乳酸菌食品も使い方次第ですごい腸活に乳酸菌食品ランキングなります
ケンコウ腸活に役立つ乳酸菌食品レシピに驚かないでね♪
植物性乳酸菌たっぷりの乳酸菌食品がを獲る日本食のすばらしさ
オリゴ糖 食品が含まれている乳酸菌食品はもちろん腸内環境の善玉菌を増やしますね・・・

腸内フローラを改善する栄養素と食べ物について

善玉菌は食物繊維を食べて増えるので、腸内フローラを改善するには食物繊維を摂ることが重要になります。
食物繊維には不溶性の食物繊維と水溶性の食物繊維があります。

不溶性の食物繊維

不溶性の食物繊維は、腸内で水分を吸収して膨張し、腸の壁を刺激して腸の活動を活発にし、排便を促します。
ただ、不溶性の植物繊維を摂りすぎると便が硬くなって便秘になり易くなるので注意が必要です。
バランス的には、不溶性食物繊維2に対して水溶性食物繊維を1の割合で摂取することが理想的とされています。
不溶性の食物繊維を含んでいる食べ物には、牛蒡やさつまいもなどがあります。

水溶性の食物繊維

水溶性の食物繊維は水に溶け易くて保水力があり、
腸内で食べ物をゼリー状に固めてくれます。
ゼリー状になった食べ物は腸内を時間をかけて移動するので、
腸内での糖の吸収が緩やかになって、
血糖値の上昇を抑えてくれます。
不溶性の食物繊維よりも水溶性の食物繊維の方が善玉菌は分解しやすいです。
水溶性の食物繊維を含んでいる食べ物にも牛蒡やさつまいもがあります。
発酵食品が善玉菌の働きを活発にしてくれるので、
納豆や味噌・ヨーグルトなどを摂ると腸内フローラを改善することができます。
特に納豆菌は善玉菌のビフィズス菌や乳酸菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑えてくれます。

腸内フローラを改善

腸内フローラを改善するために、
直接ビフィズス菌や乳酸菌をヨーグルトやサプリなどで摂り入れる方法もありますが、
オリゴ糖を摂取して大腸からビフィズス菌を増やしていく方法もあります。
オリゴ糖が含まれている食べ物はヤーコンやはちみつ・バナナ・大豆などがあります。
特にヤーコンはビタミンCや食物繊維以外にフラクトオリゴ糖を豊富に含んでいるイモ類の根菜です。
ヤーコンは生でも食べられるので、サラダやキンピラにして気軽に食べられます。

ホットヨーグルトで手軽にダイエット!

ヨーグルトが体にいい、ダイエットに効果的…というお話は皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
そこで今回は、ヨーグルトを温めて食べる「ホットヨーグルト」をご紹介します。

ホットヨーグルトって?
名前の通り、温めたヨーグルトのことです。といっても作り方はとっても簡単。ヨーグルトを耐熱容器に入れ、人肌程度の温度になるまで電子レンジでチンするだけ!時間は500Wなら30秒、600Wなら20秒ほどが目安です。

ホットヨーグルトはどうしてダイエットに効果的なの?
ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内環境をととのえてくれるというのは皆さんご存じですよね。
実はその乳酸菌、冷たいままだと腸の中であんまり働いてくれないのです。38〜40℃、つまり人肌よりも少し温かい温度環境で乳酸菌は活発に動くんだそう。だから、冷蔵庫から取り出してそのまま食べるよりも、温めて食べる方がいいんです!
さらにヨーグルトを温めることで、ヨーグルトに含まれるカルシウムの吸収率が高くなることもポイント。カルシウムってダイエットに関係あるの?と思ったそこのあなた。なんと体内のカルシウムが不足すると、体内に脂肪が蓄積されやすくなってしまうのです。ダイエットには、カルシウムを効果的にとることも大事なんですね。

どんなヨーグルトがいいの?
では実際にホットヨーグルトを作ってみましょう!といっても、ヨーグルトといっても色々種類がありますよね。その中でも、ホットヨーグルトを作るのに向いているのはプレーンヨーグルトです。砂糖入りやフルーツの入ったタイプを普段食べている方にはなかなか食べづらいかもしれません。でも、砂糖や果糖は温められると腸に吸収されやすいうえ、悪玉菌のエサになってしまうんです。ダイエットすることを考えるなら、プレーンヨーグルトを選んでくださいね。
どうしてもプレーンヨーグルトは食べ慣れない…という方は、オリゴ糖を少しだけヨーグルトにかけてあげるといいでしょう。

ホットヨーグルトで本当に結果が出た!
実際に筆者もホットヨーグルトをしばらく毎日食べてみました(筆者の場合は、ゆっくり時間が取れる夜に食べました)。
最初は半信半疑だったのですが、食べ始めてすぐ翌朝に効果が。それまで数日間出ていなかったお通じがあったのです!いつも2、3日おきにしかお通じがなく、常にお腹が張っている感じがあったのですが、ホットヨーグルトを始めてからは毎朝決まった時間におトイレタイムが来るように。そしてどんなに運動しても落ちなかった1、2kgの体重が、すんなり落ちてくれたんです。
ダイエットしたいけれど運動は苦手という方、お金をかけず毎日手軽にダイエットしたいという方、ぜひホットヨーグルトを試してみてくださいね!

ヨーグルトで美肌になろう!

