ビフィズス菌ってどんな菌?
その凄さに迫ります!

誰もが一度は耳にしたことがある「ビフィズス菌」。
ビフィズス菌というとヨーグルトの中に多く含まれていて、
腸のためによい菌類であることは何となく知っていますが、
その正体や効能を明確に解説できる人は少ないのではないでしょうか。
そんなビフィズス菌について、
種類や効能・摂取方法など

ビフィズス菌の種類や効能・摂取方法など

【ビフィズス菌には種類があるの?】
現在ビフィズス菌は約50の菌種に分類されています。

ヒトだけではなくさまざまな動物の腸内に棲んでいますが、
圧倒的にヒトの腸内に棲むビフィズス菌の割合が高いです。

ヒトの腸内に棲むビフィズス菌種は他の動物の腸内にはおらず、
動物の腸内に棲むビフィズス菌種はヒトの腸内では見られません。

ヒトにはヒト、動物には動物に適したビフィズス菌があるということですね。

なお、ヒトの腸内から発見されているビフィズス菌は約10種類ですが、
実際に棲んでいるビフィズス菌の種類は個人差があるのも特徴です。

ヒトの腸内に棲むビフィズス菌で代表的なものでは
「ビフィドバクテリウムビフィダム」や
「ビフィドバクテリウムアドレッセンティス」などの種類があります。

【ビフィズス菌は人体にどう作用するの?】
まず、ヒトの腸内には善玉菌という菌が存在しています。

この菌は腸内環境をさまざまな面から正常に保つ働きをしてくれますが、
そんな善玉菌の99%以上の数を占めるのがビフィズス菌なのです。

つまりヒトの腸内における最も優勢な善玉菌ということです。

そしてビフィズス菌の注目すべき点は数の多さだけではなく
「酢酸」をつくり出すことができるところです。

この酢酸はとても強い殺菌力を持っており、
さまざまな病気のもととなる悪玉菌の生成を抑制してくれます。

善玉菌には他にも乳酸菌という菌も割合はわずかながら存在しますが、
乳酸菌は「乳酸」しかつくり出すことができず、
その殺菌力は酢酸にとても及びません。

また酢酸には炎症やアレルギーを抑える免疫細胞を増やす働きもあるとされ、
その結果下痢や便秘を防ぎ、
腸の正常な活動を支える主役とも言えるものなのです。

ビフィズス菌の少ない腸には悪玉菌が増え、
腸内には腐敗物が溜まり腸内環境が悪化してしまいます。

すると影響は腸以外にも現れ、
口臭や体臭・肌荒れにもつながってくるのです。

健康と美容のためにも、
腸内のビフィズス菌の量を多くすることが非常に重要ということになります。

【生きたままのビフィズス菌を多く含む食品って?いつ食べるのがいいの?】
実はビフィズス菌は加齢やストレスとともにその数を減らしていきます。

生後1週間ごろをピークとして離乳のころから減少が始まっていきます。

そのため、食事などで生きたままのビフィズス菌をできるだけ多く補うことが望まれます。

生きたままのビフィズス菌を多く含む食品としては「ヨーグルト」が有名ですが、
ここに落とし穴があります。

というのも、すべてのヨーグルトに生きたままのビフィズス菌が含まれているという訳ではないのです。

そのためパッケージに表示されている成分をよく見て、
生きたままのビフィズス菌を含んでいるヨーグルトを選ぶ必要があるということです。

あるいは、サプリメントによる摂取という方法も選択肢としてあります。

では、生きたままのビフィズス菌を含む食品を摂る場合に、
その効果をより高めるための食べ方はあるのでしょうか。

答えとしては「買ってからできるだけ早く、食後に摂る」です。

ビフィズス菌は生きているので、
購入してから日数が少なければ少ないほど元気な状態を保つことができます。

そして食後の摂取が望ましいのは、
ビフィズス菌が酸に弱いからです。

食後であれば胃酸の影響を軽くすることができるため、
生きたままのビフィズス菌をより多く腸内に届けられるのです。

あわせて、就寝後4時間以内に腸は活発に動くため、
夕食後の摂取はなお効果的とされています。

ちなみに、ビフィズス菌はある程度の期間は腸内にとどまって
体内によい影響を与えてくれますが、
その後は体外に排出されてしまいます。

そのため継続的に生きたままのビフィズス菌を摂取することがポイントとなってきます。
理想を言えば毎日、善玉菌を増やすための餌である食物繊維やオリゴ糖とあわせて摂取したいものです。

いかがでしたでしょうか?
ビフィズス菌がいかに腸内環境改善のために有効かおわかりいただけたのではないかと思います。
しかし腸内環境改善は本来ビフィズス菌だけに頼って行うものではありません。
悪玉菌を増やす原因となる肉類や脂分の摂取を控えたり、
規則正しい生活を送ったり、適度な運動をすることも重要です。
いくら生きたビフィズス菌を多量に摂取したとしても、
腸内環境が劣悪でビフィズス菌が生き残れなければ意味がないという訳です。

とにかく、体の健康を保つ上では「腸の状態」は無視できないほど重要です。

ビフィズス菌をはじめとした善玉菌を増やすことを心がけて、
理想的な腸内環境を作り上げていきましょう!