ヨーグルト

市販ヨーグルトで健康維持!

そんなヨーグルトはr1ヨーグルトから花粉症ヨーグルトまで

近くのスーパーでヨーグルト賞味期限見ての買い物に慣れてきましたね・・・

今やTV見てもヨーグルト作り方レシピが簡単に入手できます!

カロリー気にしながらヨーグルトダイエットも懐かしいです思い出?っていうか?いま真最中かも?

私なんかはl8020ヨーグルトが大好きだし・・・

風邪にはr1ってことくらい知ってますから( ^)o(^ )

おまけにピロリ菌にもヨーグルトだし、lg21 ヨーグルトらしいけど・・

玉ねぎ ヨーグルト今も作ってますね・・・

最初はブルガリア ヨーグルトに始まって今はヨーグルトメーカーで毎日作るのが日課なのです

最近、ガセリ菌 ヨーグルトて何か調べているところです

やっぱりヨーグルトは離せない存在になっています・・・が・・・

ヨーグルトって本当にいいの?ってチラッと思うんですが・・・?

乳酸菌サプリ

今花盛りの乳酸菌サプリが気になりますね・・・

ランキング観ても乳酸菌サプリの比較がズラーと並んでます!

私なんかは乳酸菌サプリおすすめに掲載されている乳酸菌サプリを選びがちですが・・・

人気ランキングにはc-23ガセリ菌とかアシドフィルス菌なんて見たことも聞いたこともない乳酸菌サプリがたくさんあります!

乳酸菌 サプリには、ほかにも善玉菌 サプリ,酪酸菌 サプリL-92乳酸菌 サプリをはじめ

スーパーのヨーグルトでなじみのあるクレモリス菌FC株(ブルガリアヨーグルト)ビヒダス サプリ森永 乳酸菌 サプリまでもう何が何だか分からないですね?

少し馴染めるのが善玉菌 サプリでしょうか?

結局、乳酸菌 サプリ 効果っていうのは腸内フローラの善玉菌を増やしてくれることが大切ですから・・・

便秘 乳酸菌なんて意味が分かりませんが、善玉菌 サプリなら善玉菌を増やしてくれそうですね♪

要するに腸内フローラに棲んでいる善玉菌や悪玉菌、それに日和見菌のバランス構成が重要ですから、

生きたまま乳酸菌ビフィズス菌を腸まで届けると、善玉菌である有用菌が増える!

生きていなくても乳酸菌生産物物質が腸内細菌のエサとなるから腸内環境バランス改善の効果が期待できるのですね・・・

確かに、それが事実なら脂質や糖分が多いヨーグルトがぶ飲みするよりましかもしれません!

そこにも腸内環境改善はヨーグルトVS乳酸菌サプリどっち?効果なし・・・それとも効果あり?ってことになるんだね・・・

さらに注目すべきはビフィズス菌サプリ!

ビフィズス菌は乳酸菌の100倍~1000倍も腸内フローラに棲息しています♪

大腸で有用菌として活躍するビフィズス菌を増やし腸内環境バランスを改善しましょう!

腸内環境改善

腸内フローラの腸内環境を改善したい! 腸内環境の改善に役立つのはヨーグルトか乳酸菌サプリか?

それともヨーグルト乳酸菌も腸内フローラ腸内環境のビフィズス菌も腸内環境改善効果ない?

腸内環境に最適な腸内細菌は人によっ違うらしい?

人によっては腸内環境改善効果があっても

他の人には腸内環境改善が全く見込めない効果なし!と言えるヨーグルや乳酸菌サプリがあるのですね・・・

乳酸菌サプリおすすめ鉄板はコレ!

★★★★★ ★★★★ ★★★★
ヘルスエイド® ビフィーナEX 善玉菌の力 アレルライトHyper
ビフィズス菌(ロンガム種BB536)100億個
アシドフィルス菌
ガセリ菌
オリゴ糖
クレモリス菌FC株(カスピ海ヨーグルトの生きた乳酸菌) リフレクト菌(T-21株)敏感な悩みに  
30日分30包3,980円 31粒入り円1550円 約30日分1,980円
132円/日(初回定期) 50円/日(初回定期) 66円/日(初回定期)

「ビフィーナRシリーズ」は21年連続売上No.1/21年連続シェアNo.1

※出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧1998~2018」機能志向食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2016年実績)ビフィーナRシリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む)

「ビフィーナRシリーズ」は販売実績『累計1,000万個突破』/愛用者数『96万人』

※ 出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 1998~2018」機能志向 食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2016年実績) ビフィーナRシリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む) ※ 旧商品も含めた1993年~2016年12月31日までのビフィーナRシリーズ愛用者・販売累計(森下仁丹調べ)

乳酸菌ビフィズス菌サプリ~ヨーグルト乳酸菌サプリメントが今大人気です!

