乳酸菌は糖を利用して乳酸などの酸を作る細菌です
乳酸菌とは糖類を分解し乳酸を作る作用がある細菌の総称で、穀類、腐敗した牛乳などに存在しています。

現在では人工培養し乳酸発酵、ヨーグルト、チーズを作るのに使用されています。

また乳酸菌は善玉菌の代表格でもあり、人の腸内には善玉菌、日和見菌、悪玉菌が存在しそのバランスにより腸内環境が決定します。

人間の体は加齢と共に乳酸菌の量が減ってしまうので食品から摂取し腸内の善玉菌の量を積極的に増やす必要があると言えます。

乳酸菌は自然界に広く存在します

腸内環境に生息する乳酸菌は乳酸菌やビフィズス菌など有用菌を増やします

善玉菌と悪玉菌

さらに腸内細菌には『善玉菌(乳酸菌)』『悪玉菌』、『日和見菌』日和見菌に分かれ
片方が増えれば、片方が減る性質を持っております。

日和見菌は中立な役割をしており、善玉菌か悪玉菌のどちらか優勢なほうに味方をする性質が
あります。

その中で腸内の中では善玉菌と悪玉菌との『陣取り合戦』
を腸内では日々繰り広げております。

乳酸菌の働き

乳酸菌を摂取すると体内で乳酸菌は善玉菌の増殖をサポートし、免疫組織を刺激することにより免疫力がアップします。
だからウイルスに強い体になることが出来ますしアレルギー症状や花粉症の症状も緩和します。
その他にも善玉菌が増えて腸内環境が良くなれば便秘が改善されるので体内の老廃物を排出することが出来美肌効果も期待出来ます。
その他に乳酸菌の働きとしては生活習慣病の予防、アンチエイジング効果などもあると言われています。

死菌と生菌の相違

摂取した乳酸菌は生菌と死菌とに分けることが出来、生菌とは生きた状態で腸に届く菌で死菌とは胃酸、胆汁により死滅した菌です。生菌は腸内で善玉菌増加し腸内環境を改善する働きがあります。
死菌は食物繊維と同様の働きをして生菌により活性化した善玉菌が退治した悪玉菌を吸着して体外に排出する役割を担っています。
そうして生菌と死菌の両方の乳酸菌の効果により腸内環境は保たれます。
ただ乳酸菌は1度摂取すればいいといった類のモノではなく継続的に摂取する必要があるのでヨーグルト、乳酸菌飲料などを日常的に摂取するように心がける必要があると言えます。

『空腹』の場合

お腹がなっている『空腹』の場合、悪玉菌が抑えられて、善玉菌が繁殖してる時間です。

理由【空腹時に分泌した胃液で、腸内が酸性環境になる】

腸内にある悪玉菌が増えやすいのは、腸内環境が「アルカリ性」の時(です)。
悪玉菌は “酸性の環境” を嫌い、「アルカリ性」の時に増殖が活発になります。

一方、善玉菌が増えるのは、腸内が「酸性」の時(です)。

善玉菌は “酸性の環境” を好むため、「酸性」であればあるほど、ますます優勢に(なります)。

つまり、腸内を「酸性」に保ち、善玉菌が暮らしやすい環境を整えることが、
善玉菌を増やして、その働きを後押しすることになるのです。

からだに乳酸菌を増やしたらどんな健康効果がある?

体にいいと分かっているから、乳酸菌は誰もが取り入れています。

実際のところ乳酸菌を増やすことで、どんな健康効果を得られるでしょうか。

・乳酸菌のはたらきとは?
乳酸菌はヨーグルトや乳酸菌飲料ではおなじみで、漬物といった昔ながらの食品にも多く含まれ、食品を発酵させる効果を持っています。

人体では腸内環境などの常在菌として、腐敗物質をつくらないことが特徴的でもあります。

乳酸菌食品を食べることによって、腸内の環境を一定の状態に保って、人間の健康を助ける大きな役割を果たしてくれます。

・乳酸菌によって腸の病気にならない効果
乳酸菌が少ない腸内では、つねに腐敗した物質がたまることになり、腸の蠕動運動もにぶって腸の能力が思うように発揮されづらくなります。

そのため慢性的な便秘になったり、過敏性大腸症候群にかかるといった弊害が発生しやすくなります。

腸内の環境の悪化は、全身的な影響としても出てきます。

吹き出物が多く出たり、体臭が強くなったりといったことです。

しかし乳酸菌を取るだけで、腸内の状態は劇的に改善して全身的な悪影響を排除することにもなります。

そのため乳酸菌を摂取する人のほうが体重を落としやすいという、ダイエットの効果もあります。
腸の本来の動きを助けるだけでなく、病気に対しても有効性が認められています。

