております。
私たちの腸内には約100種類、約100兆個もの細菌が生息しております。

別名でその最近の集まりを腸内フローラと呼びます。
また腸内菌を合計するとなんと約1KG以上にもなります。

腸内環境改善で腸内フローラ改善

健康管理は腸内環境から

健康を大切にするならお腹の大腸の調子を整えましょう

腸内細菌のフローラが悪玉菌に占領されると、善玉菌の勢力が弱まり

腸内環境は健康に害を及ぼす方向に進みます

腸内環境の改善は腸内フローラ改善でもあります

人間の免疫力は腸内環境に大きく左右されます

善玉菌有利だと日和見菌が善玉菌のサイドに組し

悪玉菌有利だと腸内フローラ叢を構成する日和見菌が悪玉菌になり

人体の健康状態を病的な方向に進む手伝いをするのです

つまり腸内環境の悪玉菌は、いわゆる大腸菌とか食中毒菌・・ウェルシュ菌・ブドウ球菌など聞いただけでも嫌な有害菌ですね

こんなニトロソアミンといった発がん性のある物質をもつくる悪玉菌が腸内環境に蔓延ったら

健康でいられない状態であることが理解できますね

したがって、日ごろから腸内環境を十分整えるようにしたいものです

人間のお腹の腸は第二の脳と呼ばれるほど重要な器官なんですから・・・

腸内フローラーや腸内環境の重要性は益々増えています

生命の乳酸菌

1日わずか1粒に、7種類・計346億個の乳酸菌を配合

『嘘みたいに毎朝どっさり』

『2ヵ月で10kg減!?』

『お肌がツヤツヤ♪』

お通じ改善はもちろん、ダイエットや美容でも

耐熱性乳酸菌7種を、特許製法コーティングカプセルに配合
だから本当に腸まで届くのです

スマートガネデン乳酸菌

今大注目のダイエット乳酸菌サプリメント!スマートガネデン乳酸菌

510億個の乳酸菌でモリモリスッキリ!スマートガネデン乳酸菌

見た目年齢が下がる(アンチエンジング

□いくつものダイエットを行ってきたが、効果がなかった

□以前はダイエットが出来ていたが、40歳を超えてから痩せられなくなった

□食べていないにも関わらず、変化が起きやすい

□辛い運動はしたくない

□食事制限はしたくない、美味しいものをガマンしたくない

□無理なダイエットはしたくない

□ダイエットにおけるストレスを感じたくない

長寿大国も放牧動物のチーズなどから乳酸菌を・・・

世界的に見ても放牧動物のヤギの乳から乳製品・・・

チーズやヨーグルトなどの発酵食品を長きに渡ってうまく取り入れてきました。

その伝統は中央アジア高原地域など長寿人口の多い地域での評価に関連しています。

体の健康を維持すれば自然と体内環境の改善に結び付くことも・・・。

腸内フローラの腸内細菌叢が有用菌である善玉菌優勢なら

日和見菌など他の腸内細菌が身体の健全は維持に協力します。

逆に不健康な状況に腸内細菌群があるなら、

悪玉菌と言われる有害菌が活性化をして日和見菌までも味方につけていくのです。

腸内フローラ叢は善玉菌と悪玉菌。

それにどちらか優勢な方に味方する日和見菌が存在しています

体内環境を善玉菌優勢の状況に維持すれば健康体に繋がります。

いわゆる腸内フローラのバランスが大切なんです。

したがって善玉菌を補給する意味もあるわけです。

お気に入りの乳酸菌サプリ

普段は割と快便(1日2回くらい出ます!)なのですが、
普段の環境が変わると途端に便秘になってしまうのです。

旅行中、主人の実家への帰省などは2-3日出ません。

やっと出てもコロコロとウサギのフンのようなものしか出ず、
明らかに食べた量(旅行中もその土地の美味しいものを食べますし、
お姑さんがお料理上手でたくさんご馳走してくれるので食べ過ぎてしまうんです。)より少ない量しか出ません。

自分の実家でさえ少し調子が悪くなるんです。

旅行も大好きだし、主人の実家も居心地が良いのですが、
普段の生活と違う生活が無意識のストレスとなっているのかもしれません。

自宅に着いた途端にドンドン出ます!