腸内フローラ乳酸菌サプリ比較を見てみる

相性のいい乳酸菌を見つけて健康長寿

乳酸菌サプリ&ビフィズス菌サプリの違いは?

乳酸菌は乳酸以外に酢酸も作り大腸で生息

ビフィズス菌が腸内環境で一番多い

人間の腸内フローラで最も多いビフィズス菌は1~10兆個とも言われています

乳酸菌の数はビフィズス菌の1000分の1から100分の1程度なのです

乳酸以外にも酢酸を作ります

ビフィズス菌は主に大腸で生息し活躍してくれます

人間の健康に有用な有用菌であるビフィズス菌は

加齢やストレス・生活習慣などにより年齢と共に減少していきます

赤ちゃんのビフィズス菌は99%いじであったビフィズス菌は

年齢と共に次第に減少し、

還暦の60歳前後に達すると1%未満にまで大腸のビフィズス菌は減少しているのです

ビフィズス菌が減少は有用菌善玉菌の減少を意味し

悪玉菌である有害菌【腐敗菌】を大腸に増加させてしまいます

お腹の腸内環境で酢酸や乳酸を生成するビフィズス菌のおかげで

腸内環境は弱酸性に保たれ

酸性に弱い悪玉菌の増殖増加を抑制していてくれた有益菌であるビフィズス菌が減少してしまうと

悪玉菌が増加して、腐敗物資や有害物質を腸管内で産生してしまいます

その結果、腸内環境のバランスが壊れ腸内細菌叢も有害菌の比率が上昇してしまうのです。

腸内環境のバランス悪化は疾病の危険をはらんでいます

こうなると健康維持も困難になる可能性が発生します

腸内細菌のバランスを適正に維持することがさらに重要になるのです

乳酸菌の働き効果効能は近年飛躍的に解明

乳酸菌は健康を支えてくれる大切な存在です

乳酸菌が健康や美容に良い事はかなり知られており、

乳酸菌の働き効果効能は近年飛躍的に解明されています!

