乳酸菌効果

乳酸菌は私たちの健康に欠かせない存在です。

健康に関する意識の高い方の多くは乳酸菌という言葉を知っていることでしょう。

善玉菌と呼ばれることもありヨーグルトやキムチなどを始め多くの発酵食品に含まれているとこが知られている乳酸菌ですが、実は多くの種類が存在しています。

私たちが想像している腸などの消化器官内で腸内の環境を整えてくれる菌というのは乳酸菌全体の中のごく一部で、主にラクトバシラス属とビフィドバクテリウム属が該当しています。

これらの乳酸菌は原則として人間に害を与えることは無く、多くの益を我々の体にもたらせてくれます。

 乳酸菌効能はどれくらいか

 先ほども書きましたが、腸などの消化器官の調子を整えることで便秘の改善や予防を行ってくれている乳酸菌ですが実はそれ以外にもいくつかの効能があります。

 1免疫力強化

 乳酸菌には人体の免疫細胞を活性化させてくれる効力もあるため、自然治癒力を高めることで風やインフルエンザの予防にも繋がります。また、カルピス社が以前に行った実験では乳酸菌が花粉症のアレルギー反応を抑える力を持っていることが実証されているため花粉症にお悩みの方にも摂取することをおススメします。

 2高血圧を防ぐ

 通常食事をすると血中のブドウ糖の濃度が上がるため血圧が上昇しますが、乳酸菌を摂取することで血糖値の上昇抑えてくれるため、血圧が高くなりやすい方や糖尿病のかたにもおススメです。

 乳酸菌はいつ摂取すべきか

 結論から書きますと最も適した摂取タイミングは食後がベストになります。

乳酸菌は胃液に弱いため摂取タイミングを誤ると菌の数が減ってしまい効能が薄れてしまいます。

従って、胃液が薄まる食後が最も適したタイミングといえるでしょう。

ヨーグルトであればデザートにもなりますのでフルーツを加えて食べればビタミンも取れるので尚良いでしょう。

腸内フローラの基本

NHKを始めテレビ番組でも紹介されることで、見聞きすることが多くなった腸内フローラ!乳酸菌食品で腸内フローラを良いバランスに保つ効果が大きいですね・・・
聞いたことはあるけれど、何のことか良く分からないと言う方も多いのではないでしょうか。
私たち人間の健康に大きく関係する腸内フローラについて、基本的な情報をご紹介したいと思います。

~腸内フローラとは何?~

人間のお腹の腸には、様々の細菌が生息していることは良く知られていますが、種類にして数百種、合わせて600兆個を超えると言うのは、驚きの数字です。
それら様々な腸内細菌は種類毎にグループを作り、腸内の壁に縄張りを争うように住み着いています。
腸内フローラの「フローラ」とは、英語で「お花畑」と言う意味で、腸内を顕微鏡で見た際に、まるで植物が種類毎に群生しているお花畑のように見えることから、腸の中のお花畑=腸内フローラと呼ばれるようになりました。
腸内細菌は1人1人、種類や数が異なります。国・人種・年齢によって、食文化や生活習慣が異なるためです。当然、腸内フローラの様子も大きく変化します。

~大きく3つに分かれる腸内細菌~

腸内細菌は、体に良いとされる「善玉菌」、体に悪いとされる「悪玉菌」、更にどちらにも属さない「日和見(ひよりみ)菌」の大きく3つに分類されます。
善玉菌の代表格は、なんと言っても「乳酸菌」です。有名なビフィズス菌の他、フェーカリス菌やアシドフィルス菌などがあります。善玉菌が増えることで、体に悪影響を与える悪玉菌が増えることを抑え、腸の調子を整えてくれます。
悪玉菌とはその名の通り、ウェルシュ菌や病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌など腸内で腸内で有毒物質を作り出すもので、体に悪影響を与えます。
便秘や下痢などのお腹の不調の原因は、悪玉菌の仕業であることが多くあります。
少々聞き慣れないのが、善玉菌・悪玉菌どちらにも属さない「日和見菌」ではないでしょうか。腸内の善玉菌・悪玉菌の内、優勢な方に味方するように作用するのが特徴です。

