乳酸菌とはいったい何?
乳酸菌は代謝によって乳酸を生成する細菌類です。

つまり乳酸菌は乳酸をつくる細菌類なのです。

乳酸菌は果糖や砂糖など糖類分解で乳酸を産生する細菌です

乳酸菌は279種類が現在わかっています。

また、確認されている乳酸菌は600種類とも言われます

乳酸菌は食品発酵の生成過程に欠かせない細菌類です。

人間の腸や消化管・膣などにも常在しています。

乳酸菌は自然界にも多数存在しています

乳酸菌と酸素

嫌気性菌には偏性と通性の2種類があり

  • 通気嫌気性菌・・・酸素があっても生きられる
  • 嫌気性菌・・・酸素があると生きられない

小腸には酸素があり
大腸には酸素がないので
乳酸菌は主に小腸に生息し大腸にもいます

ビフィズス菌は偏性嫌気性菌と言って酸素があると生きれない嫌気性菌です
ビフィズス菌は主に酸素のない大腸に生息し現在約40種が確認されています

この人間の腸内フローラ(腸内でお花畑のフローラ叢のように見える)腸内フローラ叢に生息している乳酸菌は、

腸内環境の腸内細菌バランスの恒常性を維持することに

大きな役割を果たしていることが

近年の科学技術の進展により、広く解明されています。

腸内環境や腸内細菌の菌種や役割・効果効能に関する学術論文の数も飛躍的に逓増しているのが世界的現状です。

乳酸菌という名前の菌はいない

私たちが過ごす日常生活のなかで、「乳酸菌配合」「健康志向の方に乳酸菌」などという広告をよく目にします。
「乳酸菌って何だかよくわからないけど体によさそう」というイメージを持っている方が多いと思います。
そこで、知っているようで知らない乳酸菌の実態と、
その乳酸菌を摂取することで得られる乳酸菌の効果をまとめてみました

もう一度、そもそも乳酸菌とは?
簡単にいうと、たくさんある乳酸を発酵する菌をひっくるめて乳酸菌と呼びます。
つまり、乳酸菌という名前の菌はいないのです。
しかもその乳酸菌の中に含まれる菌はゆうに600種類を超えるそうです。
これらは糖類をごはんとして乳酸を作り出し、まわりを自分の過ごしやすい環境にして生活しています。
乳酸菌は数も多ければ性格もさまざまです。
酸素があると生きられない乳酸菌(嫌気性菌)や、

そうでない乳酸菌(通気嫌気性菌)もいます。
形もさまざまで、まるい球形のかたちをした球菌、
棒状のかたちをした桿菌、
らせん階段のようならせん菌などにも分けられます。
よくスーパーなどに行くと目にする商品にヤクルト菌シロタ株ラブレ菌 などと書かれたものがあります。
これらはそのたくさんある乳酸菌の中の1つの種類を指しています。
有名なヤクルトやラブレなど、商品にそのまま名前が付けられているものもあります。
また、善玉菌 という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
これは体に有益に働いてくれる菌の総称で、

この善玉菌のなかにビフィズス菌や乳酸菌が含まれています。

乳酸菌の知られざる効果

乳酸菌の効果には、

  • 整腸作用(便秘や下痢の改善)、
  • 高血圧やガンなどの生活習慣病の予防、
  • アンチエイジング、
  • アレルギー疾患の抑制、
  • 免疫力アップ、
  • さらに、血中の善玉コレステロールの低下を抑え、
  • 中性脂肪値を低下させる効果

もあるといわれています。
乳酸菌には人間の健康に良い様々な効果が期待できるのです。

乳酸菌 種類

の分類(←性質の違い)から⇒株(菌株)による区別は番号・記号、発見者名など名前に該当

つまり属・種・株という3つの名称組み合わせから成り立っています

細菌の形

丸い形の乳酸菌は球菌(コッカス)

らせん形はらせん菌(ビブリオ)

棒状の菌は桿菌(バチルス)

