乳酸菌 食べ物

乳酸菌整腸作用があり
体を整える働きをもっています。

乳酸菌は主に発酵食品に多く含まれています。

発酵食品とは、
カビや酵母などの微生物の働きを利用して作った食品のことです。

普通の食品ではカビや細菌が含まれているものは食べることができません。

ですが、
発酵させたものは香りがよく、
人の体にも良い働きをもたらします。
積極的に摂りたいものですね♪

食べ物に含まれている乳酸菌

・乳酸菌ってどんな食べ物に含まれているの?
乳酸菌の含まれる代表的なものに、「ヨーグルト」「みそ」「キムチ」「ぬか漬け」「チーズ」「納豆」などがあります。
いわゆる発酵食品と呼ばれるものですが、どれも私たちの生活になじみ深く、安価でも手に入るものです。
みそやしょうゆは大豆に材料を混ぜて乳酸菌が発酵することでつくられるそうです。
ぬか漬けも野菜から出た糖分をごはんにして乳酸菌が発酵するそうです。
日本食にかかせないこれらの食品も、乳酸菌の働きがあってうまれていたのですね。

何故、乳酸菌がすすめられているか?

一番有名なのはお通じをよくする効果ですよね。
便秘をしている方の腸内の状態はアルカリ性です。
アルカリ性に傾いた腸内にはいわゆる悪玉菌が勢力を伸ばし、
便を排出するためのぜん動運動が弱くなっていきます。

そこで、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やすと乳酸や酢酸を
生産してくれるので腸内が酸性に傾きます。
すると酸性状況下では生育に適していない悪玉菌が減り、
更に酸の刺激で腸の動きが活発になりお通じが良くなるという仕組みです。

しかし乳酸菌の影響はそれだけにはとどまりません。
健康に直接影響してくる免疫力にも大きくかかわっているんです。
免疫力とは病原菌からの感染防止や老化の防止など様々な面で
人間の健康に強くかかわってくる生体反応です。

免疫細胞の70%は腸に存在しており、実際免疫力の要は腸にあると言っても
過言ではありません。
また腸内にはパイエル板という器官が存在し免疫制御の強く関係しています。
このパイエル板は乳酸菌を摂取する事によって活性化し、
さらに免疫力を高めるという結果が報告されています。

すごい力を持った乳酸菌ですが、免疫力を高めるという関連から、
乳酸菌にはインフルエンザ予防に効果のあるものや
免疫システムの乱れによるアレルギー、アトピー性皮膚炎などにも
効果があるのではという事で様々な研究がされていて、
実際その効果も発表されています。

また、腸内環境を整えるといった観点から大腸がんの予防にもなると
考えられています。
悪玉菌の中には発がん性のある物質を生産するものも存在し、
腸内を酸性環境にして悪玉菌をなるべく体内で増やさないことで大腸がんを防ぐことも大切です。

お通じや便秘を改善するしかよく知られていない乳酸菌ですが、
実際は色々と私達人間の健康維持に貢献してくれる大切な腸内細菌です。