乳酸菌サプリ効果
乳酸菌が重要という理由があります

TVでもおなじみ
私たちのお腹の腸内フローラが注目されています

乳酸菌は腸内フローラの善玉菌や悪玉菌たちが生息する

腸内環境のバランスを改善して

腸内フローラを良好に維持する役割を果たしてくれます!

乳酸菌で健康!

乳酸菌を摂取して腸内環境を整える

乳酸菌で健康に
私たち人間の腸内には、菌の種類約1000種、その数約1000兆個もの腸内細菌が生息しています。

腸内細菌は主に3種類に分類され、
健康に良い働きをする善玉菌と、
便秘などを引き起こす健康に悪い働きをする悪玉菌、そのつど優位な方に味方する日和見菌があり、
これらのバランス「腸内フローラ状態」を腸内環境といいます。

善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割が腸内フローラの理想的なバランスだといわれています。

善玉菌の代表的な存在である乳酸菌は、
ブドウ糖や乳糖を分解して乳酸を作り出す細菌の総称で、
ヨーグルトやチーズの製造に利用され、
キムチや浅漬けなど漬け物にもたくさん含まれています。

乳酸菌には免役細胞間のバランスを整える働きがあり、
アレルギー症状を軽減する効果も期待できます。

乳酸菌には免疫作用があり、
インフルエンザの予防効果だけではなく、
かかってしまったとしても重症化しにくくなる効果が期待できます。

花粉症やアトピー性皮膚炎などの症状緩和にも効果が期待できます。

乳酸菌サプリを飲む場合、
飲むタイミングは夕食後がベストです。
夜10時頃は腸の蠕動運動が活発になり、
胃酸の分泌も抑えられているからです。

乳酸菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖を食事で摂ってからサプリを飲むのがベストだといえます。
冷たい飲み物だと冷えを招くし、
高温では乳酸菌が死んでしまうのでぬるま湯で飲むのがおすすめです。

普通の乳酸菌は胃酸で死滅してしまいますが、
乳酸菌は生きていても死んでいても腸内環境に良い働きをすることが研究で明らかになっています。
もちろん生きて腸まで届いた乳酸菌は
腸内フローラーの常在菌を活性化させ
善玉菌バランスを改善するので
腸内環境が改善されます

生きて腸内に届いた乳酸菌は、
そのまま腸内フローラに定着することはできませんが、
体外に排泄されるまでは腸内環境を整え便秘解消などの働きをしてくれます。

ほとんどの乳酸菌は強い胃酸で殺菌されてしまいますが、
定住善玉菌のエサになり増殖させたり、
悪玉菌が好む有害物質を吸着し体外に排泄したり、
腸内環境の改善に役立っています。

乳酸菌には桿菌の「ラクトバチルス」と
球菌の「ラクトコッカス」の2種類と、
正式には乳酸菌ではないものの
大腸に重要な働きをする善玉菌「ビフィズス菌」を含めた3種類が代表的な乳酸菌として扱われています。

ラクトバチルスは胃酸に強く、
胃の健康をおびやかす「ピロリ菌」を退治することに一役かってくれます。

ラクトコッカスは免疫力の強化やコレステロールの抑制に役立つ作用があります。

発酵食品に含まれている乳酸菌と違って、
ビフィズス菌は酸素があると生息できないため自然界ではあまり生息していません。

自然界でもいろんな場所で生息している乳酸菌は、
菌の住む場所で「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」の2種類に分類されます。

植物性乳酸菌は他の菌がいることによって分解されにくくなり、
活性を失わないまま腸内に届きやすいですが、
動物性乳酸菌は共生しないため、
胃酸に分解されやすいのが大きな違いですが、

動物性乳酸菌も善玉菌のエサになり腸内環境を整える働きがあるので
植物性乳酸菌と動物性乳酸菌をバランス良く摂取することが大切です。

脳内に存在する神経伝達物質「セロトニン」は、
前向きな気持ちを作り出す作用がある大切な物質です。

セロトニンの前駆体となる物質を作り脳内に届けるのも腸内細菌の役割で、
うつ病の改善に乳酸菌が効果を発揮するともいわれています。

ストレスを感じるとおなかを壊しやすくなるのは、
脳と腸は密接な関係で繋がっているからです。

ストレスに弱くなるのは脳内でセロトニンが減少しているからですが、
セロトニンの前駆体の工場は腸内にあり、
腸内環境を整えることがセロトニンを増やしストレスを跳ね返すことに繋がるのです。

動物を使った実験で、
乳酸菌を与えた個体は元気に育ち性格も温和な傾向があると報告され、
これは幸せ物質とよばれる「ドーパミン」の大部分が腸内環境により作られるためと考えられています。

