乳酸菌サプリで腸内フローラー腸内環境の腸内細菌バランスを改善!

乳酸菌やビフィズス菌増やしたい!

腸内環境の有益菌を多くして有害菌の勢力バランスを減少させる必要があります。。

体にとってとても良い乳酸菌とは?

乳酸菌が体に良いということを聞く機会が多いです。

乳酸菌飲料などでおなじみ乳酸菌ですが、

具体的に詳しくその効果など解説します。

そもそも、乳酸菌とは?

乳酸菌は、オリゴ糖など糖分や水溶性食物繊維をエサに利用して増殖します。

そして代謝によって乳酸を作り出す細菌類の総称です。

乳酸菌は、乳酸菌飲料、サプリ、薬やカプセルで知られており、

自然界に広く存在している細菌です。

有益菌で人間の体内に住み着いているのは、

乳酸菌や各種のビフィズス菌、乳酸桿菌(ラクトバチルス)のアシドフィルス菌、

腸球菌の一種であるエンテロコッカス属に分類されるフェカーリス菌などです。

これらは善玉菌とも呼ばれており、

悪玉菌と対照的に、体にとって良い働きをします。

体にとって良い働きをプロバイオティクスと呼んでいます。

プロバイオティクスという働きを目的として、

乳酸菌はさまざまなところで使われているのです。

乳酸菌は

多様な働きをしていることでも知られていて、

乳酸菌入りのサプリメントや食品、乳酸菌飲料などより、

さまざまな効果が期待できます。

乳酸菌を摂取することで、

腸内に住んでいる乳酸菌やビフィズス菌を増やすことができます。

腸内の有用菌などを増やしていくことができるのです。

つまり、悪い菌を減らし、良い菌を増やすことが出来ますので、

それだけ体にとって良いといえるでしょう。

さらに、乳酸、酢酸を産生してくれる働きもあり、

腸の蠕動運動を促進してくれます。

腸内運動が活発となり便秘が改善したり、

便通が良くなることにも繋がるのです。

有害菌の増殖を抑制する働きもあり、

免疫力もアップします。

乳酸菌が含まれている食品が多くあります。

はっ酵乳のヨーグルト・乳酸菌飲料、チーズ、バターなどです。

乳を乳酸菌で発酵しています。

しかし、はっ酵乳以外にも、

たくさんの食品が実はあります。

それには、代表的なものとして、

漬物、味噌、そして醤油、キムチなどといった加工品があります。

実はこれらのものにも、乳酸菌が含まれているのです。

さらに、食品によって使われている乳酸菌の種類なども異なります。

乳酸菌飲料のカルピスやヤクルトなどに

含まれている乳酸菌は異なります、

ヤクルトは生きた乳酸菌であるシロタ株です。

発酵食品は、

乳酸発酵によってつくられ独特の風味や

乳酸菌の働きで保存性に優れ、

長期保存が出来る特徴があります

また、乳酸発酵によって、

食べ物は消化吸収されやすい形になっています。

乳酸菌を摂取する上で、

いつ飲むべきかと考えている方も多いです。

乳酸菌を摂取・飲むタイミングは、

腸まで届くタイミングで飲む必要があります

胃がからっぽの状態で飲んでしまうと、

胃酸によって乳酸菌が死んでしまいます。

このため、食後のタイミングで服用すると、

より効果的になります。

たとえば、カプセルやサプリメントなどは、

食後に飲むことで、飲み忘れも防ぐことが出来、

腸まで届くことになりますので、

その効能を発揮することが出来ます。

乳酸菌は整腸剤のような役割を果たしてくれると言えます。

腸まで生きた生菌が届くかどうか?

