ビフィズス菌 乳酸菌 違い

乳酸菌とビフィズス菌の違いって?

乳酸菌 ビフィズス菌
産生物質 乳酸 乳酸と酢酸
生息 人の小腸/自然界一般/乳製品・発酵食・人や動物の腸管内 人の大腸/動物の腸
酸素 酸素内で生息できる(適正嫌気性) 酸素あると生きれない(編成嫌気性)
乳酸球菌・乳酸卓菌 ビフィズス菌
有用菌・有益菌の1%未満 有用菌・有益菌の99%以上
整腸作用 普通 高い

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、酸素のない大腸に生息しています
糖を分解して
乳酸を産生し、腸内を弱酸性にして有害菌の増殖を抑制
さらに酢酸を産生して、腸壁を刺激するので蠕動運動を活発にしているのです
ビフィズス菌は腸内の整腸作用が大きい有用菌・有益菌なのですね・・・


有害菌が抑制され減少すると
アンモニア・ニトロソニアン・インドールなど有害物質が少なくなり下痢も改善されることになります

子供のころの整腸作用に利用した
ビオフェルミンは家近の薬剤師オススメだったので
子供の便秘や軟便には腸の調子もそれなりに
下痢生活に役立った思い出があります・・・

最近ではビフィズス菌を重視した多くのビフィズス菌サプリが
おすすめランキングで人気の理由がわかりますね・・・

加齢により有害菌が多く有用菌補給したい
腸内フローラの整腸効果や便秘解消の医薬部外品を求めると、
腸まで届くビフィズス菌のカプセルなどが有用菌として選ばれる傾向があります

生きたまま腸まで届き、
お腹の腸内環境で有用菌と言われる有益菌を
オリゴ糖と共に活性化し増やしてくれる乳酸菌が、
乳酸菌ビフィズス菌サプリメントランキングでも選ばれるている人気商品なので利用してみる価値はありますね・・・

乳酸菌とビフィズス菌の違い

腸内フローラのバランスを整えなくてはいけない、
有用菌を増やさなくてはいけない・・・
健康な腸内フローラのバランスを保つのは、健康にとってとても大切なこと。

しかし、現代人は日々たくさんのストレスにさらされており、
腸内環境を良好にするのはなかなか難しいのが現状です。

そこで、毎日の食生活で積極的に摂りたいのが、
腸内細菌の有益菌・有用菌である乳酸菌やビフィズス菌というわけです。

この乳酸菌とビフィズス菌の違いは分かりにくいですね?

意外と知らない、乳酸菌とビフィズス菌の違いとそれぞれの働きについて再確認。

乳酸菌とビフィズス菌

そもそも乳酸菌とビフィズス菌は、どちらも腸内細菌の有益菌・有用菌の一つに数えられるもの。
腸の運動を促してお腹の調子を整えたり、
免疫力アップにつながる働きをしたり…と腸内環境を整えてくれるのが有益菌・有用菌です。

スーパーやコンビニで見かけるヨーグルトやヨーグルト飲料にも、「生きて腸まで届く乳酸菌」「ビフィズス菌入り」などの文字がよく書いてありますよね。
ではそれぞれの違いについて見ていきましょう。

乳酸菌とは?

乳酸菌とは、乳酸を腸内で生成する細菌の総称です。
「乳酸菌である」と定義されるのは、消費したグルコースの総量に対して50%以上の乳酸を生成する細菌と決まっています。
乳酸菌が糖質を分解し腸の中で作り出すのが、乳酸です
(よく「筋トレなどのトレーニングをすると体に疲労物質として乳酸がたまる」と言われますが、
筋トレのときに発生する乳酸は、今回の乳酸とは別物と考えてくださいね)。

この乳酸は、腸内にもともと住んでいる有用菌のエサとなり、有用菌の増殖を促します。
また、有害菌は酸を嫌うため、乳酸が増えることによって有害菌を抑えるという効果も期待できます。さ
らに、免疫力を高めてくれるのも乳酸の役目です。
そしてもう一つ、ビフィズス菌を増やす効果も乳酸は持っているんです。
乳酸菌は人間の腸内はもちろん、お味噌やキムチなどの発酵食品、そしてヨーグルトなどの乳酸品の中にもたくさん含まれています。

ビフィズス菌とは?

一方、ビフィズス菌も乳酸菌と同じく、乳酸を作り出します。
しかし、乳酸菌が乳酸のみを生成するのに対し、ビフィズス菌は乳酸のほかに酢酸や葉酸、ビタミンB群まで生成するのが大きな特徴です。
この中でも特に酢酸は、乳酸よりも殺菌作用が高いため、酸性の環境を嫌う有害菌の増殖をよりおさえてくれる成分として知られています。
また、腸の中の有用菌のうち、乳酸菌は全体のわずか0.1%にも満たないのですが、
ビフィズス菌は全体の99.9%を占めており、その数は1兆〜10兆個にものぼります。

しかし、人間の腸内以外でも生息できる乳酸菌とは違い、
ビフィズス菌は酸素があると生きられないため、
ビフィズス菌が生息しているのは人間や動物の腸内だけ。

しかも、小腸には酸素が存在しているため、
ビフィズス菌が生息できるのはなんと大腸の中だけなんです
(ただ、酸素を遮断した環境であればビフィズス菌入りのヨーグルトを作ることは可能です)。

乳酸菌とビフィズス菌を積極的に摂ろう

ここまでで、乳酸菌とビフィズス菌の違いがおわかりいただけたでしょうか。
どちらも同じ腸内細菌の有益菌・有用菌であるけれども、
腸内での働きはそれぞれ少しずつ違います。

人間の腸内フローラのバランスは個々人で違っており、
腸内の有用菌と相性のいい乳酸菌・ビフィズス菌もあれば、
逆に相性のよくないものもあることがわかっています。

まずは乳酸菌・ビフィズス菌を毎日の食生活に取り入れ、
自分の体と相性のいいものを見つけましょう。

そして腸内フローラの理想的なバランスを維持し、
健康な体作りに生かしていきましょう。