女性なら誰しも美肌に憧れるもの。周りから「きれいな肌してるね!」と言ってもらいたいですよね。でも実際は、肌荒れやニキビの原因になるようなものが私たちの周りにはいっぱい。季節の変わり目による気候の変化、毎日のストレス、エアコンでの乾燥など…。どうしたらいいの!?とお悩みの方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、食べ物で体の中から調子をととのえ、美肌になる方法をご紹介します。

野菜や果物、キノコなど、お肌にいいと言われる食べ物はたくさんありますよね。その中でも今回お伝えしたいのが、ヨーグルトの美肌効果です。

ヨーグルトにはたくさんの栄養素が含まれますが、とくに乳酸菌とビタミンB群はお肌にとってもいいんです。
乳酸菌は腸内環境を整え、お肌やダイエットの大敵である便秘を解消してくれます。乳酸菌は腸の中の悪玉菌を減らすだけでなく、善玉菌の活動を助けてくれるため、腸のぜん動運動が活発になりお通じがよくなります。お通じがよくなることで便秘が解消されるだけではなく、体内にたまった老廃物も排出されます。つまり、デトックスにも効果的というわけ。
また、ビタミンB群にはお肌のターンオーバーを促進し、皮脂の分泌をコントロールしてくれる働きがあります。とりわけ季節の変わり目にはお肌の調子が崩れがち。お肌のターンオーバーが鈍ってしまうと、古い角質がお肌の表面にどんどんたまり、毛穴を詰まらせてしまいます。また、皮脂の分泌が過剰になると、大人ニキビや吹き出物ができやすくなってしまいます。それを防ぎ、お肌の状態を整えてくれるのがビタミンB群なんですね。

乳酸菌とビタミンB群以外にも、ヨーグルトには美肌効果のある栄養素がたっぷり含まれています。
ヨーグルトの上にたまっている少し黄色がかった液体、捨てちゃっていませんか?あれは乳清またはホエイと呼ばれるもので、あの中にはミネラルやタンパク質がたくさん詰まっているそう。とくに乳清に含まれるタンパク質には抗炎症作用があり、肌荒れやニキビを鎮めてくれることが知られています。さらに、乳清に入っているアミノ酸が活性酸素の働きをおさえ、アンチエイジングにも効果的であることがわかってきました。

ここまでお話してきたように、ヨーグルトに含まれる栄養素は、美肌になれるものばかり。
「とにかく美肌になりたい!」「お肌の調子を整えたい!」という方の強い味方、ヨーグルト。上手に食べて、みんなで美肌になりましょう!

ヨーグルトで美肌になろう(パック編)

ヨーグルトには乳酸菌やビタミンなど様々な栄養素が豊富に含まれることから、美肌に効果があることは有名ですよね。
美肌のためだけではなく、便秘解消などのためにも毎日欠かさず食べているという方も多いのではないでしょうか?

しかし今回は、食べるのではなくヨーグルトをお肌に塗る、ヨーグルトパックの仕方をご紹介します。実はヨーグルトに含まれている成分には、お肌に直接塗ることでも効果が得られるものがたくさんあるんです。

ヨーグルトパックって?

あとからご紹介する作り方に従って、ヨーグルトでパックを作ります。それをお肌に塗って、一定時間置いておくだけ!とっても簡単な美容法なんです。

どんな効果があるの?

ヨーグルトには様々な栄養素が含まれていますが、その中でも美肌に効果があるのは乳酸菌、フルーツ酸、それから亜鉛の三つです。
一つ目の乳酸菌について。便秘の解消や腸の調子を整える効果があることから、乳酸菌のすばらしさは広く知られていますよね。なんとこの乳酸菌、腸の中だけではなくお肌の表面でも活躍してくれるのです。それが、お肌の水分量を保ち保湿してくれるという役割。季節にかかわらず、お肌はエアコンやストレスなどでつねに乾燥する心配があります。そんなお肌を守ってくれるのが乳酸菌なのです。さらにこの乳酸菌には雑菌の繁殖を防ぐ働きもあるので、ニキビや吹き出物など肌荒れにも効果的なんですよ。
二つ目のフルーツ酸には、お肌のピーリング効果があります。肌にたまった古い角質をとかして、ターンオーバーを促進してくれるんですね。ターンオーバーが進むとお肌に透明感が出てきますので、お肌のくすみやシミが気になる方に、もってこいの効能です。
最後に亜鉛についてご紹介しましょう。亜鉛には、ニキビの原因となるアクネ菌を撃退する効果があるんです。また、シミやそばかすを薄くしてくれる美白効果も期待できます。

作り方とやり方は?
用意するものは次の三つだけ。
プレーンヨーグルト大さじ2、小麦粉大さじ1、オリーブオイル小さじ1です。
これをすべてよく混ぜ合わせ、洗顔後のきれいなお肌に乗せていけばおしまい。とっても簡単ですよね。季節にもよりますが、ヨーグルトパックをお肌に塗ってから5〜10分程度待ちましょう。お肌にしっかり馴染ませたら、ぬるま湯で優しく丁寧に洗い流してくださいね。そのあとは、ローションや乳液でいつものスキンケアをおこなってください。

気をつけることは?
先にご紹介したフルーツ酸にはピーリング効果があります。毎日使うとお肌を傷めてしまうこともあるので、週に2回ほどを目安にヨーグルトパックを楽しんでみてください。
そしてもちろん、パックに使うヨーグルトは新鮮なものを。「食べないんだから賞味期限が切れていても大丈夫かな」と思うかもしれませんが、お肌のトラブルが起こるのを避けるためにも賞味期限内のヨーグルトを使いましょう。

とっても簡単、家にある材料だけで気軽にできるヨーグルトパック。
ぜひみなさんもお試しください!