は大切な条件なのです。

また、摂取した乳酸菌は、

腸内で1週間ぐらいしか生きることができません。

常在菌なら腸内で増殖をしますが、

摂取した乳酸菌は死滅後

排出されます。

このため、乳酸菌は毎日のように取り続ける必要があるのです。

さらに、ストレスだったり、

アルコールなどの取りすぎ、加齢などによって、 腸内の善玉菌はどんどん失われてしまいがちとなってしまいます。

このため、毎日のように、乳酸菌を摂取することによって、

健康を維持することが出来ます。

また、代表的なチーズや、ヨーグルトなどは

カルシウムといったその他の栄養素も豊富に含まれていますので、

不足しがちな栄養素を補うことも出来るのです。

腸内にはたくさんの悪玉菌が生息しています。

腸内細菌は約100種類も存在しており、

さらに1000兆個の細菌がいます。

健康を害するような悪玉菌も多いので、

いかに増やさないようにすることが大切です。

善玉菌である乳酸菌を摂取することによって、

悪玉菌の比率が減ることになります。

すると、悪玉菌が暴れ回ることが少なくなり、

免疫力がアップすることに繋がるのです。

善玉菌が優勢となり、

その他の栄養成分も吸収しやすくなるメリットもあります。

乳酸菌を体に取り入れることによって、

さまざまな効果が期待できるといえるでしょう。v 乳酸菌を日常的に摂取することで、

アレルギー症状などが改善されることもあります。

腸内環境の免疫力が正常に働くことで、

辛いアレルギーなどを緩和することが出来たりします。

アトピーなどの症状が改善したり、

季節ごとの花粉症などで悩んでいる方は

これらの症状が治まる可能性があると考えられています。

また、乳酸菌を摂取することは、

便秘改善にも繋がります。

腸の働きが正常化して、

余分な有害物質や不要物などを排出することができます。

腸内がキレイになり快便に繋がります。

乳酸菌を摂取することによって、

美肌効果も期待できます。

悪玉菌を排出することが出来まるで、

有害物質が減少して

お肌にとっても良い効能があります。

乳酸菌を摂取する上で、

過剰摂取を心配される方もあります。

しかし、乳酸菌は多少多く摂ったとしても、

自然と排出されるので、

過剰摂取になってしまったり、

副作用が現れるということはありません。

多く摂り過ぎたとしても、

腸内細菌数は一定の菌数以上増えないので、

安心といえます。

体にとって良い乳酸菌ですが、

ぜひ毎日の食事などに取り入れてたいですね・・・。

森下仁丹 ビフィーナsで腸内環境を良好に。

森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナsは、ビフィズス菌を使用したサプリで、おなかの調子を整えたい方におすすめの、機能性表示食品です。

機能性表示食品とは、サプリメントなどの製造事業者の責任において、科学的根拠を基にして、商品パッケージにその商品の機能性を表示することを、消費者庁に届け出された食品をいいます。

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)には、腸内の細菌フローラを良好にして、便通・軟便などに対して、優れた機能を発揮するものとされています。

そもそも、私たちの腸の中には、たくさんの細菌が住んでいて、その数は約100兆個、種類も1千種類程度いるのではと言われています。

腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、どちらにもつかない日和見菌に分類され、これがそれぞれ一定割合でいることが、便の状態を安定させ、お通じを良くし、免疫機能の向上にもつながってくるのです。

どれか一方に偏ると、後述のように、おなかの調子がおかしくなります。

私たちが日々つい溜めてしまうストレスや、肉食中心で野菜の不足した偏った食生活、運動不足などで、腸内の細菌が、たとえばウェルシュ菌などの悪玉菌優位になると、下痢やにおいのきついおならがよく出るなど、便や腸内のガスの性状が通常のものとは異なってきます。

便やおならは、腸内の様子をあらわす鏡、バロメーターと言えるでしょう。

ビフィズス菌は、赤ちゃんの頃には、腸内細菌のうち多くを占めているのですが、

加齢とともに減少して、成人では全体の1割程度まで減少してしまうと言われます。

ヨーグルトやサプリメントなどで、積極的にこれを摂取していく事が推奨されています。

森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナsに含まれているビフィズス菌は、一般的に有用菌と言われ、腸内環境を整える作用に期待できると言われます。