でも痔になってしまいそうな硬さで、
何とかこの便秘を解消したいと思い、
乳酸菌サプリメントを試してみることにしました。

購入してみたのは、有名なブロガーさんがオススメしている「乳酸菌」です。
モンゴルの遊牧民が作る漬物や、
遊牧民が愛飲しているの馬から絞った馬乳を発酵させた伝統的な飲料(発酵馬乳)から採った
NS乳酸菌を加熱しないで生きたまま粉末にしたサプリメントなんです。

一般的な乳酸菌よりに10ー100倍大きく、
さらに発酵力が強いため
腸まで生きて届きやすい特徴があり、
1粒に約3億個の乳酸菌が含まれています。
これを実家に帰省中、朝晩飲んでみたのです。

すると、これが関係あるのでしょうか!
信じられませんでしたが、
ちょっとくらいは朝ちゃんとスルスルと出ます!

この夏休み、主人の実家には4泊、
自分の実家には2週間帰省したのですが、こ
のサプリメントのおかげで少しは快調に過ごすことが出来ました。

価格的には少し高いので、
とても普段使いにはできないのですが、
環境の変わる時に使っていくこともありかなと思っています!

善玉菌は加齢により減少

善玉菌は加齢により減少を少しでも改善しましょう!

善玉菌の乳酸菌サプリ!腸内フローラと善玉菌
腸内フローラと善玉菌はNHKでも放映されている重要な関係なのでしょうか?

乳酸菌サプリと腸内フローラの関連性も知りたいですね

植物性乳酸菌の素晴らしさは腸内フローラもよく知っているでしょうね

乳酸菌と言えば、食品に多く含まれている

とても身近に感じる菌類ですね。
乳酸菌飲料などに親しんでいる人にも、
そうでない人にも、今一度この
乳酸菌のパワーを実感してもらいたいのです。

健康の要は腸とも言われるほど、
腸内環境は身体全体へ影響しています。
その腸内環境を良く保ってくれるのが
乳酸菌をはじめとする善玉菌と呼ばれる菌類です。

代表的な食物としてはヨーグルトやチーズなどの
乳製品がありますが、これらは動物性乳酸菌と呼ばれています。
大変身近で食べやすいので人気がありますが、
実はよりパワーがある乳酸菌があります。
それは植物性乳酸菌と呼ばれる、植物の乳酸発酵による食品です。

お米や野菜、大豆などを発酵させる乳酸菌は
酸や塩分などの厳しい環境にも強く
生きたまま腸内へ届く可能性が高いのです。
昔から食べられている味噌や納豆、お漬物などを食生活に上手に取り入れて
植物性乳酸菌を摂取したいものですね。

おすすめの乳酸菌はビフィズス菌

ビフィズス菌

おすすめの乳酸菌商品について

皆さん乳酸菌について詳しくご存知でしょうか?

