納豆 乳酸菌

・納豆を食べることのすごいメリット

乳酸菌を多く含む食品の代表格である納豆は、
古くからある日本食としてなじみ深いものです。

「納豆は体にいい」とはよく聞くことですが、
実際にどんな効果があるのでしょうか?

そもそも納豆とは、
納豆菌によって大豆を発酵させたもののことです。

ビタミンKやたんぱく質、
そしてプレバイオティクスである食物繊維も豊富で、
プロバイオティクスでありながらプレバイオティクスも持っているというすごい食品です。

大豆を発酵させることで栄養価が高まり、
ビタミンKは大豆の100倍以上にもなるといわれます。

納豆は「抗酸化作用」「抗菌作用」があり、
病気の予防だけでなく体の細胞の老化を防ぐ効果があります。

日本人にも発症の多い「脳卒中」「骨粗しょう症」「乳がん」「更年期障害」
などの予防にも効果があるとされています。

納豆は漬物やヨーグルトなどと同様、
季節を問わずに比較的に安価で手に入ります。

若く美しく、
そして元気でいるために毎日でも摂りたい食品です。

ヨーグルトと納豆で健康と美容効果

ヨーグルトと納豆のダブルタッグで健康と美容効果を高めよう!
ヨーグルトと納豆、それぞれ健康にとってもいいことは知られていますよね。

ヨーグルトに豊富に含まれる乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、
逆に悪玉菌の繁殖を抑えるため、腸内環境を整えてくれます。
その結果、便秘などが解消されたり免疫力がアップしたりといった効果があるんです。

また、納豆には納豆菌が含まれており、
こちらも腸内環境を整える効能があります。
納豆菌が腸内の乳酸菌やビフィズス菌を増やし、
消化を促す効果があるのです。

それに加え、腸内の老廃物をどんどん流してくれるのが納豆菌。
その結果、ヨーグルトの乳酸菌と同様に整腸作用や抗菌作用、高血圧予防などの嬉しい働きをしてくれるんですね。

ヨーグルトと納豆を合わせたらどうなるの?
どちらにも腸内環境を整える働きがあるヨーグルトと納豆ですが、
なんとこの2つを組み合わせて食べるとすごい相乗効果があることが最近話題なんです。

納豆菌は乳酸菌を増やしてくれます。
さらに、納豆菌は酸に強いため、
胃の中で胃酸に負けることなく生きたまま腸に届きます。

このため、ヨーグルトと納豆を同じタイミングで食べると、
相乗効果が得られるというわけです。

ヨーグルトと納豆を一緒に食べることで生まれる効果は主に次の3つ。
まずは便秘解消です。
それぞれ単体で食べても十分便秘の解消につながりますが、
納豆菌が乳酸菌を増やしてくれるため、
それによって腸内の善玉菌がますます増える仕組みになっています。

2つ目は美肌効果。
便秘になるとどうしても肌荒れが気になりますが、
その理由は腸内の悪玉菌が増え、
体の中の老廃物が流れてくれないから。でも大丈夫!

納豆とヨーグルトがタッグを組めば、
腸内の悪玉菌の増殖を抑え、
善玉菌は逆にどんどん増えるため、
老廃物が体から出ていく効果が倍増するのです。

最後に3つ目はダイエット効果!
善玉菌が増え悪玉菌が減ると腸内環境が整い、
腸の動きが活発になります。
すると基礎代謝量がグンと上がり、
痩せやすい身体になっていくんです。

どうやって食べたらいいの?
ではどうやって食べたらいいのでしょうか?
一番簡単なのは、納豆とヨーグルトを混ぜて食べることです。
えっ、納豆とヨーグルトを混ぜちゃうの…?
と抵抗がある方も多いでしょう。

その気持ち、とってもよくわかります(笑)。
しかし意外にも、クチコミでの評判は上々。
半信半疑でおそるおそる食べてみたが、
意外と美味しかった…!という声が続々聞かれます。

そうは言ってもやっぱり抵抗がある方もいらっしゃいますよね?
そんなときは、食事で納豆をそのまま食べ、
食後にプレーンヨーグルトを食べましょう。

特に女性にとってはありがたい効果が満載のヨーグルトと納豆の組み合わせ、
毎日の生活に取り入れて、
ますます健康に美しくなりましょう。