ヨーグルトでノンオイルマフィン

今回ご紹介するのは、ヨーグルトを使って簡単にできるノンオイルのマフィンです。
ヨーグルトは体にいいと聞くものの、毎日そのまま食べるだけでは飽きてしまうことも。そこで今回は、ダイエットに気を遣う方にもうれしいノンオイルのマフィンのレシピとその効果を大公開します。

ヨーグルトマフィンって?
ヨーグルトを生地に練り込むことで、もちもち食感の美味しいマフィンのできあがり。バターやサラダオイルを使わなくても、ヨーグルトに含まれた水分で十分しっとり仕上がります。
毎日ヨーグルトを食べたいと思っていても、いつもいつもそのまま食べるのはちょっと…という方におすすめです。マンネリ気味の朝食メニューや、ヘルシーなおやつ・軽食にもいいですよ。

ヨーグルトマフィンのレシピは?
では、気になる作り方を紹介します。最初は何かのサイトで見て作っていたのですが、だんだんとオリジナルのレシピができあがりました。
朝の忙しい時間や午後の時間、早く食べたいのにいちいち量りで重さを量るのはめんどう。そこで、このレシピでは量りを使わず、全て大さじかカップでの表記にしています。
材料:
卵 1個
砂糖 大さじ4
プレーンヨーグルト 大さじ3と1/3
牛乳 大さじ3と1/3
薄力粉 カップ1(心持ち多めに)
ベーキングパウダー 大さじ1/3または小さじ1

準備するもの:
計量スプーン、泡立て器、ゴムベラ、ボウル、粉ふるい(あるいはザル)
材料はあらかじめ用意しておき、薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。また、オーブンは180℃に余熱しておく。

作り方:
1. ボウルに卵を入れ、砂糖を加えたら泡立て器でよく混ぜる。
ヨーグルトと牛乳をこの順番で入れ、入れるたびによく混ぜる。
2. ここで泡立て器をゴムベラに持ち替える。
1のボウルに、ふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーを2回に分けて入れる。ゴムベラで切るようにさっくり混ぜる。
3. 小さめのマフィン型4つに入れ、余熱しておいたオーブンで20分ほど焼く(焼き時間はオーブンによって違うので、調節してください)。
4. こんがり焼き色がついたらできあがり。

レシピアレンジ:
甘さはかなり控えめなので、食べるときにはちみつやメープルシロップをかけても。ヨーグルトの乳酸菌のはたらきをアップさせたいなら、オリゴ糖シロップと一緒にいただくのもいいですね。
レーズンやクランベリー、ナッツなどを混ぜ込んで焼くと食べ応えもアップします。その場合は、2のタイミング(薄力粉とベーキングパウダーを入れてさっくり混ぜ、まだ粉けが残っている状態)で入れるとしっかり生地になじみます。

いかがでしたか?
お家にあるもので思い立ったらすぐ作れるので、ぜひやってみてください。

もっと効率よくヨーグルトで便秘解消しよう!

 ヨーグルトを食べることが、便秘解消に効果があるのはみなさんご存知ですよね。ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれるんです。善玉菌は腸の働きを活発にし、腸が水分を吸収しやすくしてくれるため、結果的にヨーグルトが便秘解消にとっても役立つという仕組みになっています。

ヨーグルトと相性がいい食べ物は?

 ヨーグルト単体でも便秘解消には十分効果的なのですが、毎日プレーンヨーグルトを食べ続けるのは飽きてしまうことも。かといって白砂糖やグラニュー糖などを入れると便秘解消効果はダウンしてしまいます。そこで今回は、ヨーグルトと一緒に食べることで腸内環境をよりいっそう改善してくれる食べ物をご紹介します。

オリゴ糖やハチミツ

 白砂糖とヨーグルトを一緒に食べるのはおすすめしませんが、同じ甘みをつけるものでもオリゴ糖やハチミツはOK!なぜなら、これらは善玉菌のエサになるため、より腸内環境が整いやすくなるからなんです。

生のフルーツ

 フルーツには豊富に食物繊維が含まれています。しかも、食物繊維の中でも便を柔らかくして排便を助けてくれる水溶性食物繊維がたっぷり入っているんです。ビタミンCや酵素なども取れることを考えると、缶詰よりも生のフルーツを一緒に食べるのがおすすめ。旬のものを選べば、もっといいですよ。
 合わせるフルーツに制限はありませんが、フルーツの中でも特に食物繊維の多いキウイやバナナなどがいいでしょう。

ドライフルーツ

 先ほど旬のフルーツがいいとご紹介しましたが、最近巷で話題のドライフルーツも便秘解消にとっても役に立ってくれるんです。
 ドライフルーツには生のフルーツと同様、水溶性食物繊維がたっぷり。しかも嬉しいことに、普段の食事ではなかなか十分に取りづらい鉄分も豊富に含まれています。最近ではコンビニなどでも様々なドライフルーツが売られていますので、プルーンやいちじく、レーズンなどお好きなものを選んでヨーグルトに入れてみてくださいね。

 筆者が個人的に一番おすすめしたいのは、ドライフルーツ!食べる直前に入れてももちろん美味しいのですが、寝る前にヨーグルトにドライフルーツを入れてまた冷蔵庫に入れておけば、翌朝にはヨーグルトの水分をたっぷり吸ってとてもジューシーになったドライフルーツと、ドライフルーツのうまみと甘みがうつったヨーグルトのハーモニーを楽しめます。朝起きるのが楽しみになることうけあいです。

ヨーグルトを料理に取り入れて手軽に乳酸菌をとろう!