乳酸菌という言葉は聞いたことあるけど、実際にどんなものか分からない・・・という方も多くいると思います。

そこで今回は乳酸菌、そしておすすめの乳酸菌商品についてご紹介します。

腸内フローラと善玉菌の関係って重要です。

乳酸菌を含む食品として代表的なものは、ヨーグルトやチーズなどの乳製品でしょう。

また乳酸菌は、日本では古来より漬け物などの発酵食品を作る植物性乳酸菌として利用されていた歴史があります。

そして物質に含まれる糖を分解し、乳酸という物質を作り出す菌のことを乳酸菌と呼ぶのです。

乳酸菌に関して、ビフィズス菌という言葉も聞いたことがあるかもしれませんが、この菌は正確には乳酸菌には分類されません。

乳酸菌とビフィズス菌は有用菌である善玉菌の代表各的存在です

ビフィズス菌は赤ちゃんではほぼ100%に近く存在しますが

加齢により年々減少し60歳位になると1%未満になると言われています

そしてまた、乳酸菌は体に良いものです。

乳酸菌が作り出す乳酸という物質は、体内の善玉菌を増やしてくれる役割があります。

つまり積極的に乳酸菌を摂取することは、体の健康にとって良いことなのです。

乳酸菌やビフィズス菌が善玉菌を増やし、腸内で作られる悪玉菌に対抗するための体内環境を整えてくれます。

そのように善玉菌を増やし体内環境を改善することで、便秘や下痢の予防・改善に効果があるのです。

そしてその乳酸菌を効果的に体内に取り入れることができる商品があります。

それは久光製薬から出されています乳酸菌(EC-12)です。

この商品を使えば、便秘薬のように溜まっていたものが排出されます。

また善玉菌のえさとなるミルクオリゴ糖も配合されており、善玉菌を摂取するのに最適です。

そして味は少し酸味がありますが、ベースは甘いパウダーで甘い味に仕上がっているので、楽に飲み続けられます。

また、パウダーなので水がなくとも、いつでもどこでも呑むことができます。

まずはトライアル商品から試してみませんか?

1日あたり65円と格安でお試しできます。

乳酸菌サプリの効果は、人により違い意はあります。

また必ずしも期待通りに乳酸菌が働いてくれる保証はありません。

でも善玉菌を増やすことは腸にとって良いことですよね・・・

人間と長期間共存してきた乳酸菌をうまく取り入れてきた歴史を見てみると、

私たちももっと乳酸菌が欲しくなることもあって然りで、

お腹の中でがんばって欲しいと期待しています。

乳酸菌 配合 サプリメン

乳酸菌 配合 サプリメント
飲むだけ乳酸菌サプリで健康に寄与してくれるなんて思ってもいなかったことですね・・・
でも加齢と共に体調の悪さが実感できるようになってくると
何とかしなくっちゃっておもいますよね!

ヨーグルトや乳酸菌は食べてすべてが腸内まで届くわけではありません
胃酸にやられて死滅してしまう乳酸菌
生きたまま腸内まで到達する乳酸菌があるのです

全て乳酸菌が胃酸にやられるわけではありません
形を変えて胃を通過するものもあるのです

植物性乳酸菌は胃酸に強くピロリ菌等を退治するLG21などがあります

ピロリ菌は胃がんの原因と言われているので
ピロリ菌を退治するタイプの乳酸菌も重宝ですね

また近頃では歯磨き粉の代わりにプレーンヨーグルトで歯を磨く人も居られるようですね
乳酸菌は虫歯を予防する効果もあるようですね

最近は便秘に乳酸菌サプリを摂取することが多くなっていますね
腸内環境を改善することにより
腸のぜん動運動が活性化しスムースな排便習慣が確立できる様です

もっともヨーグルトだけでなく
食物繊維、水溶性植物繊維も摂取することにより
善玉菌のエサにもなるので、善玉菌である乳酸菌も活性化することになります

善玉菌のチカラ

善玉菌のチカラの紹介。

まず善玉菌というと
なんだか腸によさそう
お通じが良くなりそう
というイメージがあります。

善玉菌というのは身体の中で
健康にいい物質を作り出す
菌の総称です。
逆に悪玉菌というのは
身体に有害な物質を
作り出す菌のことです。

腸の中には善玉菌や
悪玉菌などのたくさんの
細菌が生息しています。
もちろん悪玉菌が増えすぎるのは
良くありません。

皆さん乳酸菌という言葉を
聞いたことはありませんか?

