便秘 乳酸菌

便秘と乳酸菌の関係

便は胃や腸で吸収されなかった食べ物の残りカスです。

さらに体内ではがれ落ちた細胞の死骸や老廃物、腸内細菌の死骸、悪玉菌が作った
腸内毒素といったものでできています。

便の大きな仕事は、体内でできた老廃物や毒素を体外に出すことです。

ストレス、生活習慣などで排泄が困難になる(便秘)をするとお肌が荒れてしまうのは
これら老廃物が体外に排泄できず、再度体内に吸収されて体内をまわってしまうからなのです。

外部的要因(ストレス、生活習慣、細菌)などの変化により腸内での悪玉菌が増え
結果的に肌荒れ、便秘、免疫低下を起こします。

便秘の改善

便秘というのは腸内環境が悪くなって、
アルカリ性の環境になっている状態です。
腸のぜん動運動(腸が動くこと)が弱まり便が外に出にくくなってしまうのです。
そこで乳酸菌などの善玉菌を増やすと環境が酸性に傾き、
ぜん動運動が活発になり便通がよくなります。
このような便秘改善の効果があるといわれているものに
「ガセリ菌SP株」「ラブレ菌」「ヤクルト株」などが挙げられます。

腸内環境がアルカリ性は便秘の可能性

逆に腸内環境がアルカリ性になると大腸蠕動運動は弱くなり

排便力も弱まり腐敗菌が多い大便を大腸に貯め込むことになります。

これが続くと腸内フローラ環境は悪化します

腸内に溜まった大便がさらに固くなり苦しい便秘を誘発したりします

お腹はウォルシュ菌など悪玉菌優勢の腸内細菌叢バランスが壊れた腸内環境となります

健康状態は悪化・腐敗も進みさらにアルカリ性に、

免疫力も弱まり・肌荒れから吹き出物

さらに風邪を引きやすくアレルギーに反応しやすい体質になる可能性があります

善玉菌が優勢な腸内環境の腸内細菌バランスに改善が必要な状態です