乳酸菌 種類

乳酸菌の生菌死菌の働き

口から摂取した乳酸菌は、身体の中に入って、それぞれの働きを持つ2つの菌に分かれていきます。

1つ目は生きたまま腸に届く菌
2つ目は胃酸などで死滅する菌です。

生きたまま腸に届く菌

1つ目の生きたまま腸に届く菌を生菌といいますが、
生菌は有機酸の産生量が増えてくると腸内を酸性化させるように働き始めます。
これらの働きによって、悪玉菌のエネルギー源であるたんぱく質をとったり、
腸管粘膜の上皮に吸着することで悪玉菌自体の増殖する場を奪ったりして、
腸内細菌のバランスを正常化するために働いてくれます。

死滅した乳酸菌

2つ目の死滅した乳酸菌のことを死菌といいますが、
死菌は食物繊維と同じような働きをしてくれます。
生菌によって活性化した善玉菌が対峙した悪玉菌を吸着し外へ排出する役割を担っているのです。

ヨーグルトなどに利用されている乳酸菌の種類

シロタ株や植物性乳酸菌のラ菌・LG21・KW乳酸菌などがあります

乳酸菌分類

ひとくくりに乳酸菌といっても、私たちの日常生活の中に多種多様に存在し、

その種類は属・種・株とそれぞれの持つ性質によって細かく分類されています。

代表的なものとして、ヨーグルトに主に使われている乳酸棹菌、

チーズなどの発酵食品に使われている乳酸球菌などがあげられます。

乳酸菌の種類

  • 動物の腸管に生息する腸管系乳酸菌
  • チーズやヨーグルトに見られる動物性乳酸菌
  • 漬物や味噌・しょうゆなど植物質由来の植物性乳酸菌など

現在確認されている乳酸菌は約600種類とも言われ

乳酸菌は現在わかっているだけでも、600もの種類があるといわれり、

その種類ごとに効果もそれぞれに変わってくるという特徴を持っています。

人間の腸の中に常在している乳酸菌のうち、

特に人間の健康に役立つと思われているものや注目を集めている乳酸菌は、

ラクトバチルス・ガセリ
代表的なヒト腸内乳酸菌です。

胃潰瘍や胃ガンを引き起こすといわれているピロリ菌を減少させ、

またその活動を抑制する働きを持っているといわれています。

胃粘膜に付着しやすい性質があります。
ラクトバチルス・デルブレッキ・サブスプ・ブルガリカス
日本の代表的なプレーンヨーグルトの多くに含まれています。

整腸作用に優れ、腸のバリア機能を高め、

腸内フローラのバランスを整えてくれる働きあるといわれています。
ラクトコッカス・ラクティス・サブスピーシーズ・クレモリス
大腸まで生きて届くプロバイオティクス乳酸菌です。

整腸作用の他、アレルギー緩和効果、美肌効果、免疫調整効果など

様々な健康効果があることが近年の研究によって明らかにされてきました。
ビフィドバクテリウム
生きて腸まで届き、腸内環境を整えてくれるため、便秘の解消に有効だと考えられています。
ビフィドバクテリウム・ロングム
酸に強い性質を持つことから、生きて大腸まで届き、

大腸の腸内環境を整えてくれる働きがあります。

また、継続して摂取することで、

花粉症の症状改善にも効果があることもわかってきました。
このように、乳酸菌の種類はとても多く、またその働きも様々であるのです。

乳酸菌にも動物性と植物性がある!

乳酸菌=体に良い、お腹の調子を整える、といったイメージが定着しています。実はその乳酸菌には、動物性と植物性の2種類の乳酸菌が存在しています。この2つの乳酸菌の違いは何なのか、まとめていきます。

そもそも乳酸菌とは、糖類などを発酵して50%以上の乳酸を生成する細菌のことをさします。生育するにあたってアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの多くの栄養素が必要となるため、動植物の体内や食品の中で生息しています。