乳酸菌も善玉菌の
一種です。

乳酸菌の中にも種類は
たくさんあるのですが
糖を分解して
乳酸を作る働きをする菌のことを
乳酸菌と呼びます。
腸の中にもこの乳酸菌は
生息していて腸内環境を
整えてくれます。

ヨーグルトなどにも
たくさん含まれていますが
乳酸菌を含む食品を摂取しても
多くは胃などで消化されるうちに
死んでしまい腸まで届かせるためには
一工夫必要です。

この善玉菌のチカラという
商品は乳酸菌がカプセルに
包まれているので
ちゃんと腸まで届きます。

その上、善玉菌のチカラに含まれている
乳酸菌はクレモリス菌FC株という
カスピ海ヨーグルトなどに
含まれる菌で乳酸菌の中で
唯一生きて腸まで届く乳酸菌です。

善玉菌を摂取して腸まで届けることで
腸内の悪玉菌である大腸菌などの
活動を抑えます。

悪玉菌の活動がおさまると
アンモニアやニトロソアミン
といった有害物質が減り
腸から血液に取り入れられることが
なくなるので血液、ひいては
全身をきれいにしてくれます。
そして腸の活動が正常になり
便秘を改善してくれます。

善玉菌は腸内で徐々に
増えていくため
善玉菌のチカラの効果を
実感するまでには1~2か月程度
かかるようです。

しかしお薬などと違い
自然の菌の力で腸内環境が
良くなるので安心して続けられますね。

乳酸菌サプリメント

乳酸菌は体に良い菌

菌類にはさまざまな種類が存在し、一般的には菌類というとカビや病原体などの病気の原因となる菌をイメージする人も多いようです。

しかし菌類には有用有害という区別もあり、健康に良い効果をもたらす菌というものも世の中にはたくさん存在します。

ビフィズス菌を始めとした乳酸菌も体に良い有用菌の一つで、体内に摂取することで消化を助けたり腸内環境を整える効果を発揮します。

乳酸菌の効果はその名前が示す通り腸内を酸性にするという効果があり、有害を殺菌する役割を発揮するのです。

有害菌の繁殖を抑えることが出来れば、腸内のガスの発生源を減らすことにも繋がり、お腹の膨満感や痛みなどの違和感の解消や、便通の治療にも繋がります。

・乳酸菌が含まれている食品

乳酸菌が含まれている食製品としてはヨーグルトやチーズが最も有名で、ビフィズス菌が含まれているヨーグルトは、健康に良い食品として多くの日本人に親しまれているのです。

こういった身体によい乳酸菌を使って健康を維持するには、定期的にヨーグルトなどの健康食品を摂取することが必要になってきます。

ヨーグルトやチーズに含まれている乳酸菌は動物性乳酸菌と呼ばれ、文字通り牛乳などの乳製品を発酵させて作られます。

植物性の乳酸菌が含まれている食品としては、漬物や味噌、醤油や塩麹などの日本の食文化と深い関連のある食品が代表的です。

こういった植物性乳酸菌を昔から有効活用していたのが、日本人の長寿の秘訣だともいわれ、植物性乳酸菌の効果も最近では注目されています。

海外にも同様の発酵食品が数多く存在し、有名なものとしては韓国のキムチやドイツのザワークラウト、欧米諸国で利用されているピクルスがあります。

最近ではサプリメントとして乳酸菌を利用した商品も販売されていて、効率よく体内に乳酸菌を摂取する方法としても、特に最近の健康ブームで需要が増え始めているのです。

・生きている乳酸菌が重要

乳酸菌を有効活用するためには、生きている乳酸菌、つまり生菌を摂取することが大切です。

腸内環境においては酸性に保つことが人体の健康に良い影響をもたらすのですが、同時に乳酸菌が活発に行動し繁殖しやすい環境も酸性という面で一致しています。

有害菌はそういった酸性の環境とは相いれずに、腸内をアルカリ性に傾けて増殖しようとします。

それに対する乳酸菌が腸内環境を整えるメカニズムとは、乳酸菌そのものが腸内の環境を自分の生存できる酸性の環境に整えようとする働きそのものなのです。

腸内にはさまざまな種類の菌が存在し、それぞれが同じ種類で集まって腸内フローラと呼ばれるコロニーを形成しています。

こういった有害菌と有用菌の腸内フローラ内でのせめぎ合いが、自然と腸内の環境をバランスよく整え、結果として体に良い腸内環境を実現します。

生きている菌以外にも、死んだ乳酸菌は生きている乳酸菌のエネルギー源になることが知られています。

また死んだ乳酸菌は食物繊維と似たような働きを示し、有害菌にまとわりついて体外に排出しやすくする効果があるので、生菌死菌ともに体に役立つのです。

・腸内を酸性に保つことで得られる効果

ガスの発生を抑えることは説明しましたが、それ以外にも腸内を酸性に保つことで得られる健康効果は多数あり、その中でも大腸がんの発生を抑える働きがあることが最近発見されています。