代表的な細菌

下記は腸内細菌の細菌学的に代表的な細菌です。

★ラクトバシラス属(別名はラクトバチルス)
グラム陽性の桿菌
善玉菌の乳酸菌のラクトバチルス属となります
ラクトバチルス属にカゼイ菌やシロタ株などの菌種があります
乳酸菌は酸素があっても生きられます
★ビフィドバクテリウム属 (Bifidobacterium)
いわゆる善玉菌のビフィズス菌のことです。
ビフィズス菌は乳酸菌の約1000倍多いと言われています。
ビフィドバクテリウム属にロンガム菌などの菌種があります
グラム陽性の偏性嫌気性桿菌
ビフィズス菌は酸素があると生きられないのです。
★エンテロコッカス属 (Enterococcus)
★ラクトコッカス属 (Lactococcus)
★ペディオコッカス属(Pediococcus)
★リューコノストック属 (Leuconostoc)

乳酸菌ってどんな種類があるの?

昨今、さまざまな乳酸菌製品が市場に出回るようになりました。
ヤクルトが大好きで、小さいころはよく飲んでいました。
乳酸菌に対してなんとなく「おなかにいい菌」というイメージがあるのではないでしょうか。
乳酸菌にはさまざまな種類があり、その1つ1つに性格があります。
今回はその乳酸菌について、すこし掘り下げて説明したいと思います。

乳酸菌ってどれだけある?

発酵により糖を分解して乳酸を作り出す菌の総称として乳酸菌 とされています。
なので乳酸菌にはたくさんの種類がいて、それはゆうに200種類を超えるといわれています。
乳酸菌は私たちの身近な食品にも数多く存在しています。
たとえばぬか漬け、酒類、チーズ、納豆などが挙げられます。
そんな乳酸菌をいくつかの種類とその効果とともに、紹介いたします。

・ラブレ菌

正式名称をラクトバチルス属コアギュランス菌といいます。
京都の漬物の中から、日本人によって発見されました。
ほとんどの乳酸菌は腸に届く前に胃酸などにより途中で死んでしまいますが、このラブレ菌は非常に強い生命力を持つといわれています。
胃酸の存在下でも耐えることができるので生きたまま腸に届きやすく、腸内に留まり悪玉菌の増殖を抑えてくれます。
ラブレ菌はそもそも人間の腸内に存在しない菌ですが、私たちにさまざまな恩恵をもたらしてくれます。
その効果は「アレルギー症状の緩和」「コレステロールを下げる」「美肌効果」「腸内環境の改善」「免疫力アップ」など多岐にわたります。
おなかの調子を整えたい方だけでなく、肌荒れや花粉症などのアレルギー症状にお悩みの方にぜひおすすめです。

・ガセリ菌SP株

正式名称をラクトバチルス属ガセリ菌といいます。
この菌ははじめ、日本人の腸内から発見されました。
一般的に乳酸菌は、胃などの消化酵素によって消化されてしまいます。
しかしこのガセリ菌はラブレ菌同様、胃液などに強く耐性があるので生きたまま腸まで届くことができます。
また、ふつう乳酸菌は短期間で体外に排出されるのですが、この菌はその腸内に長く留まるといわれています。
また、長く留まるだけでなく中には住み着くものもいて、腸内で長く発酵をし続けることができるのです。
効果として「コレステロールの低下」「整腸作用」「ストレスの緩和」などが挙げられます。
コレステロールが増えると動脈硬化の原因になりますが、このガセリ菌SP株はそのコレステロールが増えるのを抑えてくれます。
また精神的な作用として、ストレスの緩和のほかにも不眠や不安を解消する作用があるといわれます。

・乳酸菌シロタ株

正式名称をラクトバチルス属カゼイ菌といいます。
昭和5年、微生物などの研究をしていた代田医学博士によって発見されたことからその名をつけられました。
この菌は主に栄養を消化・吸収している小腸に作用します。
この菌もまた人間の消化液に対して強く、胃酸でも消化されにくいといわれています。そのため生きたまま腸内に到達して整腸作用を発揮してくれます。
効果として「整腸作用」のほかに「免疫力アップ」「アレルギー症状の緩和」などがあります。
この菌を飲用することで、善玉菌であるビフィズス菌を増やし、私たちの健康を内側からサポートしてくれます。