では動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いについて移ります。
動物性乳酸菌とは、ミルクの中で生息する乳酸菌のことです。
この乳酸菌によってヨーグルトやチーズなどの乳製品が作られます。私たちが乳酸菌を摂取しよう、と思った時に食べる食品ですね。
次に植物性乳酸菌とは、植物の表面に生息する乳酸菌のことです。
この乳酸菌によって麹、味噌、醤油、キムチ、漬物が作られます。日常的に口にしている調味料ですが、乳酸菌が入っていると意識したことはあまりありませんよね。
一言でまとめてしまいますと、乳酸菌の種類は生息場所によって変わります。
このようにまとめてみますと、私たちは日ごろから乳酸菌を摂取していることが実感できますね。

ところで、よく乳酸菌は「生きたまま腸へ」運ばれることを重視していますが、「生きたまま腸へ」運ぶのであれば、植物性乳酸菌が良いことが判明してきました。
その理由は、植物性乳酸菌は生存するために、植物に生息する他の菌と常に戦ってきました。
そのため過酷な環境に適応しやすく、人間の胃酸や胆汁のなかでも生存率が非常に高いことから、乳酸菌が生きたまま腸まで運ばれます。
現在、この植物性乳酸菌の生命力は企業等で注目を集めています。これから植物性乳酸菌を使った食料品が数多く開発されていくかもしれません。

乳酸発酵する微生物が乳酸菌です
乳酸菌種類の属は6種類

    • ラクトバチルス(乳酸桿菌)⇒グラム染色陽性 菌の形状桿菌 好気性(増殖に酸素必要) 発酵で乳酸菌だけ作りるホモ/酸も作るヘテロ型
    • ビフィドバクテリウム(ビフィズス菌)⇒グラム染色陽性  菌の形状桿菌) 嫌気(酸素なし) 酸も作るヘテロ型
    • エンテロコッカス⇒グラム染色陽性 菌の形状球菌 好気性(増殖に酸素必要) 発酵で乳酸菌だけ作りホモ型
    • ラクトコッカス(乳酸球菌)⇒グラム染色陽性 菌の形状球菌 好気性(増殖に酸素必要) 発酵で乳酸菌だけ作りホモ型
    • ペディオコッカス⇒グラム染色陽性 菌の形状球菌 好気性(増殖に酸素必要) 発酵で乳酸菌だけ作りホモ型
      •  ロイコノシュトック⇒グラム染色陽性 菌の形状球菌 好気性(増殖に酸素必要) 酸も作るヘテロ型

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌

動物性乳酸菌

動物性乳製品のヨーグルトやチーズは動物性乳酸菌

植物性乳酸菌

日本古来の漬物や味噌・麹・醤油・酢・甘酒など、厳しい塩分の濃い過酷環境でも耐え抜く菌が植物性乳酸菌

腸管系乳酸菌

動物の腸管内に常在する消化液耐性のある菌など

乳酸菌の形

細菌の形
丸い形の乳酸菌は球菌(コッカス)

らせん形はらせん菌(ビブリオ

棒状の菌は桿菌(バチルス)

乳酸菌の名称

属・種・株の組み合わせ名称で決まっています

乳酸菌属

ラクトバシラス属(ラクトバチルス)・・・ホモ乳酸菌
ビフィドバクテリウム属-Bifidobacterium(ビフィズス菌)・・・ヘテロ乳酸菌
エンテロコッカス属-Enterococcus
ラクトコッカス属-Lactococcus
ペディオコッカス属-Pediococcus
リューコノストック属-Leuconostoc

乳酸菌の属・種・株

腸内細菌は  に分類されます←属レベル

の分類(←性質の違い)から⇒株(菌株)による区別は番号・記号、発見者名など名前に該当

つまり属・種・株という3つの名称組み合わせから成り立っています

代表的な細菌

腸内細菌の細菌学的に代表的な細菌は

★ラクトバシラス属(別名はラクトバチルス)
グラム陽性の桿菌
善玉菌の乳酸菌のラクトバチルス属となります
ラクトバチルス属にカゼイ菌やシロタ株などの菌種があります
乳酸菌は酸素があっても生きられます
(免疫力 花粉症予防 便秘予防)

★ビフィドバクテリウム属 (Bifidobacterium)
いわゆる善玉菌のビフィズス菌のことです。
ビフィズス菌は乳酸菌の約1000倍多いと言われています。
ビフィドバクテリウム属にロンガム菌などの菌種があります
グラム陽性の偏性嫌気性桿菌
ビフィズス菌は酸素があると生きられないのです。

