乳酸菌効果って何?

乳酸菌効果

乳酸菌は私たちの健康に欠かせない存在です。

健康に関する意識の高い方の多くは乳酸菌という言葉を知っていることでしょう。

善玉菌と呼ばれることもありヨーグルトやキムチなどを始め多くの発酵食品に含まれているとこが知られている乳酸菌ですが、実は多くの種類が存在しています。

私たちが想像している腸などの消化器官内で腸内の環境を整えてくれる菌というのは乳酸菌全体の中のごく一部で、主にラクトバシラス属とビフィドバクテリウム属が該当しています。

これらの乳酸菌は原則として人間に害を与えることは無く、多くの益を我々の体にもたらせてくれます。

乳酸菌効能はどれくらいか

先ほども書きましたが、腸などの消化器官の調子を整えることで便秘の改善や予防を行ってくれている乳酸菌ですが実はそれ以外にもいくつかの効能があります。

免疫力を高める効果

小腸の中には細かい突起がたくさんあります。
これは外部からウイルスや細菌が侵入した際に働き、それらを異物として感知して排除してくれる役割があります。
乳酸菌などの善玉菌はこの働きを活性化するといわれています。
そのおかげでウイルスや細菌に対する抵抗力が高まり、
免疫力がつくということです。
この善玉菌が減少したり、腸内の環境が悪化することがあると、どんどん免疫力が下がり体調が悪くなってしまうのです。
「乳酸菌シロタ株」はインフルエンザの予防効果もあるといわれています。
普段から効果的に乳酸菌を摂取して、健康習慣の1つにするのもいいですね。

また、大腸がんの予防効果があるとも言われています。

納豆、ぬか漬け、みそ汁などの発酵食品は乳酸菌を多く含み、
長寿大国日本の食文化の代表的なものでした。

しかし時代は変わり、現代では食の欧米化が進んでこれらの日本食を食べる習慣が減っていきました。

そしてそれと同時に、
以前は少なかった大腸がんと呼ばれる病気がしだいに増えていきました。

発がん性物質を作り出すといわれている悪玉菌は、肉類を食べると増えていきます。

また乳酸菌はその悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。
わたしたち日本人は発酵食品を食べる機会が減り、
かわりに多量に肉類を食べるようになったことでがんの発生リスクを上げてしまっているのです。
ぜひ発酵食品を積極的に摂り、
がん予防に役立ててほしいです。

 1免疫力強化

乳酸菌には人体の免疫細胞を活性化させてくれる効力もあるため、
自然治癒力を高めることで風やインフルエンザの予防にも繋がります。

また、カルピス社が以前に行った実験では
乳酸菌が花粉症のアレルギー反応を抑える力を持っていることが実証されているため
花粉症にお悩みの方にも摂取することをおススメします。

乳酸菌の血圧正常化効果

生活習慣病は一般的になっていますが、現代の生活習慣病に、高血圧があります。

高血圧の原因は、
まず脂肪の多い食生活の欧米化、
生活習慣の乱れ、
運動不足、ストレスなど生活に関連したものが少なくありません。

血圧に注意をしなくては、
心臓や脳の病気のリスクが高まることはわかっているけれど
、実際、それほど血圧を測る機会もないので、
健診等で気が付いたときには、
既に高血圧の境界を越え、
診断を受けるほど高くなってしまっていたということもあるのですね。

高血圧は症状が出ないことも多いので、注意が必要なのです。

高血圧は生活の乱れも大きく関連しますが、
逆に言えば、その症状を生活習慣で改善することもできるということなのです。

脂肪食の中性脂肪や悪玉コレステロールが腸内環境のバランスを壊しています

その生活習慣改善に取り入れたい方法の一つに乳酸菌の摂取があげられます。

乳酸菌は、
タンパク質を分解してラクトトリペプチドという物質を作り出す働きがあります。

高血圧という状態は血管を収縮させて、
血管を狭くすることによって、
血圧を高い状態にすることです。

ラクトトリペプチドは、
この血管を狭くする、
収縮する原因の体内物質の生成を防いでくれるのです。
そのために高血圧を予防することが出来るのですね。

ラクトトリペプチドは、高血圧を改善するための薬とは大きく異なります。

そのために血圧を下げる即効性はありません。

しかし毎日取り続けることにより、
その効果を知ることが出来るようになります。

高血圧は生活習慣の改善が一番だといわれます。

それに加え、乳酸菌を毎日継続するとより血圧に注意した生活を送ることが出来るようになります。

そのためにちょっと血圧が高いかなと思ったら、意識的に摂取するのもいいでしょう。

2高血圧を防ぐ

通常食事をすると血中のブドウ糖の濃度が上がるため血圧が上昇しますが、
乳酸菌を摂取することで血糖値の上昇抑えてくれるため、
血圧が高くなりやすい方や糖尿病のかたにもおススメです。

乳酸菌はいつ摂取すべきか

結論から書きますと
最も適した摂取タイミングは
食後がベストになります。

乳酸菌は胃液に弱いため
摂取タイミングを誤ると菌の数が減ってしまい
効能が薄れてしまいます。

従って、胃液が薄まる食後が
最も適したタイミングといえるでしょう。

ヨーグルトであればデザートにもなりますので
フルーツを加えて食べればビタミンも取れるので尚良いでしょう。

乳酸菌の働き

乳酸菌はヨーグルトや漬物など健康食品の発酵に寄与し、

腸の腸管内で腸内環境のバランス維持に貢献健康維持に役立っています

人に役立つ有用菌である善玉菌の代表格は乳酸菌ビフィズス菌です

乳酸菌やビフィズス菌は、

身体の健康維持に役立つ有用菌である善玉菌の代表であり、

腸内環境は弱酸性

善玉菌が生成する乳酸酢酸によって

腸内環境は弱酸性に保たれ、

悪玉菌の動きを抑えるほか

腸壁刺激で蠕動運動を活発にして便秘を改善する働きをしています

 

便通改善や促進効果を期待するために

乳酸菌・ビフィズス菌が多い機能性表示食品や健康食品、

発酵食品やヨーグルトを摂取して、

腸内フローラを善玉菌優勢なバランス構成にすることが大切です

 

腸内環境がアルカリ性は便秘の可能性

逆に腸内環境がアルカリ性になると大腸蠕動運動は弱くなり

排便力も弱まり腐敗菌が多い大便を大腸に貯め込むことになります。

これが続くと腸内フローラ環境は悪化します

腸内に溜まった大便がさらに固くなり苦しい便秘を誘発したりします

お腹はウォルシュ菌など悪玉菌優勢の腸内細菌叢バランスが壊れた腸内環境となります

健康状態は悪化・腐敗も進みさらにアルカリ性に、

免疫力も弱まり・肌荒れから吹き出物

さらに風邪を引きやすくアレルギーに反応しやすい体質になる可能性があります

善玉菌が優勢な腸内環境の腸内細菌バランスに改善が必要な状態です