腸内環境を整えることが性格にまで影響を及ぼすのですね。
対人関係が苦手だったり、
クヨクヨしやすかったり、
イライラしやすい人は
乳酸菌を摂取して腸内環境を整えることで
前向きになれるかもしれませんね。

野菜をあまり食べず、
肉中心の食生活の人は
食物繊維も不足がちで
腸内フローラも乱れがちです。

肉を食べるときは野菜も一緒にバランス良く食べるようにしましょう。

腸内フローラは人間一人ひとりそれぞれ異なり、
まったく同じものは存在しないといわれ、
腸内細菌は重さにすると約1.5kgにもなります。

ヨーグルトにはたくさんの種類がありますが、
どれを選んでも同じというわけではなく
メーカーによって乳酸菌の種類が異なります。

自分の腸内フローラに合った菌でなければ効果を得られにくいので、
数日食べてみて効果を実感しない場合は違う商品を試してみましょう。

ヨーグルトは1日100〜300g摂取するのが目安といわれています。
自分の健康状態をチェックしながら、
さまざまな食品から乳酸菌を摂取し、
健康増進に努めましょう。

乳酸菌有用性

乳酸菌がもたらす自然の力には、

まず腸内環境の改善があります。

そして、血圧を下げてくれたり、

口臭予防にも関係しています。

しかし、一番私達の体にいい働きをするのは、

免疫力向上です。

免疫力を高める事で、

私達の健康維持に役立っています。

ヨーグルトを頻繁に摂取する事によって、

インフルエンザを予防している学校などがあるという話しは有名ですが、

それも乳酸菌が免疫力をアップさせくれたことを通じての予防効果でしょう。

乳酸菌には、チーズやヨーグルトのように、

動物性の食品に含まれる動物性乳酸菌と、

味噌や醤油、漬物という日本食に多く含まれる植物性乳酸菌がなじみ深いですね・・・。

乳酸菌は、食品の腐敗や微生物を抑えてくれる力が働いており、

日本でも古くから保存食に多く利用されてきました。

また、酸味や香りで嗜好品としての美味しさも、

私達に提供してくれます。

プロバイオティクス&プレバイオティクス

生きたままの乳酸菌の事を、

プロバイオティクスといい、

オリゴ糖などが含まれている乳酸菌の事を、

プレバイオティクスといわれています。

これらの乳酸菌は、

様々なメーカーが研究し、

いろいろなヨーグルトや発酵食品に加工されるようになりました。

以前よりは、誰もが気軽に乳酸菌を摂取出来るようになったのです。

何も知らなかった私たちは

ヨーグルトや発酵食品などから摂取した乳酸菌やビフィズス菌は

そのまま全部おなかの腸内まで簡単に届けられると

簡単に思っていましたね・・・

でも実際は、乳酸菌やビフィズス菌は

大腸や小腸にまで届く前に

大半が胃の中の胃酸によって死滅してしまうのです!

乳酸菌の多くが、腸内に届く前に、

胃酸で消化されてしまい、腸内には届きません。

そして、生きたまま運ばれた乳酸菌は、

腸内ですべてが増殖するのではなく

腸内環境に生息している常在菌の

乳酸菌やビフィズス菌を活性化効果があるのです。

また、加熱した乳酸菌も善玉菌のエサになり、

腸管内に棲息する常在菌である乳酸菌やビフィズス菌を

活性化し元気にしてくれるので、

乳酸菌やビフィズス菌など有益な腸内細菌の利用方法もバリエーション豊かになりました。

料理の隠し味として、

醤油や味噌利用は、

腸内環境にも有益な利用法とされています。

出来れば、毎食何かしらの料理に使う事が、

乳酸菌の一番良い摂取方法かもしれません。

ラクトバシラス属やビフィドバクテリウム属

体内にも乳酸菌が備わっている事が分かってきました。

それが、ラクトバシラス属と

ビフィドバクテリウム属といわれているものです。

これらは腸内常在細菌叢といわれ、

腸内フローラと表現されています。

腸内フローラとは、腸内常在細菌叢をお花畑に例えた名称で、

腸内フローラのバランスが良いかどうかで、

腸内環境の健康維持にも影響されるのです。

口腔内にも多くの細菌が生息しており、

歯の表面への付着などにより口腔内の健康維持にも関係があります。

乳酸菌をより効果的に摂取する方法もあります。

乳酸菌が豊富だからといって、

食べれば良いというものではありません。

食べる方法や、食材との組み合わせで、

効率良く乳酸菌を摂取する事が出来るのです。

上手く乳酸菌の摂取方法を取り入れる食生活なら、

洋食より和食の方が、乳酸菌を多く体に取り入れる機会が多くなるので・・・食生活の西欧化による腸内環境の変化にはもっと注目したいですね!