50億個のビフィズス菌の継続的な摂取により、便やおならのにおいの原因にもなる便中アンモニアが減少したとのデータもあるようで、ガスのにおいが気になっている方にもおすすめです。

病院などで、下痢や便通の際に処方される「整腸剤」も、乳酸菌由来の製剤が使用されており、古くから乳酸菌は、おなかの環境を整えるものとして知られ、用いられてきました。

最近は、プロバイオティクスという言葉が有名になりました。

腸に良い、生きた細菌を積極的に摂取することで、腸内環境を整えることをいいます。

この製品に入っているビフィズス菌(ロンガム種BB536)も、プロバイオティクス乳酸菌のひとつです。

一方、細菌は、一般に酸に弱いことで知られています。

私たちの身体は、たとえば風邪のウイルスや細菌(アデノウイルス、ライノウイルスなど)から身体を守るため、

また、食べ物を消化するために、胃の内部を強い酸(水素イオン濃度=PH1程度)で覆い、私たちの身体を守っています。

このような酸にそのまま触れると、口から摂取した乳酸菌は、仮に腸に到達しても弱ってしまうか、死滅してしまいます。

実験結果で、胃酸と同様の酸性の液体に暴露された乳酸菌が生き残る割合は、0.00007%以下、つまり99%以上が死滅してしまうといわれています。

この点、森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナsは、三層構造のダブルプロテクトカプセルで胃酸から乳酸菌を守り、PH1.2程度の酸性の人工胃酸の中に2時間晒す実験で、9割程度の乳酸菌が生存していることが確認され、生きて腸まで届きやすいことが実証されています。

乳酸菌が腸まで生きて届けば、乳酸菌は小腸でとどまり、ビフィズス菌が産生する乳酸や酢酸で腸内を酸性に保つことで、ほかの細菌の腸内におけるバランスを調整し、腸内細菌フローラを改善してくれることが期待されます。

実際の実験で、20億個のビフィズス菌を毎日定期的に摂取することにより、当初23.1%だったビフィズス菌の占有率が、平均34.4%まで上昇し、ビフィズス菌が腸内に定着したことを示すデータもあるようです。

森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナsは、ビフィズス菌が50億個入ったサプリメントです。

30袋入りで、一箱に1ヶ月分が入っています。

1日に一袋摂取するだけで良いですし、また、オリゴ糖などの糖をベースに作られており、気軽に摂取することができます。

ビフィズス菌のほか、腸内細菌のバランスの改善に有用とされる、アシドフィルス菌やガセリ菌も入っていて、優れた整腸作用を期待できます。

ビフィズス菌の摂取は、すぐに効果がでるものではなく、毎日定期的に続けることが大切です。

その意味で、一日1袋でよく、1回缶ジュース程度の気軽な価格で摂取できる森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナsは毎日続けやすく、おすすめの商品です。

健康維持には、バランスがよく、栄養のある食事をとる事が基本です。

また、日々の継続的な運動も欠かせません。日ごろの生活で摂取が難しい乳酸菌を森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナsで摂取することで、健康維持のサポートをしてくれます。

森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナsについて

いろいろなサプリが世の中にはたくさん提供されており、それぞれの用途に合わせてそのサプリを使用することができます。

今回はいろんなサプリがある中から森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナsについて紹介

森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナsは生きたままのビフィズス菌が含まれています。

そのため、このサプリは腸内の働きを良好にして便通を改善する働きがあると言われています。

・ビフィズス菌とは

森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナsの中にある、ビフィズス菌は私たちの体内にある菌と言われています。