~理想的な腸内バランスに保つ~

腸内細菌が広がる腸の中のお花畑「腸内フローラ」の理想的なバランスは、善玉菌が2割、悪玉菌が1割、残りの7割が日和見菌とされています。
人間の腸の中では、善玉菌が増えようとする悪玉菌を抑えることで健康が保たれていますが、日々の食生活や体調の変化、服用する薬の作用によって、そのバランスは変化し続けます。ひと度悪玉菌が優勢になったバランスになってしまうと、便秘や下痢などの症状を引き起こすのは勿論、腸を通じて吸収された悪玉菌が生活習慣病や肌荒れなどに繋がることもあります。

~腸内フローラを整える乳酸菌~

善玉菌が悪玉菌を抑えている理想的な腸内フローラのバランスを保ち続けるには、善玉菌の代表格である乳酸菌を積極的に摂ることが効果的です。
乳酸菌は腸の中で乳酸や酢酸を作ることで悪玉菌が増えることを防ぎ、腸の調子を整えてくれます。乳酸菌飲料やヨーグルトなど乳酸菌食品が、お腹の調子を整えてくれることは良く知られていることだと思います。
乳酸菌食品を積極的に摂って、腸内フローラのバランスを良い状態に保ちましょう。

妊婦便秘!安全な乳酸菌サプリ比較

赤ちゃんをお腹に宿すと便秘が気になる妊娠の悩み

健康な赤ちゃんはストレス無しで育って欲しい妊婦の願いを叶えたいですね・・・

妊婦便秘!が当たり前のように語られるから不安になります。

毎日スッキリ安全な乳酸菌サプリ比較で体内環境を癒すことも・・・

人の体内で活動する代表的な善玉菌、

乳酸菌やビフィズス菌が元気に活躍して欲しい妊婦産の気持ち・・・

生まれたばかりの赤ちゃんのウンチは善玉菌であるビフィズス菌が大量に含まれています。

赤子のウンチは緑色!

生まれた時が一番多いビフィズス菌・・・

赤ちゃんのウンチはビフィズス菌の酸っぱい匂いがビフィズス菌の臭いとも言われています。

体内環境のビフィズス菌は赤ちゃんが最高値!

毎年体内のビフィズス菌は減少していきます。

赤ちゃんは100%、60歳近くになると1%程度にまで加齢と共に減少するのがビフィズス菌などの善玉菌です。

身体のとって有用菌である乳酸菌、善玉菌が生きたまま腸まで届けしましょう!

胃酸に弱い乳酸菌を生きたまま腸まで届ける乳酸菌サプリは人気です!

善玉菌をうまく摂取する習慣でスッキリ生活を継続したいものですね・・・

赤ちゃんにもスッキリした生活を望みたい気持ち、何か微笑ましい毎日が楽しみになります

腸は第二の脳

最近の腸内細菌の研究進化により、腸は第二の脳とま評価されるようになってきました
三大神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリン・セレトニンは体の中で重要な働きをしています
なかでもセレトニンは精神面に大きな影響力を持っています
幸福ホルモンとまで言われるセレトニンは心の安定や喜びに大きく働きかけます
うつ病や不眠症はセレトニン不足が大きく関与しているようです
セレトニンを増やすのは太陽光が特に重要ですが
腸内環境も大きく関与しているのです
セレトニンの95%は腸で作られている研究も存在するほどです
腸では脳内ペプチドも作っており
腸内環境の状態は健康だけでなく体全体に大きく関与しているのです
腸と精神との関係は、
過度の緊張から腹痛や下痢が発生することから、腸・脳相関関係が見て取れます
つまり腸と脳とは密接な関係にあると考えられるようになってきました

腸内環境に大注目!