 体にいい、健康にいいことで知られているヨーグルト。最近はスーパーにも様々な種類のヨーグルトが売られていますよね。ただ毎日食べるとなると、いくらたくさん種類があってもそのまま食べると飽きてくることもあるかと思います。別記事ではフルーツやオリゴ糖などで甘みをつける食べ方をご紹介しましたが、今回は普段の料理にヨーグルトを取り入れる方法をご紹介します。

ヨーグルトを料理に!?
 
 ヨーグルトをデザート以外の食べ方で…というのは日本ではあまり馴染みがありませんよね。でも実は地中海世界や中東では、ヨーグルトは日常的に料理に取り入れられています。スープに入れたり煮込み料理に添えたりと色々なバリエーションがありますが、ここでは取り入れやすいレシピ二つを載せてみるので、ぜひやってみてください。

キュウリとヨーグルトのサラダ

 トルコやイランでよく食べられているこちらのサラダ、作り方はとっても簡単。
材料:
プレーンヨーグルト 500g
 ※日本で売られているヨーグルトは水分が多いので、あらかじめ水切りをしておくか、粘り気が強いヨーグルトを使うことをおすすめします
キュウリ 1本
塩 小さじ1
胡椒 少々
ドライミント 小さじ1
すりおろしニンニク(チューブ) 小さじ1

作り方:
1. キュウリは荒みじん切りにし、塩(分量外)をふって置いておく。水分が出たら軽く絞る。
2. 1.と他の材料を全てよく混ぜればできあがり。水分が出ないうちに、作り立てをいただく。お肉料理の付け合わせによく合います。 

ニンジンとヨーグルトのサラダ

 ビタミンAが豊富なことで知られるニンジンもヨーグルトと相性抜群。
材料:
プレーンヨーグルト 100g
 ※こちらも先ほどと同じく水切りをするか、粘り気の強いものがよいでしょう
ニンジン 1本
レモン汁 小さじ1
塩 ひとつまみ
砂糖 小さじ1/2
胡椒 少々
パセリ(あれば)少々
作り方:
1. ニンジンをスライサーなどで千切りにし、塩ひとつまみを加えてしばらく置いておく。水分がでたら軽く絞る。
2. ボウルに1. のニンジン、ヨーグルト、砂糖、胡椒を入れてよく混ぜ合わせる。
3. 器に盛りつけ、彩りにパセリを散らしてできあがり。そのまま食べるのはもちろん、サンドイッチに挟んでも美味しくいただけます。

 いかがでしたでしょうか?サラダなら万人受けしますし、誰にでも喜ばれる味付けだと思います。マヨネーズなどよりカロリーはグンと低くヘルシーなうえ栄養価も高いので、ぜひ毎日の食卓に取り入れてみてくださいね。 

  

ヨーグルトを料理に取り入れて手軽に乳酸菌をとろう!その2

 体にいい、健康にいいことで知られているヨーグルト。最近はスーパーにも様々な種類のヨーグルトが売られていますよね。ただ毎日食べるとなると、いくらたくさん種類があってもそのまま食べると飽きてくることもあるかと思います。別記事ではヨーグルトをサラダに取り入れる方法をご紹介しましたが、今回はヨーグルトを使ったメインディッシュをご紹介します。

ヨーグルトとお味噌のソースのヘルシー和風グラタンのレシピ

 今回ご紹介するのは、ヨーグルトを使ったホワイトソースで作るヘルシーなグラタン。ソースに使うのはヨーグルトとお味噌です。え?お味噌とヨーグルトって合うの?と思ったあなた。実はお味噌もヨーグルトも同じ発酵食品なので相性抜群。合わせることで栄養価も旨みも増す組み合わせなんです。コクとまろやかさがアップして、お互いの美味しさがより引き出せるというわけ。しかも乳酸菌はお味噌にもたっぷり含まれているので、腸内環境の改善にますます役立つんです。嬉しいことづくめのお味噌とヨーグルトの最強タッグ、試さない手はありませんよね。
 ではさっそく作り方を下に載せていきましょう。

材料:
A. ホワイトソース
プレーンヨーグルト 200g
お味噌 大さじ1
 ※お味噌の種類はお好きなもので大丈夫ですが、米味噌・麦味噌・合わせ味噌から選ぶのがよいかと思います
砂糖 小さじ1
薄力粉 大さじ1
 ※めんどうでなければふるっておくとダマになりません

B. グラタンの具材
鶏もも肉 1枚分 
 ※スーパーであらかじめ一口大に切ってあるものを買うのが楽ちんです
塩 適量
胡椒 少々
薄力粉 大さじ1
ブロッコリー 1株
かぼちゃ 1/4個
バター 大さじ1ほど
ピザ用チーズ ふたつかみほど

作り方:
1. 鶏もも肉は一口大に切り、まんべんなく塩、胡椒をしたら薄力粉を全体にまぶしておく。
2. ブロッコリーは小房に分け、電子レンジで2分ほど加熱する。かぼちゃは種を取り、一口大に切って電子レンジで2分半ほど加熱する。(ご家庭の電子レンジに合わせて調節してください)
3. フライパンにサラダ油(分量外)を入れて中火にし、十分あたたまったら1. を入れて両面にこんがり焼き色を付ける。さらに2. を入れて全体的に油をなじませる。
4. グラタン皿にバターを塗り、3.を入れる。Aの材料を全部よく混ぜ合わせたものをその上にかけ、ピザ用チーズをまんべんなくかけたらオーブントースターで25分ほど加熱する。(ご家庭のオーブントースターの火力を見ながら、美味しそうな焼き色がつくまで加熱してください)パンといただくのはもちろん、お味噌が入っていて和風なので、白ご飯にもよく合います。

加熱したら乳酸菌はどうなるの?
 