大腸がんやポリープの発生原因としては、有害菌の増殖やそれによる食べ物のカスの腐敗が原因とされていて、そういった原因を排除できる乳酸菌は大腸がん予防にも効果を発揮するのです。

また、免疫機能のバランスも最適化する効果があることも知られ、アレルギーの改善方法としても乳酸飲料などが注目されています。

腸機能の活性化によってインシュリンの生産も活発になるため、血糖値を下げる働きもあり、結果として糖尿病の予防もすることが出来ます。

乳酸菌自体が持つ多糖成分の生産能力も、ブドウ糖の腸内吸収を阻害する働きがあるため、血糖値の上昇を防ぐのです。

体に良い乳酸菌の効果と種類

細菌の一種である乳酸菌は、体に様々な良い作用があります。

例えば、代表的な乳酸菌食品であるヨーグルトは、牛乳から加工されるため豊富なタンパク質が含まれています。

またカルシウムは、乳製品の成分の中でも有名で、体に大切な栄養素がたくさん含まれています。

他にも乳酸菌は腸に留まり、乳酸を作り出すことで腸の蠕動運動を促し、排便をしやすくします。

そして乳酸を作り出すことで、腸が酸性になるため腸内の病原菌の繁殖を抑える作用もあります。

また腸の働きは水分や栄養を吸収する働きがあります。

乳酸菌が排便を促すことで、老廃物が腸内に溜まりにくくなり、効率良く吸収出来ますし、老廃物中の成分も吸収することがなくなるため、血中の免疫細胞の活性や美肌に効果あります。

しかし乳酸菌は、胃液や胆汁などの消化液に弱く、死滅する特徴もあります。

乳製品であるヨーグルトは、乳酸菌が死んでも効果が持続するため、腸内環境を整える食品として有名です。

他にも乳酸菌は350種類以上存在しますが、種類によって様々な特徴があります。

シロタ菌は、胃液や胆汁などの消化液に強く、腸を整える効果が高いことや、花粉症などのアレルギー反応を抑制したり、病原菌の繁殖を押さえるなどの効果があります。

LGG菌は、生きたまま腸に届き、便秘解消やアレルギーなどの免疫反応による症状を改善したり、子どもに多いアトピー性皮膚炎の症状を抑える効果もあります。

ラブレ菌は漬物から発見された乳酸菌で、塩分や酸に強いことから消化液に強く、腸内に効率よく届きます。

免疫力を高める効果があり、体内の病原菌を抑制し風邪などが引きにくいなどの効果があります。

このように、乳酸菌の種類によって効果が異なるため、自分の体質に合った乳酸菌を体内に取り込むことが大切です。

しかし体に乳酸菌を取り込んでも、まれに効果が出にくい方もいます。

それは腸内に有用菌と有害菌が共存していて、乳酸菌やビフィズス菌などの有用菌の割合が多ければ腸に良い影響を与えますが、逆に有害菌が多いと便秘や下痢など腸内環境が乱れやすくなります。