腸内環境・腸内フローラの腸内細菌バランスが大切なのですね
腸内環境のバランスが壊れると病気を引き起こす要因にもなります
要内環境の善玉菌を活性化させて腸内フローラを良好にしたいものですね・・・
腸の良し悪しが健康管理に大きく影響してきます
病に伏せば人生は変わります
健康維持には腸内環境バランスを良好にする必要があります

腸の免疫細胞

免疫力は健康に欠かせません
腸には免疫細胞の7割も集中している重要な臓器です
人体で一番重要な免疫器官と言えます
胸腺免役や腸管免役に深く関わっている腸内フローラ
腸は食べ物を消化吸収する大事な器官です
血液や体質を形成する栄養は腸管から吸収されます
腸管は外部から侵入してきたウイルスなどの細菌から体を守る重要な器官です
必要な栄養を吸収し、外敵である細菌類から身を守ってくれます
腸な活性化を促す生活習慣を身に付けたいものですね・・・・

腸-脳腸内環境

腸-脳腸内環境を改善ビフィズス菌サプリと水溶性食物繊維便秘・腸内フローラ!腸内環境ビフィズス菌サプリ乳酸菌が腸活テレビで人気爆発!腸内フローラ腸内環境の腸内細菌ビフィズス菌サプリメント乳酸菌|人気ヨーグルト発酵食品で腸が元気に活性化!免疫力や便秘・花粉症アレルギーから肌荒れ・ウイルス・便移植・LPSや腸サプリ善玉菌改善・効果など腸内バランスを整えるランキングおすすめ腸を鍛える健康情報!

自律神経と腸内環境は深い関係にある

近年大注目の自律神経は腸内環境のバランスを整え良好な状態にあると
自律神経も整えやすいのだ

腸内細菌の力
腸内細菌が短鎖脂肪酸など効果や存在に注目が集まっています

自律神経

自律神経と腸内環境は深い関係にある
近年大注目の自律神経は腸内環境のバランスを整え良好な状態にあると
自律神経も整えやすい

腸内環境改善サプリ

ヨーグルト乳酸菌サプリが話題沸騰中!

生きたまま腸内フローラに届く乳酸菌効果と乳酸菌の餌になるオリゴ糖で健康維持生活を!

善玉菌ビフィズス菌が女性便秘対策の人気ランキング急上昇爆売れ中♪

テレビでも放映の医学・免疫・便秘・腸内環境効果や

腸内フローラ改善のTV番組や雑誌・有名週刊誌も乳酸菌の必要性を多数掲載中!

腸内環境改善ビフィズス菌サプリを摂取て腸健康に!