★エンテロコッカス属 (Enterococcus)
(免疫力 便秘予防)
★ラクトコッカス属 (Lactococcus)
(免疫力 便秘予防)
★ペディオコッカス属(Pediococcus)
★リューコノストック属 (Leuconostoc)

腸内フローラには、100~1000種1000兆個もの腸内細菌が生息し腸内細菌叢を作っています。

健康な腸管内に生息する腸内細菌の中でも多数常在する菌が乳酸菌です。

そして人類が歴史的に食してきた発酵乳や乳酸菌飲料、さらには生菌製剤を含め、

乳酸菌の研究開発が進化しているのです。

次世代シークエンサーのさらなる発展が腸内細菌の位置づけを変化させるかもしれません

善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌・乳酸桿菌は、プロバイオティクスの手段として多く利用されています。

乳酸菌と発酵

乳酸菌チーズやヨーグルト・キムチ・日本古来の漬物など、優れた発酵食品を作ります。乳酸菌は健康寿命に欠かせない有益菌です

ヨーグルトなら牛乳でお腹を壊す乳糖非耐性の人でもカルシウムを摂取でき美味しいと言えますね

細菌と発酵

発酵により人体に有益な乳酸など生産する菌が善玉菌、

悪玉菌は有害物質を産生し、健康に悪影響を及ぼす大腸菌や腐敗菌です

腸内環境では善玉菌と悪玉菌のバランスは2:1が理想とされています

気になる乳酸菌を、何種類かご紹介

乳酸菌の種類
善玉菌(乳酸菌)は約40種類程度存在すると言われております。

主な善玉菌の種類として

・乳酸桿菌 (ラクトバチルス) はっ酵乳用乳酸菌

・L.カゼイ菌 ヨーグルトに多く含まれ、乳酸菌飲料にもよく利用される。生きて腸までとどくことができる。

・ビフィズス菌(腸管系乳酸菌)
主に動物や腸内にいる。成人の腸にいる善玉菌の99.9%をビフィズス菌が占めております。
乳酸菌は主役であるビフィズス菌のサポート役として有効に機能致します。

・B.ブレーベ菌 腸内でもっとも多く検出される菌のひとつ。乳酸菌飲料などによく利用されています。

・ラブレ菌
京都の漬物(すぐき漬け)から発見されています。酸や塩分に強く胃液や腸液に耐え腸まで届き生き抜く
るヨーグルトなどに含む乳酸菌に比較し10倍ともいわれる強いという特徴です。

・LG21
明治乳業と東海大学との共同研究により発見された乳酸菌です。
生きたまま胃に留まり、ピロリ菌の発生を抑制し胃腸の調子を整え胃潰瘍慢性胃炎の発症をおさえます。

トマトLP14乳酸菌

日清ヨーコが東京農業大学との共同開発で研究し、新しく発見した、なかなか面白い菌です。
今までに全く聞いたこともない、トマトからの乳酸菌です。これなら、野菜不足の日本人にも良いかもしれません。リコピンなどの栄養素も期待できるのではありませんか。
これは、もちろん植物性乳酸菌です。なんたって、トマトですから。赤いトマトに、乳酸菌?なんとなく、乳酸菌=白いなんて思いこんでいたのは、私だけなんでしょうか。
これは、発酵臭が比較的少なく、匂いが気になる方にも摂りやすくなっているようです。植物性乳酸菌の中でも特に、胃酸などに非常に強いんです。
本来動物性より、植物性の乳酸菌の方が酸などには強いのですが、特に、この菌は優れているようです。
その為、生きたままというよりは、元気で活発のまま腸まで届く優れものなんです。腸に到達しても、そのまま活発に活動してくれるので効果も大きいようです。
腸に着いたときに、すでにヘロヘロではお仕事できないですよね。当然です。それに強い証拠として、空腹時に摂取しても有効だということです。
他の乳酸菌なら、胃酸の中に、ダイビングするなんて自殺行為の何物でもありません。それだけ、強さに自信ありということです。
しかし、植物性乳酸菌は腸に定着しないことが多いため、常に習慣にして摂取し続けることが重要になります。
それができれば、かなり効果は色んな分野で期待出来そうですよ。