ビフィズス菌の種類も約30種類と豊富であり、腸に対して有益な作用をもたらしてくれるということから注目を浴びています。

お腹にビフィズス菌がいることで、乳酸や酢酸などの有機酸の産生量が腸管内で増加して腸内フローラが良好な状態となります。

有機酸の生産量が増加すれば腸管の蠕動運動を促進するので、便通が改善されると考えています。

そのため、有機酸を増加させるためのビフィズス菌の働きはとても重要なものだと言えます。

・ビフィズス菌はどのように減少していくか

おなかの健康を守る点でビフィズス菌は大事なのですが、年齢が高くなっていくとビフィズス菌の数もだんだん少なくなっていきます。

生まれた時は腸内細菌の99%とほぼビフィズス菌が占めているのですが、成人になれば約10%まで減っていき、60歳を過ぎれば1%以下にまで落ちてしまいます。

そのため、年齢が高くなっていくにつれてビフィズス菌の補充はとても重要になっていきます。

また、年齢だけが問題では無く食生活の乱れや、過度なストレス、運動不足によってもビフィズス菌は減少していきます。

大人になるにつれてストレスなども増えていくので、腸内のバランスは崩れていきやすくなります。

このような原因によってビフィズス菌は体内からどんどん減っていきます。

・森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナsの効果とは

腸内環境を整えるためにビフィズス菌はとても重要だと分かりますが、森下仁丹 ビフィーナsのサプリによって、どのような効果が得られるのかというと、まずは排便回数に変化が現れます。

普通の人の2週間あたりの排便回数を見てみると8.4回という排便回数になっていますが、ビフィズス菌を含むヘルスエイドビフィーナsでは9.6回という回数に変化します。

これはバランスビフィズス菌を取り入れているため、腸内の有機酸が増加して便通が良くなったための変化だと思います。

また、森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナsを飲んでいるとビフィズス菌の量も変化します。

普通に対照食品摂取期の人だと体内のビフィズス菌の量は23%ほどですが、ヘルスエイドビフィーナsを摂取している人はビフィズス菌が34%と10%以上も効果が上がります。

このように体内でのビフィズス菌の量も増やすことができると分かります。

また、アンモニア量も変化があります。

普通の人の便1gあたりのアンモニア量は大体33.3ということですが、ヘルスエイドビフィーナsを摂取すると、24.5にまで減少するので、アンモニアの量も10近くまで変化します。

このように森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナsは腸内の働きを良くする効果があることがデータからも読み取ることができます。

・森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナsはなぜ効果が出るのか

このサプリだとなぜ腸内に良い効果をより発揮することができる理由は生きたままビフィズス菌を腸へ送り込むことができるからです。

ビフィズス菌のほとんどは腸へ到達する前に胃液で死んでしまいます。

そのため、腸へ到達する数は少ないのですが、森下仁丹の場合はハイパープロテクトカプセルというものでビフィズス菌を守ることができ、含まれているビフィズス菌の約90%のビフィズス菌が生きたまま腸へ到達することができると確認されています。

森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナsは商品によって、含まれているビフィズス菌も変化します。

25億含まれているものや100億含まれているものもあります。

これほど多くのビフィズス菌が含まれていて、多くが腸内に到達が期待できるなら、腸内の環境が良くなることも理解することができます。

・まとめ

森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナsは、腸内環境を整えてくれる効果が高いことが分かります。