有害菌を増やす原因は、主に食生活が関係していると言われています。

食物繊維の少ない食事や、肉などの動物性たんぱく質を多く取るような食事をしていると、有害菌が増殖しやすくなり、乳酸菌の効果が出にくくなります。

乳酸菌を取ることと、日頃の食生活を整えることで、腸や体に良い効果が出やすくなります。

乳酸菌が健康に及ぼす効果乳酸菌が健康に及ぼす効果

乳酸菌は私達の生活の中で、とても大事な存在です

私達が健康を意識する時に、よく耳にしたり目にするのが、乳酸菌です。

ヨーグルトを食べることで、乳酸菌が腸まで届いて、お通じに解消してくれるということくらいしか理解できていないかもしれません。

乳酸菌がどんなもので、私達の身体の中で、どんな作用をもたらしてくれるのかをもう少し知っておくことが大事かもしれません。

乳酸菌は、オリゴ糖等をベースに乳酸等を生成してくれる役割を持っている最近です。

ビフィズス菌も知名度の高いスーパースターのような存在かもしれませんが、彼らは腸の中で有用菌と呼ばれる菌を増やしてくれます。

腸の中には、有用菌、有害菌と呼ばれる種類の菌が存在します。

言葉通り、有害菌が腸内で増えてくると、それだけで、便秘や免疫不全等に発展していき身体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

具体的は有害菌と言うと、ブドウ球菌や大腸菌が挙げられます。

一方の有用菌はビフィズス菌や乳酸菌です。

有用菌が腸内にたくさん増えてくると、有害菌そのものを外に追い出そうとしてくれますし、それにより、腸内での適切な食物の栄養吸収を手助けてくれます。

その後は、排出物をきちんと排泄させてくれるので、健康を維持させるためには、必要不可欠な存在なのです。

反対に有害菌が増えてくると、栄養吸収も毒素分まで吸収させてしまうので、当然、身体に良くないことは分かることでしょう。

これに加えて、腸内には排出物が溜まり、毒素さえ蓄積されかねません。

いわゆる便秘です。

女性に多い便秘ですが、このように健康面では悪影響ばかり及ぼしてしまうのです。

乳酸菌を取るには、ヨーグルト、チーズ、バターや乳酸菌飲料を飲んだり、大豆系の発酵食品を摂ることも良いとされています。

ここで大事なことは、乳酸菌は、腸内で長らく存在しているわけではありません。

1週間程度で死滅してしまいます。

腸で乳酸菌を維持して、有用菌を増やすためには、乳製品や発酵食品を毎日の食生活の中で、規則正しく取り入れ続けることが大事なのです。

しかも、腸内に届くまでに、すでに死滅してしまうこともあります。

最近は、生きた乳酸菌というフレコミで紹介されている乳酸菌類のサプリメントやヨーグルトもありますので、意識して摂っていくことも良いことです。

このように乳酸菌を身体に取り込むことは、自分の健康を維持する上でとても大事なことなのです。

しかも、健康維持の面では、ダイエット効果や身体の抗酸化効果も期待できると言われています。

ダイエット効果とは、便秘解消に伴うことも、すでに意味しています。

排泄物がキチンと排泄されることで、過渡な栄養吸収も防ぐことができますし、何よりも血液循環も活発になってくることもことから、基礎代謝力も上がっていき、脂肪燃焼効果が期待できるのです。

そうすることがダイエット効果になっていきます。

また、抗酸化では身体の中に異常に溜まってくる活性酸素を取り除く力を乳酸菌はもっています。

この数年、活性酸素が世の中で大きくクローズアップされているのですが、これも健康障害に繋がる存在として厄介なのです。

それはストレスと密接な関係があるのですが、私達の生活はいつも繁忙感と複雑な人間関係の中にさらされています。

そうなると、精神的にも強い抑圧が襲ってきて、大きなストレスを感じてしまいます

これが長い間続くと、活性酸素が体内に蓄積されてしまいます。

本来、活性酸素も体内の毒素を除去する役目を果たしていたのですが、増え過ぎることによって、逆に健康障害を引き起こしてしまうのです

これを防ぐために乳酸菌が大きな役割を担ってくれるのです。

便秘解消良いとされる乳酸菌は、身体全体で健康を維持してくれるために、とても大切なものなのです。

腸内フローラ改善バランスを保つには乳酸菌が有効

乳酸菌をサプリで摂ることのメリットは?