近年、発見された注目の乳酸菌

近年の著しい研究により、また優秀な研究者たちのお陰で、日々進化を遂げる乳酸菌の世界。
発酵食品や乳酸菌の食べ物や飲み物、サプリメントなども数多く販売されています。
今や、私たち消費者も今の自分に合った乳酸菌を選ぶ時代になったのです。少し前までは、自分に合っているなど関係なく、乳酸菌というだけで購入していたはずです。
しかし、今は、消費者側も、いろんな現代病である花粉症、アレルギー、ストレス、便秘などを抱えています。
それぞれの状況に適した乳酸菌を選び、美味しさだけではなく、
身体を元気に、心まで元気にしてくれる期待が込められているのです。
今回、新しく注目されている菌の中から、聞きなれない菌を選んでみました。

TI 2711(LSI菌)

この乳酸菌の効果が発揮されるところが、胃でも腸でもないのです。
TI2711とは、口の中で活躍します。
この菌の凄いところは、歯周病菌に対する殺菌効果です。
また、他の口腔内に存在する菌をやっつけるわけです。
もとは人由来の乳酸菌です。
歯周病以外には、虫歯、口臭に対しての効き目を実感できる乳酸菌です。
歯科医院などでタブレットなどが販売されており、それを飴のように口の中で溶かしてなめる方法です。
乳酸菌から出る乳酸により、歯が酸によって溶ける?と、心配の方もおられるかもしれません。
ご安心ください。
このTI2711菌は、あまり酸性濃度が高くなると死んでしまいます。
そのため、ある程度の酸性濃度で止まるので、過剰な酸性にはなりません。
よって、歯には悪影響は及ばないとか・・・
他には、口臭に関しても口臭が気になる人に試したところ、8週間摂取して60%以上の口臭がなくなったう効果が出ているらしいです
これは、あくまでも乳酸菌であり、薬ではありません。
したがって即効性もありません。
あくまでも、この乳酸菌が働いているのだろうという効果です。

口の中には、どのような菌がいて、どのような影響があるのでしょうか?

1.ジンジハリス菌

歯周病菌の代表的な一つと言える菌です。正式には、ポルフィノモナス・ジンジハリスと言います。
強い悪臭が特徴の一つです。
歯肉のコラーゲン組織を攻撃したり、白血球の様々な作用を弱めると言われています。
毒素を作り出し、歯茎内の骨部分を溶かしたりもするそうです。
しかし、それだけでは、ありません。
その毒素が、歯茎などから血管の中に入り、体中をかけ巡ります。
その時に、血管を菌が作り出す毒素が詰まらせたりするらしいのです。
そうなると、心筋梗塞や脳梗塞の可能性が出てくるわけです
。そんな恐ろしいジンジハリス菌を最近研究していた、中国の大学とアメリカの大学が
共同研究した結果、「食道扁平上皮がん」に深く関係しているとの報告がありました。
このがんの実に60%以上が、ジンジリス菌の生息が確認されているというのです。
また、この食道がんの周辺組織には、ジンジハリス菌が12%検出されているそうです。
逆に、正常な方からは、このジンジハリス菌は検出されていないとか。
非常に恐い、まだ謎がありそうな菌であることは、間違いないようです。

2.トレポネーマ・デンディコーラ

歯と歯肉の間に入り込み急激に増殖します。嫌気性の菌で、らせん状の形をしています。
また、一度住み着くと長い間居座り続ける歯周病菌です。
タンパク質を分解する酵素を発生させたり、免疫抑制因子も作り出したりします。

3.プレボテラ・インターメディア

妊娠中は、エストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンが分泌されます。これらの女性ホルモンがこのプレボテラ・インターメディアを促進・増殖させてしまいます。
この菌は、歯周ポケットと呼ばれる部分に生息しています。急激な増殖などが原因で、歯を支える骨を溶かすこともできる毒素も持っています。
その結果、歯肉の炎症を引き起こし、妊娠性歯肉炎の発症にもつながります。
これは、思春期の女子にも同じようなことが、見られます。やはり、女性ホルモンの影響によるものです。
しかしこの菌は、これだけでは、ありません。
懐死性潰瘍性歯肉炎の歯周ポケット内での増殖が強く、スピロヘータとともに多く検出されています。口の中の唾液が、粘りが強くなり自浄性が下がり、そのことにより
歯肉炎、出血など起こりやすくなっていきます。
女性にとって天敵ともいえる菌であることは間違いありません。なんたって、妊婦期間中に繁殖するなんて、姑息な奴としか言えません。