腸内のビフィズス菌も増やすことができるので、アンモニア量や排便回数に大きく変化が見られます。

今腸内の調子が悪くて腸内環境を良くしたい方はぜひ使用してみると良いと思います。

特に便通が良くない気味な人にはぜひ試してもらいたいサプリと言えます。

毎日飲むことで、きっと体の腸に対して良い効果が得られる期待がある思います。

ただ、効果はサプリとして期待することができますが、効果に大小は人によって異なる場合もあります。

また、しっかり1日の摂取量も守って使用していくことが必要です。

腸内環境を良くすると言われる森下仁丹 ヘルスエイドビフィーナsをぜひ気になる人は一度試してみてください。

腸内フローラ乳酸菌サプリおすすめ人気ランキング

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

森下仁丹の「 ヘルスエイド ビフィーナS」

価格 5.0
人気 5.0
おすすめ 5.0
特別価格:
2,980円(税込)
初回限定
約23%OFF(送料無料)お一人様1個限り
ビフィズス菌(ロンガム種)が50億個、 乳酸菌は10億個配合! ビフィズス菌の生存率は、なんと約90%! ビフィーナは自然で腹痛もなし! 乳酸菌は体を冷やすが冷え性&IBSでも安心! レモン風味の水なしで飲める味しい味!
  • 乳酸菌健康食品部門で20年連続シェアNO.1  ※ 出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 1998~2017」機能志向食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2015年実績) ビフィーナシリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む)
  • 販売実績累計1,000万個突破 愛用者数96万人  ※ 旧商品も含めた1993年~2016年12月31日までのビフィーナRシリーズ愛用者・販売累計(森下仁丹調べ)
  • 生きたまま腸まで届くビフィズス菌!
    胃酸に強い効果 とオリゴ糖で健康維持スッキリ 毎日補給すれば、体内の腸内環境に生息するビフィズス菌は増える! 飲みやすい 、毎日手軽に取りやすい ! ビフィズス菌・・・森下仁丹の「ヘルスエイド ビフィーナ」シリーズ 今一番の人気で安心オススメ乳酸菌サプリです♪ 胃酸に負けず腸まで届くビフィズス菌ですから・・・ 「ヘルスエイド ビフィーナS」は 成分の安全性/機能性の科学根拠/生産・品質管理基準などの 条件を満たした機能性表示食品です。

    商品詳細を見る

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    善玉菌の力

    ランキング 5.0
    口コミ評判 4.5
    おすすめ 5.0
    23%off通常価格2,550円が⇒1,550円税込(送料無料) 善玉菌の力カスピ海ヨーグルトの乳酸菌 いま大人女性注目!乳酸菌クレモリス菌FC株 パワーの秘密は強力なネバリはカスピ海ヨーグルトの生きた乳酸菌クレモリス菌FC株を1粒に20億個以上凝縮!ヨーグルトより低カロリー1粒たったの0.71Kcalでカルシウム70㎎をプラス、食物繊維も配合 こんな悩みありませんか! ・体系キープが希望・・・ ・ポッコリが気になる ・ヨーグルトのカロリーが気になる ・モヤマヤの悩みスッキリしたい それは腸内環境の善玉菌不足かもしれないですよ♪ 毎日手軽に飲める体の中から整える力

    善玉菌の力の詳細を見る

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    アレルライトハイパー 日清食品

    ランキング 5.0
    口コミ評判 5.0
    おすすめ 5.0
    定価4600円税抜を⇒毎週先着1000名様限定!初回限定価格:980円 送料無料! 日清食品刺激に負けたくないあなたへ! 食物性由来のリフレクト乳酸菌(T-21株)配合! 体の内側からケア!しつこいツラさをスーッとラクに、アレルライトHyperはヨーグルトにもあたる乳酸菌配合!ツルコケモモを独自に研究体験者94.4%が満足! たった2粒にヨーグルト約50kg分にもあたるの乳酸菌5,000億個を配合【アレルライトハイパー】! その働きとは?①心地よい季節なのに息苦しい ②季節の変わり目、ボーッとして仕事も家事もダメ ③ヨーグルト毎日食べたが続かない 敏感トラブルに立ち向かう力を! 日本の自然由来の植物性乳酸菌を充実配合!栄養機能食品(皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素ビオチン配合)で続けやすい習慣の表示対象27品目アレルゲンフリー