日本の朝食は、

味噌や漬物など乳酸菌を含む発酵食品が多く、

塩分量に注意を払いながら乳酸菌などの有益菌を効率的にとる事が大切です。

漬物には多くの乳酸菌が含まれていますが、

漬物の種類によって効果にも違いがあります。

ゴボウなどの食物繊維が多い野菜の漬物には、

糖尿病の予防に良く、

ぬか漬けは整腸作用がアップします。

塩分摂取に十分気を付ければ、

漬物は健康に良い食品といえます。

味噌にも乳酸菌が豊富ですが、

加熱しすぎない方が

味噌の栄養成分等とともに植物性乳酸菌を多く摂取できます。

味噌汁を作る時には、

沸騰しないように注意が必要なのですね・・・。

醤油には、

乳酸菌が持つリフレッシュパワーが多く、

魚の鮮度を守りたい時には大切な食品です。

更に、乳酸菌の力を手助けしてくれる

納豆菌が加わったら、

バランスの良い朝食の完成です。

ヨーグルトも、

乳酸菌を多く含む発酵食品で、

種類により効果の違いがあります。

糖分や脂肪の摂取過剰により肌荒れが気になる人は、無脂肪のタイプのプレーンタイプのヨーグルトがおすすめです。

そこにビタミンCを含む果物が加わったら、

理想的なヨーグルトレシピですね。

便秘に悩んでいる人は、

原材料に寒天を使用している

ハードタイプのヨーグルトが向いてます。

ヨーグルトは腸内フローラの

腸内細菌バランスを整える優れた発酵食品で、

カルシウムも豊富で骨粗しょう症に悩む女性に、

おすすめしたい乳酸菌摂取手段ですね。

ヨーグルトは腸内の老化を防ぎ、

食生活の乱れやストレスなどで弱くなった腸を活性化させ強くしてくれる効果があります。

ただ、血圧やコレステロールが高い人は

乳脂肪が少ないタイプのヨーグルトを食べる方が健康には良いと思います。

ヨーグルトにはオリゴ糖が豊富なハチミツをかけたくなりなす。

乳酸菌とオリゴ糖はとても相性が良いのですが、

ハチミツによっては気を付けなければいけないハチミツもあります。

マヌカハニーのように、

あまりにも殺菌効果が高いハチミツを使うと、

せっかくの乳酸菌も、

その効果が半減してしまう可能性があります。

どちらも健康にはとても良いとされているのですが、

一緒に摂取するのはバランスを考慮した方が良いと思います。

乳酸菌といえども、

細菌なので、

マヌカハニーのみならず、

あまりにも殺菌効果が高い食品とは

同時摂取しない方が良いでしょう!

ですが、忙しい日々の中では

どうしてもバランスの良い食生活を心掛けるという事は難しいと思います。

食事の時間も不規則になるという事も少なくはないことだと思います。

最近では、乳酸菌が豊富に含まれている飲料や

チョコレートなど発売されています。

簡単に食べられる物ばかりなので、

仕事や家事の合間に細めに食べるというのも、

良い摂取方法かもしれません。

特に、根拠がある特定保健用食品(通称トクホ)は、

食品の機能表示が正式に認可されています。

これらは、あらゆる研究のもと、

血圧やコレステロールの低下が証明され、

春になると様々な人がその症状に悩まされる

花粉症やアトピーなどのアレルギー症状にも改善効果が期待できます。

これらの症状に悩んでいる方は、

積極的に摂取する事が良いかもしれませんね・・・。

自分の体調や、

好みにあわせた乳酸菌を、

出来るだけ毎日とるという事が何よりも大切です。

肉類や脂肪の多い食べ物は、

いわゆる悪玉菌を作り出します。

そして、体内で悪玉菌が増えてしまうと、

悪臭の原因になります。

悪玉菌の増えすぎは健康に悪いことは確かです。

食生活で乱れた健康を正しく戻してくれる働きをするのが、

乳酸菌によって作られた善玉菌なのです。

善玉菌をいかに増やすか?

健康を守る為にはとても重要です。

加熱しすぎてはいけないものや、

殺菌効果が強すぎる食品もあります。

これらをよく考慮して、

毎日の食事を考える必要があります。

どんな食材を、

どういう調理法で食べるかという事をきちんと調べた上で、

健康に良い食生活を送るのが、

とても大切な事でしょうね♪