LG21菌

これは、まさしくピロリ菌をやっつけるために選ばれた乳酸菌と言っても過言ではありません。
もともと、日本の大学の先生がラクトバチルス属がピロリ菌に効果があると発見しました。その研究に、薬品会社が手を上げ共同研究、そしてもう一社も。
そして、いろんな乳酸菌の中から、一番効果が大きいとされたのがLG21菌なのです。乳酸菌ですから、もちろん整腸作用などの基本的な働きはあります。
このピロリ菌に対する殺菌能力においては、高い成果がありそうです。現に試験でも効果が大きく表れています。
もともと、ピロリ菌は、胃酸に強く独自の隠れ方、逃げ方を編み出しています。その為、今まではなかなか攻撃できませんでした。
しかし、今回は、ピロリ菌を攻撃するLG21菌ですから、そう簡単に逃げることはできません。ボクシングでいうなら、ピロリ菌をリングに連れてきて、対戦するような物。
今までは、逃げてリングにいえ、試合会場に連れてくることすら難しかったのです。それをリングまで引きずりあげて、そこで正々堂々とパンチする、凄いやつなんです。
そのために効果が目に見えてあるようなんです。それだけ、正面から立ち向かうのがLG21菌です。もちろん、他にも、ピロリ菌に効果がある乳酸菌もあります。
一度、このLG21菌を試してみても良いですね。もちろん安心してください、胃や腸はパンチされませんから。あくまでも、ピロリ菌だけですよ。

LGG乳酸菌

現在、先進国ではアトピー性皮膚炎が大きな問題になっています。その中でも、新生児においては深刻な状態になりつつあります。
そこで存在感がひと際あるのが、LGG乳酸菌。
アメリカで発見され、その後、フィンランドで製品化した乳酸菌です。そのLGG乳酸菌の研究結果はイギリスの医学誌に発表されました。
世界40か国以上で商品化されています。海外をまたにかける乳酸菌と言ったところでしょうか。
妊婦さんを対象にLGG乳酸菌の試験をしたところ、LGG乳酸菌を摂取していた妊婦さんは23%、摂取していない妊婦さんは46%の赤ちゃんにアトピー性皮膚炎の
発症が認められたようです。やはり効果があると思われます。しかし、LGG乳酸菌にかかわらず、妊婦さんの腸内環境を整えるということは、産まれてくる赤ちゃんにとって
非常に重要なんです。また、その腸内環境を整えることが、母親のアレルギー体質を受け継がないということにつながる可能性があるようです。
このような研究成果が、今後大きく活用されるのではないでしょうか。また、一人の親として、そうあることを心から望んでおります。

EC-12(エンテロコッカス フェカリス菌 EC-12株)

人由来の乳酸菌。他のヨーグルトなどの乳酸菌と比べると5分の1程度の大きさです。球状形態の非常に小さな乳酸菌です。
耐熱性に極めて優れておりサイズが小さいためサプリメントによく使われています。この乳酸菌は死んだ菌でも腸に届くと有効に活用できます。
花粉症やアレルギーの症状を緩和するといわれています。フェカリス菌は、将来的には、花粉症の薬に頼らないを目指して日々研究されています。
それくらい、花粉症の効果期待が大きいものと思われます。また、消化吸収などを助け、整腸作用にも効果があり、全身の免疫アップ、コレステロール値も
コントロールする効果があります。このフェカリス菌を摂取する場合には、オリゴ菌、ビフィズス菌など相性のいいものと一緒に摂取すると効果的です。

乳酸菌の役割&長寿日本での課題とは?

なかなか乳酸菌は、奥が深く種類も多くあり紹介しきれません。
そこで、今日は、少し気になった菌を、何種類かご紹介します。

健康食品で重要なポジションを占めている乳酸菌

このように、いろんな菌が人間の為に日々頑張ってくれています。
ここにあるのは氷山の一角にすぎません。まだまだ効果がある乳酸菌は沢山あります。
研究の効果があり、現在では簡単に乳酸菌を選んで摂取することができます。
今や、長寿になった日本。
しかし、長寿になったゆえの様々な問題も抱えているのも、現実として否定できません。