    アレルライトハイパーの詳細を見る

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    カイテキオリゴ

    ランキング 5.0
    口コミ評判 4.5
    おすすめ 5.0
    23%off通常価格2,838円税別が⇒1,419円税別 カイテキオリゴカイテキオリゴ 一般的なオリゴ糖は1種類のオリゴ糖だけで作られています。 しかし、腸内のビフィズス菌は30種類以上も存在しており それぞれにオリゴ糖との相性があります。 だから『カイテキオリゴ』は、独自の「EOS理論」に基づき 複数のオリゴ糖を組み合わせることで30種類以上の ビフィズス菌のほぼ全てを まんべんなく活性化することに成功。 さらに、粉末のオリゴ糖なのに「かたまらない」! 使い勝手にも徹底してこだわって開発されています。 『カイテキオリゴ』は北海道のてん菜や牛乳といった、 すべて自然由来の素材から抽出した 高純度・高品質なナチュラルオリゴ糖食品です。 赤ちゃん、妊婦さん、ご高齢の方まで ご家族皆様で安心してお召し上がりいただけます。 カイテキオリゴ

    カイテキオリゴの詳細を見る

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    健康維持に重要な腸内環境改善ビフィズス菌の活性化と増殖!

    生きたまま腸まで届くビフィズス菌サプリの腸内環境改善効果に期待!

    近年注目の腸内環境改善に役立つビフィズス菌おすすめランキングが人気!

    腸内フローラ腸内環境改善ビフィズス菌が人気!

    腸内環境改善とビフィズス菌効果が注目されています

    ビフィズス菌の情報

    腸内環境改善ビフィズス菌サプリの情報

    ビフィズス菌サプリおすすめ腸内環境改善ビフィズス菌ランキング!

    腸内フローラ腸内環境改善人気おすすめビフィズス菌サプリの情報

    腸内環境改善ヨーグルトと腸内環境改善ビフィズス菌サプリメントどっち

    腸内環境改善 ヨーグルトサプリ乳酸菌ビフィズス菌サプリ|腸内フローラ人気No1便通効果ビフィズス菌サプリおすすめランキング

    生きて腸まで届くビフィズス菌ヨーグルトサプリの選び方! ビフィズス菌(ロンガム種)50億個が

    大腸に届く人気のビフィズス菌サプリを利用したくありませんか?

    乳酸菌健康食品部門で20年連続シェアNO.1 ※1

    ※ 出典:富士経済「H・B フーズマーケティング便覧 1998~2017」機能志向食品編整腸 効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2015 年実績) ビフィーナ®シリーズ全体での売り上げ (旧商品も含む)

    販売実績累計1,000万個突破 愛用者数96万人 ※2

    ※ 旧商品も含めた 1993 年~2016 年 12 月 31 日までのビフィーナ®シリーズ愛用者・販売 累計(森下仁丹調べ)

    「ヘルスエイド ビフィーナS」

    生きたビフィズス菌(ロンガム種)が含まれ、腸内フローラを良好にし便通を改善する機能があることが報告されています。

    生きたまま腸内フローラまで届くビフィズス菌サプリで健康を維持!

    ビフィズス菌が生きたまま腸内フローラまで届くビフィズス菌

    ビフィズス菌は善玉菌の約99.9%を占め体内環境を活発に健康維持しています

    胃酸に負けないビフィズス菌サプリで腸内フローラ のバランスを優勢にしましょう!

    自分にあったサプリを見分けるのは難しいと言われていますが・・・・?
    乳酸菌健康食品部門で20年連続シェアNO.1 ※1を誇っているビフィズス菌サプリを試せば結果が見つかるかも知れません♪ ※ 出典:富士経済「H・B フーズマーケティング便覧 1998~2017」機能志向食品編整腸 効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2015 年実績) ビフィーナ®シリーズ全体での売り上げ (旧商品も含む)

    毎日手軽で優しく飲みやすいビフィズス菌ヨーグルトのビフィズス菌サプリ!

    ビフィズス菌サプリは手軽で飲み易いですよ!

    発酵乳やヨーグルト乳酸菌飲料・チーズ・漬物・味噌・醤油・日本酒など・・・

    ヨーグルト乳酸菌が含まれる食材の役割は健康な身体の免疫力維持などたくさんあります。

    昔の人は乳酸菌の性質をうまく利用してきました。

    乳酸菌は健康維持に関連性があることを代々人々は知っていたのです!