 乳酸菌には耐熱温度があり、実は100℃で加熱すると数秒で死んでしまいます。しかし、加熱によって死んでしまった乳酸菌にも腸内環境を整える役割があるんです。
 なんと、死んだ乳酸菌は腸内で乳酸菌のエサになってくれるため、乳酸菌の働きを活発にしてくれるそう。これなら安心して加熱したヨーグルトを食べることができますよね。
 そのまま食べるのはもちろん、サラダにしたりグラタンにしたりと食べ方のバリエーションを増やして、楽しく美味しくヨーグルトを健康に役立てていきましょう。

ヨーグルトでヘアパック!

 ヨーグルトの乳酸菌に様々な効果があることはよく知られていますよね。食べれば腸内環境を整えてくれ、パックとしてお肌に塗れば美肌効果があり…とまさに万能アイテムのヨーグルト。実は最近、ヨーグルトを使ってヘアパックするのが話題になっているんです。
 食べようと思って買ったプレーンヨーグルトの大きなパック、食べきれずに賞味期限が切れちゃった…なんてことはないですか?そんなときにもぜひ試してほしいのが、今からご紹介するヨーグルトヘアパックなんです。

ヨーグルトでヘアパックすると何がいいの?

 お肌同様、髪も毎日様々なストレスにさらされています。ムースやスプレーなどのスタイリング剤、そして昨今は大気汚染で有害物質もたくさん付着している髪。ストレスを受けた髪からはツヤや潤いなどがどんどん失われてしまうのです。
 そんなダメージを受けた髪の修復に一役買ってくれるのが、ヨーグルト!ヨーグルトに含まれる乳酸菌が髪の表面に付いた汚れやホコリをとりのぞき、しかも乳製品特有の乳脂肪が髪に潤いを与えてくれます。

どうやればいいの?

 ヨーグルトヘアパックのやり方はとっても簡単。準備するのはプレーンヨーグルトとシャワーキャップだけ。
 まずはいつものようにブラッシングをして髪のからまりや大きな汚れを取っておきます。それからシャワーのお湯で地肌までしっかり洗ってください。それが終わったら、ヨーグルトを髪につけていきます。髪の長さにもよりますが、ショートなら大さじ2ほど、ボブ〜ミディアムなら大さじ3ほど、ロングなら大さじ4ほどが大体の目安です。ヨーグルトをまんべんなく髪につけたらシャワーキャップで髪全体をおおい、20分ほど放置しましょう。
 シャワーキャップの代わりに蒸しタオルを巻くとより効果的。その間に体を洗ったり湯船に浸かったりするといいですね。20分経ったらシャワーキャップを外し、しっかりお湯で洗い流しましょう。洗い流した後の指通りがいつもと違うことが実感できるかと思います。

ヨーグルトヘアパックの欠点は?

 みなさんのご想像通り、ヨーグルトヘアパックの欠点は髪がヨーグルト臭くなってしまうこと。そのまますすいでもいいですが、やはりにおいが気になると思いますので、ヘアパックを洗い流したあと、いつものようにシャンプーやコンディショナーをするのがおすすめです。

ヨーグルトの乳酸菌、食べるだけでなく髪にまで効果があるなんて嬉しい限りですよね。最近髪が乾燥していてまとまりがないな…ツヤがなくなってきたな…とお悩みの方、気軽にできるヨーグルトヘアパックをぜひ試してみてください。

ヨーグルトと納豆のダブルタッグで健康と美容効果を高めよう!

 ヨーグルトと納豆、それぞれ健康にとってもいいことは知られていますよね。
 ヨーグルトに豊富に含まれる乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、逆に悪玉菌の繁殖を抑えるため、腸内環境を整えてくれます。その結果、便秘などが解消されたり免疫力がアップしたりといった効果があるんです。
 また、納豆には納豆菌が含まれており、こちらも腸内環境を整える効能があります。納豆菌が腸内の乳酸菌やビフィズス菌を増やし、消化を促す効果があるのです。それに加え、腸内の老廃物をどんどん流してくれるのが納豆菌。その結果、ヨーグルトの乳酸菌と同様に整腸作用や抗菌作用、高血圧予防などの嬉しい働きをしてくれるんですね。
ヨーグルトと納豆を合わせたらどうなるの?
 どちらにも腸内環境を整える働きがあるヨーグルトと納豆ですが、なんとこの2つを組み合わせて食べるとすごい相乗効果があることが最近話題なんです。
 先ほどご説明したように、納豆菌は乳酸菌を増やしてくれます。さらに、納豆菌は酸に強いため、胃の中で胃酸に負けることなく生きたまま腸に届きます。このため、ヨーグルトと納豆を同じタイミングで食べると、今からお話する相乗効果が得られるというわけです。
 ヨーグルトと納豆を一緒に食べることで生まれる効果は主に次の3つ。
 まずは便秘解消です。それぞれ単体で食べても十分便秘の解消につながりますが、先ほどお話した様に納豆菌が乳酸菌を増やしてくれるため、それによって腸内の善玉菌がますます増える仕組みになっています。
 2つ目は美肌効果。便秘になるとどうしても肌荒れが気になりますが、その理由は腸内の悪玉菌が増え、体の中の老廃物が流れてくれないから。でも大丈夫!納豆とヨーグルトがタッグを組めば、腸内の悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌は逆にどんどん増えるため、老廃物が体から出ていく効果が倍増するのです。
 最後に3つ目はダイエット効果!善玉菌が増え悪玉菌が減ると腸内環境が整い、腸の動きが活発になります。すると基礎代謝量がグンと上がり、痩せやすい身体になっていくんです。
どうやって食べたらいいの?
 ではどうやって食べたらいいのでしょうか?
 一番簡単なのは、納豆とヨーグルトを混ぜて食べることです。えっ、納豆とヨーグルトを混ぜちゃうの…?と抵抗がある方も多いでしょう。その気持ち、とってもよくわかります(笑)。しかし意外にも、クチコミでの評判は上々。半信半疑でおそるおそる食べてみたが、意外と美味しかった…!という声が続々聞かれます。
 そうは言ってもやっぱり抵抗がある方もいらっしゃいますよね?そんなときは、食事で納豆をそのまま食べ、食後にプレーンヨーグルトを食べましょう。