4.タンネレラ フォーサイセンシス

アメリカのフォーサイス歯学研究所のターナーさんが報告したことにちなんで、名づけられたといいます。
この菌は、嫌気性で紡錘状の形態をしています。タンパク質を分解する酵素を作り出します。歯と歯肉の間の溝に住み着きます。

ここにあげたのは、ほんの一例です。
しかし、口腔菌を知るうえで外せない菌です。
足が遠のいてしまう傾向にある歯科ですが、
今や、色々な研究により多くの虫歯や歯周病が大きな病気に関係することがわかっています。
単に、虫歯治療だけではなく、身体全体の健康を考える時代のようです。
おそらく、このようなTI2711(LSI菌)乳酸菌があり、手軽に虫歯や歯周病が予防出来たり、
気になる口臭を改善したりできることを、ご存知のかたはまだまだ少数派みたいですね・・・

乳酸菌・・・プラズマ乳酸菌にも注目!

乳酸菌って…以前は一緒くたに考えてしまっていましたが、いろいろ種類があると聞き、興味を持ちいろいろ調べてきたところ、今一番気になる乳酸菌がプラズマ乳酸菌です。

最初は、名前に惹かれたんですよね。強そう、と。

けれども本当にこのプラズマ乳酸菌、すごいんです。

私たちの身体の中には免疫細胞、と呼ばれるものがあるんですが、その免疫細胞の中でもリーダー的な免疫細胞をpDC細胞と呼んでいるんですよね。
このpDC細胞、普段はウイルスの侵入という緊急事態にしか活動しないんですが、プラズマ乳酸菌を摂ると通常時からpDC細胞は活性化され、常に活動&警戒状態に。

だからウイルスが身体の中に入り込んだ時にも素早く対処してくれるんですよ。…ホントすごい乳酸菌ですよね。

しかもそれだけでなくアンチエイジング効果だったり、寿命延長効果だったり。インフルエンザにかかりにくくなる効果もあるんだとか。

今までの乳酸菌と比べて考えてみても幅広いな、と。オールマイティーに近いなと思うので、これからの生活に是非プラズマ乳酸菌をとり入れていきたいなと思っているわけです。

ただ、ひとつ残念なのが、もしかしたら私が住んでいる地域だけかもしれませんが、プラズマ乳酸菌の食品を取り扱っているお店が…今の時点でほとんどないんです。そこだけが残念ですね。簡単に手に入らないんですから。

今、お店をしらみつぶしに探しているんですけど、それでも見つからなかったら、プラズマ乳酸菌のサプリメントを注文するつもりです。
できれば食品で摂りたかったんですけど、なかったら仕方ありませんからね。

風邪を引きやすい私、これから先プラズマ乳酸菌でpDC細胞を常に臨戦態勢にして、身体を守ってあげたいと思います。
もちろんアンチエイジング効果もかなり期待していますよ。

プラズマ乳酸菌から、目を離せません

注目される乳酸菌の効果がすごい

一般的に乳酸菌は腸の中の環境を整えてくれるいい菌というイメージがあるかと思います。
たしかに乳酸菌は私たちの腸内環境を健康に保ってくれているのですが、
まだまだそれだけにとどまらず、たくさんのすごい効果があるのです。

さらに乳酸菌とは?

乳酸菌は糖を利用して乳酸などの酸を作る細菌です
乳酸菌とは糖類を分解し乳酸を作る作用がある細菌の総称で、穀類、腐敗した牛乳などに存在しています。

現在では人工培養し乳酸発酵、ヨーグルト、チーズを作るのに使用されています。

また乳酸菌は善玉菌の代表格でもあり、人の腸内には善玉菌、日和見菌、悪玉菌が存在しそのバランスにより腸内環境が決定します。

人間の体は加齢と共に乳酸菌の量が減ってしまうので食品から摂取し腸内の善玉菌の量を積極的に増やす必要があると言えます。

乳酸菌は自然界に広く存在します

腸内環境に生息する乳酸菌は乳酸菌やビフィズス菌など有用菌を増やします

乳酸菌の特徴と作用

・乳酸菌は糖(乳糖)を消費してエネルギーを生成します。
・他の栄養素はエネルギー源とならず菌体の構成成分になったり代謝に関与したりします。
・乳酸菌というのは、99.9%が胃酸で死んでしまいます。
・人間の体は、外部から入ってきた菌に対して、異物とみなし激しい攻撃を行うのです。その結果、胃酸や胆汁でガードされたり、体外に排出されます。