人々が日々の生活を健康的に過ごせる要因の一つとして、

乳酸菌の活躍が大いに関係しているのです。

乳酸菌効果

乳酸菌がもたらす効果は、

まず腸内環境の改善があります。

そして、血圧を下げてくれたり、

ダイエット効果や口臭予防もあるとされています。

しかし、一番私達の体に効果があるのは、

免疫力向上です。

免疫力を高める事が、

私達の健康を常に守ってくれるのです。

ヨーグルトを頻繁に摂取する事によって、

インフルエンザを予防している学校などがあるという話しは有名ですが、

それも乳酸菌が免疫力を上げてくれた結果なのです。

乳酸菌には、チーズやヨーグルトのように、

動物性の食品に含まれる動物性乳酸菌と、

味噌や醤油、漬物という日本食に多く含まれる植物性乳酸菌が代表的です。

乳酸菌は、食品の腐敗や微生物を抑えてくれる効果があり、

日本でも古くから保存食に多く利用されてきました。

また、酸味や香りで嗜好品としての美味しさも、

私達に提供してくれます。

プロバイオティクス&プレバイオティクス

生きたままの乳酸菌の事を、

プロバイオティクスといい、

オリゴ糖などが含まれている乳酸菌の事を、

プレバイオティクスといわれています。

これらの乳酸菌は、

様々なメーカーが研究し、

いろいろなヨーグルトや発酵食品に加工されるようになりました。

以前よりは、誰もが気軽に乳酸菌を摂取出来るようになったのです。

以前の研究では、

乳酸菌は生きたまま腸に運ばれ、

腸内で増殖するとされていましたが、

最近の研究ではそうではないという事が分かってきました。

生きたまま運ばれた乳酸菌は、

腸内で増殖するのではなく

腸内環境に生息している常在菌の

乳酸菌やビフィズス菌を活性化します。

乳酸菌の多くは、腸内に届く前に、

胃酸で消化されてしまい、腸内には届きません。

そして、加熱した乳酸菌にも

善玉菌のエサになる効果はありますので、

利用方法もバリエーション豊かになりました。

料理の隠し味としても、

醤油や味噌を使うというのは、

とても効果があります。

出来れば、毎食何かしらの料理に使う事が、

乳酸菌の一番良い摂取方法ではないかと思います。

ラクトバシラス属やビフィドバクテリウム属

体内にも乳酸菌が備わっている事が分かってきました。

それが、ラクトバシラス属と

ビフィドバクテリウム属といわれているものです。

これらは腸内常在細菌叢といわれ、

腸内フローラと表現されています。

腸内常在細菌叢をお花畑に例えた名称で、

腸内フローラのバランスが良いかどうかで、

腸内の健康が左右されるのです。

口腔内にも多くの細菌がある事は分かっており、

歯の表面への付着は少ないとされています。

乳酸菌をより効果的に摂取する方法もあります。

乳酸菌が豊富だからといって、

食べれば良いというものではありません。

食べる方法や、食材との組み合わせで、

効率良く乳酸菌を摂取する事が出来るのです。

特に洋食よりは和食を多く食べる方が、

乳酸菌を多く体に取り入れる事が可能になります。

日本の朝食は、

味噌や漬物など乳酸菌を含む発酵食品が多く、

効果的にとる事が大切です。

漬物には多くの乳酸菌が含まれていますが、

漬物の種類によって効果にも違いがあります。

ゴボウなどの食物繊維が多い野菜の漬物には、

糖尿病の予防に良く、

ぬか漬けは整腸作用がアップします。

塩分摂取に十分気を付ければ、

漬物は健康に良い食品といえます。

味噌にも乳酸菌が豊富ですが、

加熱しすぎない方が

味噌の栄養成分等を多く摂取できます。

味噌汁を作る時には、

沸騰しないように注意が必要なのですね・・・。

醤油には、

乳酸菌が持つリフレッシュパワーが多く、

魚の鮮度を守りたい時には大切な食品です。

更に、乳酸菌の力を手助けしてくれる

納豆菌が加わったら、

バランスの良い朝食の完成です。

ヨーグルトも、

乳酸菌を多く含む発酵食品で、

種類により効果の違いがあります。

肌荒れが気になる人は、無脂肪のタイプの プレーンタイプのヨーグルトが良いでしょう。

そこにビタミンCを含む果物が加わったら、

理想的なヨーグルトだといえます。

便秘に悩んでいる人は、

原材料に寒天を使用している

ハードタイプのヨーグルトが向いてます。

ヨーグルトは腸内フローラの

腸内細菌バランスを整える優れた発酵食品で、

カルシウムも豊富で骨粗しょう症に悩む女性に、

おすすめしたい乳酸菌ですね。

腸内の老化を防ぎ、

食生活の乱れやストレスなどで弱くなった腸を強くしてくれる効果があります。

ただ、血圧やコレステロールが高い人は

乳脂肪が少ないタイプのヨーグルトを食べる方が健康には良いと思います。

ヨーグルトにはオリゴ糖が豊富なハチミツをかけたくなりなす。

乳酸菌とオリゴ糖はとても相性が良いのですが、

ハチミツによっては気を付けなければいけないハチミツもあります。

マヌカハニーのように、

あまりにも殺菌効果が高いハチミツを使うと、

せっかくの乳酸菌も、

その効果が半減してしまう可能性があります。

どちらも健康にはとても良いとされているのですが、

一緒に摂取するのは待った方が良いと思います。

乳酸菌といえども、

細菌なので、

マヌカハニーのみならず、

あまりにも殺菌効果が高い食品とは

同時摂取しない方が良いでしょう!

ですが、忙しい日々の中では

どうしてもバランスの良い食生活を心掛けるという事は難しいと思います。

食事の時間も不規則になるという事も少なくはないことだと思います。

最近では、乳酸菌が豊富に含まれている飲料や

チョコレートの類いも発売されています。

簡単に食べられる物ばかりなので、

仕事や家事の合間に細めに食べるというのも、

良い摂取方法だと思います。

特に、化学的根拠がある特定保健用食品(通称トクホ)は、

食品の機能表示が正式に認可されています。

これらは、あらゆる研究のもと、

血圧やコレステロールの低下が証明され、

春になると様々な人がその症状に悩まされる

花粉症やアトピーなどのアレルギー症状にも改善効果が期待できます。

これらの症状に悩んでいる方は、

積極的に摂取する事が良いかもしれませんね・・・。

自分の体調や、

好みにあわせた乳酸菌を、

出来るだけ毎日とるという事が何よりも大切です。

肉類や脂肪の多い食べ物は、

いわゆる悪玉菌を作り出します。

そして、体内で悪玉菌が増えてしまうと、

悪臭の原因になります。

悪玉菌の増えすぎは健康に悪いことは確かです。

食生活で乱れた健康を正しく戻してくれる働きをするのが、

乳酸菌によって作られた善玉菌なのです。

善玉菌をいかに増やすか?

健康を守る為にはとても重要です。

加熱しすぎてはいけないものや、

殺菌効果が強すぎる食品もあります。

これらをよく考慮して、

毎日の食事を考える必要があります。

どんな食材を、

どういう調理法で食べるかという事をきちんと調べた上で、

健康に良い食生活を送るのが、

とても大切な事でしょうね♪

ページの先頭へ