 特に女性にとってはありがたい効果が満載のヨーグルトと納豆の組み合わせ、毎日の生活に取り入れて、ますます健康に美しくなりましょう。

グリーンスムージーにヨーグルトを入れてもっと美味しく!

 様々な美容家やモデルの方々がテレビやブログで紹介し、数年前からその美容効果が話題沸騰のグリーンスムージーですが、あなたはまだ続けていますか?何を隠そう、筆者もグリーンスムージーを朝食などに取り入れようと思い、張り切ってミキサーまで購入しました。しかしあの葉もの野菜に独特の青臭さが気になってしまい、美味しく飲むというより鼻をつまんで一生懸命我慢しながら飲み下すという始末…
 健康になりたい、美しくなりたいと思っていても、これでは本末転倒ではないか?と感じていた矢先、グリーンスムージーとヨーグルトの組み合わせがいいと聞いたのです。2つを一緒に取るとより美味しく飲めるばかりか、それぞれの健康効果までアップするそう。しかも、ヨーグルトを入れることによってグリーンスムージー単体で飲むよりも腹持ちがよくなるおまけまで!これは試さない手はありませんよね。

グリーンスムージーの効果って?

 グリーンスムージーの魅力は、なんといっても食物繊維や酵素、ミネラルやビタミンを手軽に取れること。忙しい朝でも野菜をぽんぽんミキサーにほりこんでスイッチを入れガーッと回すだけ。市販の野菜ジュースにはほとんど入っていない食物繊維を丸ごと取ることができるんです。また、加熱せず生の野菜やフルーツを食べることになるので、生きた酵素が体に入っていくのもメリットの一つ。そのため、グリーンスムージーを続けて飲んでいると新陳代謝が活発になり、美肌効果が高いと言われています。また、血液がサラサラになったり、むくみが解消したりといった嬉しい効果も報告されています。

ヨーグルトと一緒に飲むメリットは?

 体に嬉しいことがたくさんのグリーンスムージーですが、グリーンスムージーにたっぷり含まれる食物繊維や酵素、ミネラルやビタミンを効果的に吸収するには、腸の調子がいいことが前提条件となってきます。そのため、腸内環境を整えてくれる乳酸菌が豊富に含まれるヨーグルトを一緒に食べると、グリーンスムージーに入っている栄養素が効率よく吸収できちゃうんです。さらに、グリーンスムージーに含まれた食物繊維は、腸内で乳酸菌のエサになるため、乳酸菌の働きが活発になるという相乗効果が。また、冒頭で紹介したようにヨーグルトが入ることによって野菜の青臭さも軽減され、美味しく飲めるようになるんです。

どうやって作ればいいの?

 作り方はとっても簡単。いつも作っているグリーンスムージーにプレーンヨーグルトを大さじ2ほど加えるだけです。それでも青臭さが気になってしまう方は、オリゴ糖やハチミツをプラスして甘みをつけましょう。とっても美味しくいただけますよ。

いかがでしたでしょうか?グリーンスムージーとヨーグルトを組み合わせるだけで、いつもより効果的に簡単手軽に健康な体と美しいお肌を手に入れることができるなんて、こんなに嬉しいことはないですよね。さっそく明日から試してみてくださいね!

ヨーグルトで二日酔いを予防しよう!

 年末年始は忘年会・新年会のシーズン。やっと終わったと思ったら、歓送迎会で週末の予定はパンパンに埋まっている…なんて経験、ありませんか?筆者も、次の日が仕事なのに前の日のお酒が残ってしまって二日酔いで体が辛いなんてこともしょっちゅう。
 そこで今回は、二日酔いの症状を少しでも緩和する方法をご紹介します。

ヨーグルトで二日酔いを解消!?

 え?ヨーグルト!?と思ったそこのあなた。ヨーグルトに豊富に含まれる乳酸菌に様々な効果があることは知られていますよね。便秘の解消や美肌効果、免疫力アップといった効能が有名だと思います。でも、乳酸菌に二日酔い解消効果があるのは意外と知られていないのではないでしょうか?ビールなどお酒をたくさん消費することで有名なドイツやブルガリアで、乳酸菌がたっぷり入ったキャベツの酢漬けザワークラウトやヨーグルトをたくさん食べる習慣があるのは、あながちお酒好きな国民性と関係ないわけではないのです。

どうしてヨーグルトが二日酔いに効果的なの?