【乳酸菌の作用】
乳酸菌は、整腸作用があり、腸の活動を高めて、食物の消化吸収を助けます。
また、 便を肛門に向かって送り出す運動を促し、便秘や下痢を防ぎます。

・整腸作用
・腸の活動を高める
・食物の消化吸収
・便を肛門へ送る
・病原菌、腐敗菌の抗菌作用
・細菌、ウィルスからの免疫増強作用
・便秘、下痢の予防

乳酸菌の働き

乳酸菌を摂取すると体内で乳酸菌は善玉菌の増殖をサポートし、免疫組織を刺激することにより免疫力がアップします。
だからウイルスに強い体になることが出来ますしアレルギー症状や花粉症の症状も緩和します。
その他にも善玉菌が増えて腸内環境が良くなれば便秘が改善されるので体内の老廃物を排出することが出来美肌効果も期待出来ます。
その他に乳酸菌の働きとしては生活習慣病の予防、アンチエイジング効果などもあると言われています。

死菌と生菌の相違

摂取した乳酸菌は生菌と死菌とに分けることが出来、生菌とは生きた状態で腸に届く菌で死菌とは胃酸、胆汁により死滅した菌です。生菌は腸内で善玉菌増加し腸内環境を改善する働きがあります。
死菌は食物繊維と同様の働きをして生菌により活性化した善玉菌が退治した悪玉菌を吸着して体外に排出する役割を担っています。
そうして生菌と死菌の両方の乳酸菌の効果により腸内環境は保たれます。
ただ乳酸菌は1度摂取すればいいといった類のモノではなく継続的に摂取する必要があるのでヨーグルト、乳酸菌飲料などを日常的に摂取するように心がける必要があると言えます。

『空腹』の場合

お腹がなっている『空腹』の場合、悪玉菌が抑えられて、善玉菌が繁殖してる時間です。

理由【空腹時に分泌した胃液で、腸内が酸性環境になる】

腸内にある悪玉菌が増えやすいのは、腸内環境が「アルカリ性」の時(です)。
悪玉菌は “酸性の環境” を嫌い、「アルカリ性」の時に増殖が活発になります。

一方、善玉菌が増えるのは、腸内が「酸性」の時(です)。

善玉菌は “酸性の環境” を好むため、「酸性」であればあるほど、ますます優勢に(なります)。

つまり、腸内を「酸性」に保ち、善玉菌が暮らしやすい環境を整えることが、
善玉菌を増やして、その働きを後押しすることになるのです。

からだに乳酸菌を増やしたらどんな健康効果がある?

体にいいと分かっているから、乳酸菌は誰もが取り入れています。

実際のところ乳酸菌を増やすことで、どんな健康効果を得られるでしょうか。

乳酸菌のはたらきとは?

乳酸菌はヨーグルトや乳酸菌飲料ではおなじみで、漬物といった昔ながらの食品にも多く含まれ、食品を発酵させる効果を持っています。

人体では腸内環境などの常在菌として、腐敗物質をつくらないことが特徴的でもあります。

乳酸菌食品を食べることによって、腸内の環境を一定の状態に保って、人間の健康を助ける大きな役割を果たしてくれます。

乳酸菌の働き

乳酸菌はヨーグルトや漬物など健康食品の発酵に寄与し、

腸の腸管内で腸内環境のバランス維持に貢献健康維持に役立っています

人に役立つ有用菌である善玉菌の代表格は乳酸菌ビフィズス菌です

乳酸菌やビフィズス菌は、

身体の健康維持に役立つ有用菌である善玉菌の代表であり、

腸内環境は弱酸性

善玉菌が生成する乳酸酢酸によって

腸内環境は弱酸性に保たれ、

悪玉菌の動きを抑えるほか

腸壁刺激で蠕動運動を活発にして便秘を改善する働きをしています

 

