プロバイオティクス

プロバイオティクスと言われる

腸内フローラ腸内菌叢のバランスを改善する微生物の力を利用する

商品・食品が広く認知される時流が到来しています

プロバイオティクスの整腸cc作用は

驚くほど広範囲に及んでいます

血圧降下や糖質代謝改善をはじめ、

免疫調節から感染予防やアレルギー制御・発がん抑制・炎症性腸疾患など

抗生物質などの医薬品を利用するプレバイオティクスに対して

 

アトピーやアレルギーまで腸内環境に生息している腸内細菌の有用菌である微生物が、

常在菌として腸内フローラ・腸内環境の有用菌・有害菌バランスを改善し、

宿主の健康維持効果に寄与してくれているのです

 

つまり国連食糧農業機関FAO世界保健機関WHOの定義によると、

プロバイオティクスとは?
宿主の健康に利益を与える生きている微生物という事になります

国際生命科学研究機構ILSIの定義では:宿主に健康上の利益を与えるのに十分な量の生きている微生物を含む食品、
とあります

宿主とは?
人間のことですね・・・

こうして近年
腸の腸内細菌の有用菌・有益菌を改善する効果に期待して
ヨーグルト・乳酸菌・ビフィズス菌などが
腸内環境に効果のある食品として

オリゴ糖などを増加しお腹の便秘や整腸効果を改善する期待を込めて

利用されているのです・・・

 

プレバイオテクストは、オリゴ糖や良く持つ繊維など有用菌だけを増殖させる物質で生きた微生物を意味するプロバイオティクスと同時に摂取すると効果的な物質です

シンバイオティクスとは
プロバイオティクスとプレバイオテクストを同時にとる事です