乳酸菌を積極的に摂取している人は、そうでない人に比べて大腸がんになりにくいという研究結果も発表されています。

乳酸菌が腸内でがん細胞を増殖させない効果は期待することができるのです。

また、日本で蔓延している花粉症に対して、乳酸菌をよく摂取している人は、花粉症にかかりにくいという効果もあります。

こうした良い効果が得られるために、積極的に乳酸菌食品を摂っていくべきでしょう。

・プロバイオティクスの乳酸菌が良い理由とは?
健康に良い乳酸菌ですが、乳酸菌にも弱点があります。

それは胃のなかに入ると胃酸によってほとんどの乳酸菌が消化されてしまい、腸にとどく乳酸菌がごくわずかであるという点です。

したがって普通の乳酸菌を腸内に正常にとどけるには、一定量の乳酸菌食品を取るということが不可欠なことでした。
そんななかでプロバイオティクスの乳酸菌は、生きたままの乳酸菌を腸内に届けることが可能な製品であり、乳酸菌食品のなかでも大きな地位を占めるようになりました。

生きたまま乳酸菌を用いることは、より腸内環境を正常化することに役立っています。

乳酸菌の特徴と作用

・乳酸菌は糖(乳糖)を消費してエネルギーを生成します。
・他の栄養素はエネルギー源とならず菌体の構成成分になったり代謝に関与したりします。
・乳酸菌というのは、99.9%が胃酸で死んでしまいます。
・人間の体は、外部から入ってきた菌に対して、異物とみなし激しい攻撃を行うのです。その結果、胃酸や胆汁でガードされたり、体外に排出されます。

【乳酸菌の作用】
乳酸菌は、整腸作用があり、腸の活動を高めて、食物の消化吸収を助けます。
また、 便を肛門に向かって送り出す運動を促し、便秘や下痢を防ぎます。

・整腸作用
・腸の活動を高める
・食物の消化吸収
・便を肛門へ送る
・病原菌、腐敗菌の抗菌作用
・細菌、ウィルスからの免疫増強作用
・便秘、下痢の予防

便秘と乳酸菌の関係

便は胃や腸で吸収されなかった食べ物の残りカスです。

さらに体内ではがれ落ちた細胞の死骸や老廃物、腸内細菌の死骸、悪玉菌が作った
腸内毒素といったものでできています。

便の大きな仕事は、体内でできた老廃物や毒素を体外に出すことです。

ストレス、生活習慣などで排泄が困難になる(便秘)をするとお肌が荒れてしまうのは
これら老廃物が体外に排泄できず、再度体内に吸収されて体内をまわってしまうからなのです。

外部的要因(ストレス、生活習慣、細菌)などの変化により腸内での悪玉菌が増え
結果的に肌荒れ、便秘、免疫低下を起こします。

乳酸菌にも動物性と植物性がある!

乳酸菌=体に良い、お腹の調子を整える、といったイメージが定着しています。実はその乳酸菌には、動物性と植物性の2種類の乳酸菌が存在しています。この2つの乳酸菌の違いは何なのか、まとめていきます。

 そもそも乳酸菌とは、糖類などを発酵して50%以上の乳酸を生成する細菌のことをさします。生育するにあたってアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの多くの栄養素が必要となるため、動植物の体内や食品の中で生息しています。

 では動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いについて移ります。
 動物性乳酸菌とは、ミルクの中で生息する乳酸菌のことです。
この乳酸菌によってヨーグルトやチーズなどの乳製品が作られます。私たちが乳酸菌を摂取しよう、と思った時に食べる食品ですね。
 次に植物性乳酸菌とは、植物の表面に生息する乳酸菌のことです。
この乳酸菌によって麹、味噌、醤油、キムチ、漬物が作られます。日常的に口にしている調味料ですが、乳酸菌が入っていると意識したことはあまりありませんよね。
 一言でまとめてしまいますと、乳酸菌の種類は生息場所によって変わります。
このようにまとめてみますと、私たちは日ごろから乳酸菌を摂取していることが実感できますね。

 ところで、よく乳酸菌は「生きたまま腸へ」運ばれることを重視していますが、「生きたまま腸へ」運ぶのであれば、植物性乳酸菌が良いことが判明してきました。
その理由は、植物性乳酸菌は生存するために、植物に生息する他の菌と常に戦ってきました。
そのため過酷な環境に適応しやすく、人間の胃酸や胆汁のなかでも生存率が非常に高いことから、乳酸菌が生きたまま腸まで運ばれます。
 現在、この植物性乳酸菌の生命力は企業等で注目を集めています。これから植物性乳酸菌を使った食料品が数多く開発されていくかもしれません。