便通改善や促進効果を期待するために

乳酸菌・ビフィズス菌が多い機能性表示食品や健康食品、

発酵食品やヨーグルトを摂取して、

腸内フローラを善玉菌優勢なバランス構成にすることが大切です

乳酸菌 効果

乳酸菌によって腸の病気にならない効果
乳酸菌が少ない腸内では、つねに腐敗した物質がたまることになり、腸の蠕動運動もにぶって腸の能力が思うように発揮されづらくなります。

そのため慢性的な便秘になったり、過敏性大腸症候群にかかるといった弊害が発生しやすくなります。

腸内の環境の悪化は、全身的な影響としても出てきます。

吹き出物が多く出たり、体臭が強くなったりといったことです。

しかし乳酸菌を取るだけで、腸内の状態は劇的に改善して全身的な悪影響を排除することにもなります。

そのため乳酸菌を摂取する人のほうが体重を落としやすいという、ダイエットの効果もあります。
腸の本来の動きを助けるだけでなく、病気に対しても有効性が認められています。

乳酸菌を積極的に摂取している人は、そうでない人に比べて大腸がんになりにくいという研究結果も発表されています。

乳酸菌が腸内でがん細胞を増殖させない効果は期待することができるのです。

また、日本で蔓延している花粉症に対して、乳酸菌をよく摂取している人は、花粉症にかかりにくいという効果もあります。

こうした良い効果が得られるために、積極的に乳酸菌食品を摂っていくべきでしょう。

プロバイオティクス

・プロバイオティクスの乳酸菌が良い理由とは?
健康に良い乳酸菌ですが、乳酸菌にも弱点があります。

それは胃のなかに入ると胃酸によってほとんどの乳酸菌が消化されてしまい、腸にとどく乳酸菌がごくわずかであるという点です。

したがって普通の乳酸菌を腸内に正常にとどけるには、一定量の乳酸菌食品を取るということが不可欠なことでした。
そんななかでプロバイオティクスの乳酸菌は、生きたままの乳酸菌を腸内に届けることが可能な製品であり、乳酸菌食品のなかでも大きな地位を占めるようになりました。

生きたまま乳酸菌を用いることは、より腸内環境を正常化することに役立っています。

乳酸菌って何?腸内環境生息する腸内細菌である乳酸菌は整腸作用や免疫力などの健康効果

乳酸菌は発酵により糖から乳酸を産生します

乳酸菌は、ブドウ糖やオリゴ糖、乳糖などの

糖質を栄養にすることで発酵し、
代謝乳酸を産生する能力があり

生育に糖類やビタミンB群とアミノ酸とミネラルが必要な

善玉菌の代表的な細菌類の総称です

食品や飲料などから摂取して体内に取り込まれた乳酸菌(乳酸卓菌)は、

善玉菌の増殖を助け悪玉菌の増殖を抑制する整腸作用や、

免疫力を高めたりと、人間の健康な体を作る健康効果に役立ってくれています。

また乳酸菌

腐敗物質を産生せず悪臭を放たないものが乳酸菌され

600種類以上も存在しています

乳酸は、

  • 乳酸だけを作るホモ乳酸菌
  • アルコールや酢酸・ビタミンCなどを同時産生するヘテロ乳酸菌に分類されます

乳酸発酵は整腸作用や体を整える・・・

乳酸菌とは、ヤクルトやヨーグルトなどに含まれている健康食品というイメージが強いですが・・・。
近年、乳酸菌食品や乳酸菌乳酸菌を生きて腸まで届けるサプリを摂取して便秘など乳酸菌効果に期待する方が多くなっています。
乳酸菌の種類もたくさんあるのでサプリメントおすすめランキングもにぎわっているのが現状ですね・・・