乳酸菌が腸内環境を改善することに効果が期待できると言われていますが、乳酸菌を含む食品を食べてもあまり実感することは出来ません。

それは乳酸菌が胃酸や胆汁によって死滅してしまうため、一番必要としている腸までほとんど生きて辿りつくことが出来ないからです。

食べても何の効果もなく全くのムダというわけではありませんが、腸内環境を有用菌優位の腸内フローラに変えるためには、ヨーグルトや乳酸菌飲料だけでは時間がかかります。

それは食品に含まれている有用菌の数にも原因があります。

商品によって含まれる有用菌の種類も違いますし、その含まれる数も違います。

人によって合う合わないがありますので、色々試してみるしかありません。

腸内が有害菌優位の状態だと、腸内でガスが発生してそれが腸から吸収されて体内を巡ります。

腸内環境が乱れていると便秘だけではなく体の不調なども感じやすくなり、免疫力の低下につながり風邪を引きやすくなったり花粉症や皮膚炎など困った症状を引き起こすこともあります。

腸は最大の免疫器官と言われていますので、ただ便秘なだけだとほっておいても良いことはありません。

腸内環境を少しでも早く改善するためには、色々な種類の乳酸菌をたくさん摂取する必要があります。

腸内環境を整えるためには、食品よりも乳酸菌サプリメントが効果的です。

乳酸菌サプリメントでは胃で溶けにくいカプセルに何種類もの乳酸菌を閉じ込めています。

善玉菌と同時にオリゴ糖のような善玉菌のエサになるものも含まれているとより効果も期待出来ます。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類は少ないですが、サプリメントなら何種類もの乳酸菌を一度に摂ることが出来ます。

量と種類数で考えてもただ発酵食品を摂るよりも、サプリメントのほうが効率が良いということです。

腸内細菌サプリで改善

人間の腸内には数百種という多種多様な細菌が生息しており、その細菌の数は1000兆個とも言われています。

これらの細菌は小腸から大腸にかけて種類ごとにグループを作って腸の壁面にすんでいます。

腸内を顕微鏡で観察すると、これらのグループがまるでお花畑のように見えることから腸内フローラと呼ばれています。

腸内フローラを形づくっている細菌の種類は、人それぞれに個性があるように人ごとに異なります。

また同じ人であっても年齢や時々の生活習慣・ストレスによって影響を受けて変化をします。

数多くの種類の腸内細菌が居ますが、大きく分けて下記の3種類に大別することが可能です。

1・有用菌

有害菌の繁殖を防ぎ、腸の蠕動運動を促すなど身体に対して有用な働きをする菌

2・有害菌

腸の蠕動運動を鈍らせたり、腸内の物質を腐らせて有毒物質を作る菌

3・日和見菌

有用菌とも有害菌とも呼べず、有用菌が優勢の時はおとなしいが有害菌が優勢になると有害菌として働く菌

乳酸菌サプリ

健康な人の腸内では有用菌が有害菌を上回っているので、腸内フローラも一定のバランスを保つことが出来ます。

しかし、体調不良などで有害菌が有用菌を上回ってしまうような状態になると、蠕動運動が鈍ると腸内で食べ物の腐敗が進み、様々な有害物質が腸内で増えてしまう原因となります。

これらの有害物質が腸から吸収されると解毒の為に肝臓や心臓・腎臓に大きな負荷を与える原因にもつながり、様々な生活習慣病の原因ともなるのです。

そうならない為にも腸内フローラのバランスを有用菌が優勢な状態に保つことが大切です。

それには日頃から有用菌の代表的な存在である乳酸菌を摂取することが有効的で、乳酸菌は腸内で乳酸や酢酸を作ることで有害菌の増殖を抑える効果の他にも、腸の蠕動運動を正常にすることで下痢や便秘などを改善させる効果もあるのです。

腸は第二の脳/森下仁丹

私は、私が食べたものでできている。初回限定30日分約
23%OFF
——————–
人気ランキング定番の乳酸菌サプリ比較
1.森下仁丹ヘルスエイドビフィーナs
2.フジッコのカスピ海ヨーグルト乳酸菌善玉菌の力
3.刺激負けたくない乳酸菌5,000億個アレルライトハイパー 日清食品
相性のいい乳酸菌を見つけて健康長寿