いかに、自分の足で、自分の頭で、長寿の人生を楽しく過ごすか、それが重要な課題になっている日本。

そのせいか、少し前から、健康食品ブームが到来しています。
その中で、重要なポジションを占めているのが、乳酸菌です。

人間の腸には、全身の60%~70%もの免疫細胞が集中しており、
小腸には、絨毛と言われる突起がびっしり壁に並んでいます。
その中に、パイエル板があります。
このパイエル板はウイルスなどの身体にとっての異物を感知してくれます。
そのウイルスや細菌をリンパ球が排出します。
このような仕組みで免疫細胞が働きます。
この免疫細胞といっても、その働きの担う役割は、計り知れません。
乳酸期の研究結果より、アレルギー、花粉症、便秘、がん、歯周病など多くに効果が認められつつあります。
しかし、これらすべてに共通しているのは、整腸効果です。
要するに、身体を整えるということにつながっている。
今、先進国の中でがんによる死亡率が上がっているのは、日本だけです。

そのような現実も踏まえ、日々の食生活、生活習慣を見直すことは、重要なことです。
世界で一番の医療技術でありながら、がん死亡率が日本だけが増加しているという現状を、もっと考えなければいけない状況まできているのかもしれません。

医療にすべてをゆだねるのではなく、自分自身での健康管理が今後の課題なってくるんではないでしょうか?
それが長寿の国、日本の大きな課題ではないでしょうね・・・。

善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割が理想

腸内環境の腸内細菌叢の腸内細菌割合は、
善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7が理想とされています

善玉菌2:悪玉菌1の腸内環境バランスを壊さないように善玉菌を増やし活性化させることが大切です

腸内環境の理想的なバランスは善玉菌:2割、悪玉菌:1割、日和見菌7割という事になります。

その善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れて、
悪玉菌が増えてしまうと腸の働きが低下してしまいます。
なぜなら、悪玉菌はアンモニアや硫化水素などの多くの毒素を発生させるからです。
これらの毒素は腸を腐敗させたり、
高血圧ガンなどの生活習慣病の原因老化の促進につながるなど人体に様々な悪影響を及ぼしますが、
乳酸菌はこの毒素の発生を防ぐ働きを持っているのです。
乳酸菌は悪玉菌の増殖を抑制する働きがあるのです。

つまり、乳酸が腸内で増えることで乳酸や酢酸という有機酸が代謝物として作られますが、
有機酸が腸内を弱酸性に保ち悪玉菌の増殖を抑えたり、
腸の蠕動運動を促してくれるわけです。

また、人間の免疫システムは腸の近くに集中しています。
乳酸菌には、
この免疫システムを刺激し、
活性化する働きもあります。

さらに、乳酸菌にはビタミン類を生成し、
体内に補給することで健康増進にも役立っているといわれています。

善玉菌の種類

善玉菌の種類は500種類以上!
代表格は乳酸菌とビフィズス菌です・・・
善玉菌には、糖化作用を持つ糖化菌の酵母菌・麹菌・納豆菌もあります

酵母菌

有用菌の酵母菌が存在。酵母菌は発酵する過程で、糖分・カロリー・脂質を分解しています。さらには有機酸やアルコール・アミノ酸・炭酸ガス・クエン酸とか、人有益な成分を生み出してます。
ダイエット効果には余分なカロリー・脂質を分解する作用がある酵母菌に注目という一面も・・・
酵母菌は腸内で善玉菌を活発化する作用や、
老化の原因となる活性酸素を抑制する作用がわかっています。
免疫力の活性化も機能面に関しても話題になるお陰で、発酵食品に多数活用されています。

麹菌

麹菌は、菌体内で産生したタンパク質を、菌のの外へ分泌・産出するすぐれた資質を持つと考えれます。表面を減菌した穀物に、麹菌の胞子を植え付け培養すると、他与言うな酵素タンパク質を作り出します。酵素タンパク質は培地の成分も分解するので、日本では麹菌が活用されています。

納豆菌

腐敗菌をなくし消化を手伝いうと考えられているのが納豆菌。
酸の刺激による腸の蠕動運動を活発化は、消化活動に一役買ってくれます。
乳酸菌やビフィズス菌など有用菌の増殖が大切であり、納豆菌の価値ある有用菌なのです
納豆菌を大量にとる人の乳酸菌は数倍多いことが確認されています。