ヨーグルト乳酸菌

ヨーグルト乳酸菌には250種類以上の乳酸菌があります。

乳酸菌の種類と食べる時間によって効果が違うそうです。

乳酸菌は微生物の1種で細菌なのです。

糖や炭水化物を発酵させエネルギーを得ています。

消費した糖などから50%以上の乳酸を生成するのが細菌ということになります。

そのため250種類以上の乳酸菌が認められています。

このことから日本では7500種類以上ものヨーグルトがあるそうです。

美肌効果に良いLB81という乳酸菌はブルガリア菌とサーモフィラス菌でできています。

ビタミンがたくさん入っていて整腸作用と便秘改善効果が高いのです。

これによって皮膚の改善、美肌効果があります。乾燥肌の改善、肌の弾力性を特に良くします。

次にインフルエンザ予防にはR-1があります。

R-1はブルガリア菌の中にあるOLL1073R-1のことで多糖体EPSを作りだして、体内にあるNK細胞を活性化するのです。

そのため、免疫力を高める効果が強力で風邪やインフルエンザにかかりにくくなる効果が期待されているそうです。

他にも風邪やインフルエンザに効果がある乳酸菌としてはJCM5805株、NS乳酸菌、ラクティス乳酸菌があります。

そして、最近よく聞くガセリ菌にはダイエット、メタボ対策、ピロリ菌除去、ストレス対策に効果があります。

特にガセリ菌は腸内の善玉菌の代表的なもので悪玉菌を抑えて腸内環境を整えてくれるのです。

また、糖や脂肪の余分な吸収を防ぐと言われています。

それから生きて腸内に届き、最大90日長く留まります。

そのため、腸のぜん動運動を活発にし老廃物を排出してくれ、腸内環境を改善してくれるのです。

そして、免疫力向上効果が期待されています。このようにして日々研究されているのです。

乳酸菌を摂ることは健康?

乳酸菌サプリでお腹の調子を整える!摂りすぎても健康に害はない。

乳酸菌を摂ることは健康?

「乳酸菌の役割は何?」と聞かれたら「お腹の調子を整える」と私ならこたえる。

いや、お腹の調子を整えるとしか答えられない。

私のように「乳酸菌=健康に良い」と言うことしか知らない人は多いはずだ。

もしかすると、毎日乳酸菌を摂るようにしている人も乳酸菌についてあまり知らないかもしれない。

では乳酸菌の役割は何なのか。
乳酸菌はたくさんの種類があり、それぞれが同じ働きをするわけではない。

つまり乳酸菌による健康効果はいくつかあるということ。

乳酸菌の多くは便秘の改善に
、つまりお腹の調子を整えることに役立つ。

その他にも、肌荒れや免疫力の強化に役立つ乳酸菌は多い。

このようにお腹の調子を整えること以外にも健康効果がある。

「乳酸菌の役割は何?」と聞かれたら少しは説明できるようになった。

では乳酸菌はたくさん摂れば摂るほどたくさんの役割を果たしてくれて、
たくさんの健康効果がみられるのだろうか。

乳酸菌を過剰に摂るとどうなるか。
結論から言うと摂りすぎても健康に害はない。

だからといって必要以上に乳酸菌を摂ろうとすると病気になるかもしれない。
「健康に害がないのに病気になるなんて矛盾している」と思うかもしれない。

しかし健康に害がある。

何故か、それは乳酸菌の取り方が関係してくる。

たしかに乳酸菌だけを体内に取り込めば健康に害はない。

しかし、多くの人は薬剤師に調整してもらった乳酸菌をヨーグルトなどの乳酸菌が入っている食品から摂るのではないだろうか。

こういったものから乳酸菌を摂るときは当然ほかの物質も一緒にとりこんでしまう。例えば糖。

乳酸菌と一緒に大量に糖を摂りこんだとすると、
乳酸菌による害が見られなくても糖による害が見られるかもしれない。

乳酸菌サプリは体に良いからと言ってヨーグルトなどの食品を食べ過ぎることは、当たり前だがおすすめできない!

健康のためにしたことで病気にかかってしまったら意味がない。

そうならないためにも、自分は今、乳酸菌と一緒に何を摂りこんでいるのか考えるべきである。

また乳酸菌の取り方、量を見直す必要があるかもしれない。