 ではヨーグルトはどうして二日酔いの解消に効果があるのでしょうか。その秘密は乳酸菌にあります。乳酸菌には、血中アルコール濃度やアセトアルデヒド濃度を下げてくれる役割があるそう。また、乳酸菌は腸内環境を整えるため、アルコールを摂取しすぎることで下痢になってしまうことを防いでくれ、アルコールがうまく分解できる環境を作ってくれるんです。さらに、ヨーグルトに入っている乳脂肪分が胃の中で膜を作ってくれ、アルコールが吸収されるのを緩やかにしてくれますし、タンパク質が肝臓の働きを助けてくれるという効果も。

どのタイミングでヨーグルトを食べるのが理想的?
 
 最も理想的なタイミングは、お酒を飲むことがわかっている時間の1時間ほど前にヨーグルトを食べること。職場などで固形のヨーグルトをもぐもぐ食べるのはちょっと…という場合は、飲むヨーグルトなどの液体タイプでも大丈夫ですよ。そのときは、乳酸菌がたくさん含まれているもの、「生きて腸まで届く」と書かれているものを選んでくださいね。
 万一、お酒を飲む前にヨーグルトを食べ忘れてしまったときは、帰宅後でもよいので寝る前にヨーグルトを食べてみてください。もちろん、しっかり水分補給も忘れずに!

 これからの忘年会や新年会・歓送迎会のシーズンは、ヨーグルトを生活に取り入れることでお酒と上手に付き合って、楽しく乗り切りましょう。

自家製ヨーグルトで手軽に乳酸菌を取ろう!

 様々な健康効果があることで知られるヨーグルト。毎日続けて食べたいものですが、昨今特に乳製品の値上がりは顕著ですよね。家計のことを考えると、少しでも食費は抑えたいもの。
 そこで今回は、家庭で気軽に作れる自家製ヨーグルトを紹介します。

ヨーグルトって手作りできるの?

 発酵食品を手作りするってハードルが高そうですが、実際はとっても簡単にできちゃうんです。用意するのは、タネと牛乳だけ。ヨーグルトを作るには発酵を起こす必要があるので、そのための核となるタネが必要です。でも安心してください。市販のプレーンヨーグルトがタネとなってくれるので、こちらも牛乳と一緒にコンビニで買えてしまいます。

自家製ヨーグルトの長所は?

 手作りするメリットは、なんといっても低コストでできること。市販のヨーグルトのお値段と比較すれば、自家製ヨーグルトのリーズナブルさは嬉しいですよね。また、添加物が圧倒的に少ないこともポイントです。

自家製ヨーグルトの短所は?
 
 逆に手作りのデメリットを挙げてみましょう。まずは食中毒などを防ぐため、衛生面に気をつけなければならないこと。ヨーグルトを作るときに使う容器・道具はしっかり熱湯やアルコールで消毒しておきましょう。また、タネとなる乳酸菌を選ばないとうまく乳酸菌が増えない可能性もあります。

どうやって作ったらいいの?

 では気になる自家製ヨーグルトの作り方を見ていきましょう。
材料:
市販のプレーンヨーグルト 大さじ2杯
牛乳 500ml
なんとこの2種類だけ。ただ、タネとなる乳酸菌には、空気に触れても大丈夫なものを選びましょう。たとえば、ブルガリア菌やガセリ菌を乳酸菌として使っているヨーグルトをタネにするのがおすすめです。さらに、必ず買ってきたばかりの開けたてのものを使うのもポイント。また、牛乳も成分無調整のものを選ぶと失敗しづらいですよ。
作り方:
1. 牛乳を人肌より少し温かめ(40〜45℃程度)に温めます。食物用の温度計があると便利ですね。
2. 温めた牛乳に、タネとなる市販のプレーンヨーグルトを入れてよく混ぜ合わせます。
3. 2をしっかり消毒した容器に入れ、密封します。そのとき気をつけてほしいのが、牛乳の温度を保つこと。だいたい40℃ほどの温度を保ったまま12時間程度放置します。秋冬の時期ならコタツ、またはお風呂の湯船などを利用するとよいでしょう。また、ヨーグルトを入れる容器を魔法瓶にするのも手ですね。
4. 12時間程度たったら、冷蔵庫で冷やしてできあがり。さあ、食べてみましょう!添加物が入っていないため、2、3日で食べきることをおすすめします。

 いかがでしたか?スーパーやコンビニで買うよりも安く手軽に乳酸菌を取れる自家製ヨーグルト。ぜひ皆さんもお試しください。

ヨーグルトで低カロリーのチーズケーキ!

ダイエット中だけど、どうしても甘いものが食べたい…!それも和菓子じゃなく洋菓子のどっしりしたタイプが食べたい…!なんてこと、ありませんか?
いくらダイエット中だからといって、我慢しすぎて辛くなるのは本末転倒。でも、食べてしまったらそれはそれで罪悪感に襲われちゃう、、なんてときに役立ってくれるのが、ダイエットの強い味方、ヨーグルト。
今回は、ヨーグルトを使った低カロリーかつヘルシーなチーズケーキをご紹介します。

加熱するとヨーグルトの乳酸菌はどうなるの?