乳酸というと、

  • α-ヒドロオキシ酸で不斉炭素をもち、
  • L-体D-体DL-体の3体があります。

L-乳酸(d-乳酸)は筋肉動物組織中に存在します。
L-乳酸は生物の解糖系の生成物の1つです。

急激な運動を行うと筋肉の組織内でエネルギー源として
糖が分解されピルビン酸を経て乳酸が蓄積します。
以上は乳酸についてですが、

乳酸発酵とは微生物によって乳酸を生成する発酵のことです。

1分子のブドウ糖から2分子の乳酸を生じるホモ乳酸発酵
乳酸の量が少なく他の物質も生じるヘテロ発酵があります。

ヘテロ発酵では、

  • 酪酸発酵、
  • アセトン発酵、
  • ブタノール発酵などかあり、

エチルアルコール、酢酸、蟻酸、炭酸、水素などを生じることも多いです。

両者とも人類の食生活において密接な関係があるものです。

ホモ発酵をする有用菌
ラクトバシルス属、
マンテロコッカス属、
ラクトコッカス属、
ペディオコッカス属の乳酸菌であり、

ヘテロ発酵をする有用菌
ラクトバシルス属、
ビフィドバクテリウム属(ビフィズス菌)
ロイコノストック属の乳酸菌です。

日本人と乳酸菌の関係や日本人に合う乳酸菌

乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。

チーズやヨーグルトなどに含まれて、
動物の乳糖のみを分解して乳酸を作り出す乳酸菌を動物性乳酸菌と言います。

また、味噌や醤油、漬物などに含まれていて、
ブドウ糖、果糖、シュ糖や麦芽糖など
多糖類多様のものを分解して乳酸を作る乳酸菌を植物性乳酸菌と言います。

どちらも、発酵食品に含まれています。

動物性の乳酸菌は他の微生物との共存はできません。

それに、なかなか贅沢で、
栄養の豊富なところにしか住めないのです。

弱く生きて腸まで到達することが難しい菌なんです。
私から見れば、
弱く情けない奴のようにも見えるのですが・・・

でも、死んでしまっても死骸自体が免疫活性要素として
有効活用できるということがわかってきています。

それに代わって、植物性の乳酸菌は、
様々な微生物と共存が可能なんです。

社交性がある奴ってことですよね。

それに、環境や栄養バランスが劣悪で
過酷な状況でも生息ができるんです。

凄く強い生命力です。
そのおかげで、
腸まで生きて届くことが多いのです。

私たちも見習わなくてはいけないですね。

そう言えば、随分人間も打たれ弱い、
適応能力が低いという風に変わってしまったように
私的には感じられるのですが・・・あくまでも個人的な意見です。

じゃあ、日本人には、
どちらの乳酸菌が合っているんでしょうか。

日本人は、古来より野菜それも根野菜や米などの穀物が主体の和食で生活してきました。
身体は長年の生活により、
それに適した身体の構造になっているのです。

考えようによれば、
生活に合わせて、
進化してきたということです。

これまでの日本では、
繊維質の豊富な野菜を好み、
食事に多く摂りいれてきました。

そのため、日本人の腸は消化に時間がかかる分、
長くなっているんです。

腸が長いというということは、
弱い乳酸菌では、
そこまで生きたまま届かないということです。

やはり、生きたまま届いて活発に活動してもらいたいのです。

胃酸や胆汁にやられてしまっては、
長い腸の奥までは到底むりむり。

忍耐力がない菌では日本人の腸には向かないでしょう。

そう考えれば、
やはり植物性の乳酸菌が日本人にはピッタリだと言えるでしょう。

日本の伝統食品の乳酸菌では、
ぬか漬けの漬物は1g中に約1億個以上の乳酸菌がいると言われています。

生野菜よりも栄養も高く乳酸菌も多く摂れます。

でも、浅漬けのもとなどの発酵しないものには、
乳酸菌の効果はないようです。

世界にも、
色々な発酵食品があります。

お隣の国、韓国ではキムチ、
中国ではザーサイ、
インドではカレーに添えるチャソネ、
ドイツではキャベツの漬物サワークラフト。

サワーブレッドというパンの一種は
ヨーロッパ各地で昔から食べられています。

ついつい乳酸菌と言えば、
ヨーグルトなどの動物性乳酸菌を思い浮かべますが、

植物性乳酸菌も古くから伝統食品として
世界各地に存在しており人々の生活に密着していることがうかがえます。

特に日本などは、
毎日、昔は味噌汁を朝食に摂っていたのですから、
それこそ生活そのものだったことがわかります。

やっぱり日本人には、
和食が合っているということかもしれません。