    腸に届く乳酸菌って?
    乳酸菌はすべて腸に届くのですか?
    ヨーグルト乳酸菌は胃酸に弱いから、ほとんどの乳酸菌は死滅してしまうのです!
    ビフィズス菌サプリ

    腸内環境を整えるビフィズス菌サプリおすすめです

    有用菌の99%ビフィズス菌が生きたまま腸まで届く胃酸に強い乳酸菌サプリメントやオリゴ糖で健康維持スッキリしましょう!

    女性に人気ビフィズス菌サプリランキング売れ筋一番がわかります♪

    テレビ放映の腸内フローラ番組や話題の腸内フローラTVの紹介も多数掲載中!

    ビフィズス菌サプリの長所は胃酸に打ち勝ち腸まで届く乳酸菌の魅力ですね

    体内環境は腸内細菌で決まると言っても過言ではありません

    とにかく腸の汚れ・・・有害菌を減らし有用菌を増殖活性化させる必要があります

    有用菌はカラダの健康維持を予防する働きがあります

    脳と体内環境の老化の鍵は腸内フローラが大きく関与していることが、近年の科学研究でクローズアップされています

    最新の科学研究結果のデーターに基づいた腸内フローラ改善の方法は広く公開されるようになりました

    乳酸菌の科学はこの5~6年で飛躍的な成果を公表しています

    コンピューターとそのデータ解析が進化しているのです

    細菌では腸内細菌の種類は1000種類以上

    腸内細菌の数は1000兆個以上と言われています

    その重量は約1.5KGと膨大な量です

    毎日排出する大便の1/3は腸内細菌ということになります

    毎日よくない状況なら、これらの細菌の残骸を溜め込んでいることになります

    もっと言えば、これら腸内細菌の種類の中には、まだ未発見のものも対象に存在すると言うことです

    腸内フローラの全細菌の種類の詳細が解明されているわけではありません

    ある意味、まだ腸内フリーラ解析の黎明期であるかも知れないのです

    有害菌は健康を損なわせる働きを持った大腸菌や食中毒菌など、増殖することにより健康を害する危険を秘めた腸内細菌叢です

    これら有用菌と有害菌の比率は2:1のバランスを保つ必要があります

    腸内フローラ叢と言われるお花畑のように腸内細菌は種類ごとにフローラ叢のの状態で体内環境に存在しているのです

    この腸内フローラには有用菌と有害菌、日和見菌がそれぞれ。2:1:7の比率で構成されている状態で健康維持していることになります

    問題は日和見菌と言われる腸内細菌の7割を占めている腸内細菌の動向なのです

    日和見菌は、有用菌優勢なら有用菌になり、有害菌優性なら有害菌になるカメレオンのような存在なのです

    したがって日和見菌が有害菌の味方をしないように、有用菌を増殖活性化させる必要があるのです

    ところが、有用菌の大半はビフィズス菌で占めており、

    ビフィズス菌は赤ちゃんの時の数値を100%とすると、

    60歳くらいの加齢を減る頃には僅か1%程度しか存在しない状況になっているのです。

    このビフィズス菌減少対策としてビフィズス菌サプリや乳酸菌含有食品を摂取する必要性が存在するわけです

    ビフィズス菌は有用菌です

    乳酸菌はヨーグルトなどで摂取できるので、日本中いたるところでスーパーの陳列棚には、ヨーグルトが並んでいます

    それぞれの商品メーカーでの有用な乳酸菌の研究開発の成果が、スーパーに並んでいるヨーグルト商品なのです

    もちろん毎日必要な乳酸菌ビフィズス菌をヨーグルトで全て補給でできればいいのですが・・・

    でも、本当に毎日必要な乳酸菌ビフィズス菌は想像を超える量が必要みたいです。

    そうなると、毎日低価格で摂取できるビフィズス菌サプリも悪くないと、思えてきます

    お買い物に毎日いかなくても、ビフィズス菌サプリなら僅か1~2粒カンタンに飲むだけですから・・・

    ページの先頭へ