ヨーグルトを使ったお菓子のレシピを見ると、「加熱したら乳酸菌が死んじゃうんじゃない?」と気になる方もいらっしゃるはず。残念ながら、乳酸菌は熱に弱く、100℃で加熱すると数秒で死滅してしまいます。でも大丈夫。死滅した乳酸菌は腸内に届き、そこで生きた乳酸菌のエサになってくれるんです。死んでも腸内環境を整えてくれるなんて、乳酸菌は本当に優秀ですよね。

どうやって作ればいいの?

ではさっそくヨーグルトを使ったチーズケーキのレシピを見ていきましょう。「チーズケーキ」といってもこちらのレシピはクリームチーズなどを使わず、あのベイクドチーズケーキにどっしりした食感と濃厚なコクをヨーグルトだけで出します。

材料:
ヨーグルト 400g
※一晩かけてしっかり水切りしておく。ボウルの上に、ボウルより一回り大きめのザルを乗せ、クッキングペーパーを2枚ほど重ねた上にヨーグルトを入れます。その上からぴっちりラップをして、冷蔵庫で一晩置きましょう。
卵 2個
砂糖 60g
薄力粉 大さじ2
※心もち多めの大さじ2。また、あらかじめふるっておくとダマになりません
レモン汁 大さじ1
※ポッカのレモン汁などでかまいません
生クリーム 1パック(200cc)
オレオ 6枚

作り方:
1. オレオはクリームごとビニール袋に入れ、麺棒などで細かく砕いておく。ビスケット部分とクリーム部分がしっかり混ぜ合わさるようにしてください。
2. パウンドケーキ型にクッキングシートを敷きつめたら、1を入れてギュッギュッと固める。ここがチーズケーキの土台部分になるので、麺棒などでしっかり力を加えながら固めると安心です。うまくできたら、パウンドケーキ型は冷蔵庫へ。
3. ここでオーブンを180℃で40分ほどに予熱しておく。
4. 水切りしたヨーグルトに卵を割り入れ、砂糖も加えたら泡立て器でしっかり混ぜ合わせる。
5. 4に薄力粉を入れ、またしっかり混ぜる。
6. 全体がよく混ざったら、生クリームとレモン汁を入れ、再びよく混ぜ合わせる。
7. 冷蔵庫で冷やしておいたパウンドケーキ型を取り出し、そこに6を流し入れる。全て入れ終わったら、トントンと底をたたいて軽く空気を抜いておく。
8. 予熱しておいたオーブンに入れ、焼き上げる(ご家庭のオーブンによって焼き時間は変わってきますので、調整してくださいね)。
9. こんがり美味しそうな焼き色がついたらできあがり。粗熱をとったらラップをかけて冷蔵庫へ。一晩置くことで、どっしりした食感が楽しめます。

ダイエットしている途中でも息抜きは大切。ヨーグルトを使った低カロリーの安心な手作りおやつで、美味しく楽しくボディラインを整えましょう。

ヨーグルトのホエーで健康になろう!

 買ってきたヨーグルトを食べようと開封したら、上に黄色っぽい水分がたまっていたんだけれど、何かわからなくて流しに捨ててしまった…なんて経験、ありませんか?あの水分はホエー(ホエイ、乳清)と呼ばれ、実は美容に役立つ栄養がたっぷり含まれているんです。捨てずに美味しくいただいて、有効活用しちゃいましょう!

ホエーって何?

 ヨーグルトやチーズなどの乳製品を作るとき、発酵が進みますよね。その過程で固形物と水分が分離することがあるのですが、分離した水分をホエーといいます。特にヨーグルトから出たホエーには乳酸菌がたっぷり含まれているため、使わない手はありません。開封したてのヨーグルトの上澄み液や、水切りヨーグルトを作ったときに出てくる水分がホエーになるわけですね。
 ホエーには乳酸菌のほか、必須アミノ酸や乳清タンパク質、ミネラルが豊富に含まれています。こんな栄養分の宝庫を捨ててしまってはもったいない!

どうやって食べればいいの?

 しかし、いくらホエーに栄養がたっぷり含まれているとはいえ、そのまま飲むと酸っぱくてあまり美味しいとはいえません。そこで今回はホエーの美味しい活用法をいくつかご紹介します。
 まずは、牛乳とホエーを1:1の割合で混ぜたドリンク。よくかき混ぜてオリゴ糖やハチミツで甘みをつければ、市販の飲むヨーグルトに負けない美味しいドリンクのできあがりです。
 また、お肉料理を作るときの下ごしらえにも大活躍。ホエーに含まれる乳酸菌がお肉の繊維を柔らかくしてくれるため、シチューやカレーなどに使うお肉をあらかじめホエーに漬け込んでおくといつもより美味しい煮込み料理ができあがりますよ。
 さらに、さきほどのシチューやカレーにお水の代わりとしてホエーを入れるてもよし。まろやかさとコクがワンランクアップすること間違いなしなのです。
 また、別記事でご紹介したように、お味噌とヨーグルトの相性は抜群。お味噌に含まれる植物性乳酸菌とヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌がお互いの良さを引き出し合い、栄養価だけでなく美味しさもアップしたお味噌汁ができるというお話でした。そう、お味噌汁の水分としてホエーを入れても美味しくなるんです。あまり入れすぎると酸味が立ってしまうので、量はお好みで調節してみてくださいね。

いかがでしたでしょうか?乳酸菌をはじめとした栄養分がたっぷり含まれているホエーを有効活用して、毎日の健康や美容に役立てていきましょう!