腸内環境改善ビフィズス菌サプリとは、善玉菌ビフィズス菌を配合したサプリメントです。

腸内環境に生息する善玉菌ビフィズス菌は加齢と共に著しく減少していきます。

人間は赤ちゃんの時は善玉菌ビフィズス菌100%活躍していますが

年とともに年々腸内環境の善玉菌ビフィズス菌は減少して60前後には僅か1%になると言われています。

腸内に少なくなった善玉菌ビフィズス菌を補充すれば健康維持に役立ちます。

ヨーグルトに含まれる善玉菌であるビフィズス菌を毎日補充する必要があるのです。

この善玉菌ビフィズス菌は長年の乳酸菌研究のうちに開発した、体の健康づくりの頼もしい味方なんです。

腸内環境ビフィズス菌サプリには善玉菌ビフィズス菌が一日の目安量が含まれているんです。

腸内環境ビフィズス菌サプリで「ビフィズス菌を毎日手軽に摂取することが出来ます。

継続して飲み続けることで、健やかで健康的に体調を整えてくれるそうです。

フジッコの善玉菌のチカラで体内環境を健康に

フジッコの善玉菌のチカラには、カスピ海ヨーグルトの乳酸菌が一粒に20億個以上も入っているのが特徴です。

カスピ海ヨーグルトに含まれているクレモリス菌FC株は、生きて大腸に届くことができる強い乳酸菌です。

大腸内で悪玉菌をやっつけて、善玉菌を増やす重要な働きを行ってくれます。

そしてこのサプリメントには、日本人に不足していると言われているカルシウムが70mgも配合されています。

カルシウムの補給は、女性には骨粗鬆症予防などに関連しています。

さらに、善玉菌のチカラは、一粒あたりの脂質が0.01g、0.71kcalなので、ダイエット中でも安心して飲むことができます

その上、海藻由来の食物繊維であるアルギン酸カリウムもプラスされています。

食物繊維の力で、善玉菌のパワーを強化し、毎日自然なお通じを実感することができます。

加齢により、善玉菌は減少し、悪玉菌が優勢になりがちですが、加齢の他に食生活の乱れ、ストレスが善玉菌減少の原因と言われています。

健康維持や毎日規則正しい生活リズムを作るために、善玉菌を積極的に補給することをお勧めします。

善玉菌のチカラは、一日一粒から二粒を目安にぬるま湯で飲むだけです。

ご自身の生活リズムに合わせて、毎日続けやすい時に飲むのがベストですが、乳酸菌は胃酸の影響を受けやすいため、食後に飲む方が多いようです。

また、このサプリメントは、合成保存料や合成着色料は使用していませんので、安心して飲むことができます。

善玉菌のチカラは、お得な定期コースを利用することで、特別価格で購入することができる他に、

フジッコの人気商品プレゼントやその他商品の定期特別価格にての提供、健康情報誌のお届けといった特典があります。

善玉菌の力:カスピ海ヨーグルトなどが生きたまま腸まで届く乳酸菌サプリ!

免疫力を増して健康を維持したいですね・・・

腸内細菌

腸内細菌腸内細菌は1000種類、その数は1000兆個とも言われています
腸内細菌のバランスが大切なのです
善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7が理想のバランスとも言われています
腸内フローラ・腸内環境に生息する腸内細菌は腸内細菌叢を作って腸内に生息しています
腸内壁に叢を形成している腸内細菌のバランスを善玉菌優位にする必要があるのです
善玉菌2:悪玉菌1が理想のバランスと言われています
悪玉菌が増えると腸内環境は悪化し疾病の危険度も高まります
大腸で悪玉菌が産生する有害物質は健康に大きな害を及ぼします
善玉菌優位になるように腸内環境を改善しましょう

身体で一番大切な臓器は第二の脳と言われる腸!腸内環境改善を甘く見ないで自分の健康維持を大切に!腸内環境バランスの改善で有用菌(善玉菌)を増やし有害菌(悪玉菌・腐敗菌)を減少すれば、大腸の有害物質排泄でおなら臭ニオイや便秘・便通改善だけでなく免疫力やアトピー花粉症~美肌効果も期待できる研究も多数あります。

乳酸菌を摂取する事で得られる効果

乳酸菌 効果
腸内細菌の乳酸菌効果は悪玉菌を抑え

善玉菌を優勢に保ちます

腸内環境を整え健康維持に役立ちます

乳酸菌を摂取して得られる効果についてみなさんはどの程度理解していますでしょうか?
きっと多くの方は乳酸菌を摂取する事で腸内環境の改善に繋がるとは思っていても
それ以上どういう効果があるのかはあまり分かっていないと思います。

では、実際に乳酸菌を摂取してどれだけの効果があるのかというと、
それはただ腸内環境が良くなるというだけでなくそれによって大腸がんなどの
怖い病気にならないようにもできます。

また乳酸菌を摂取する事で腸内環境が良くなって便秘の解消にもなります。
ただ、中にはいくら乳酸菌を摂取しても思ったように便秘が解消できないと
思っている人もいるかと思います。

確かに意識的に乳酸菌を摂取している人でも思ったように便秘の解消ができなかった
という人もいるかと思います。
そういう人はどういう乳酸菌を摂取したら良いのかという事をもっと考えてから乳酸菌を摂取される事をおすすめします。

その中でも私がおすすめするのがビフィズス菌のヨーグルトを食べるのをおすすめします。
このビフィズス菌のヨーグルトというのは善玉菌の代表格である乳酸菌とビフィズス菌が摂取できます
腸内フローラにとって有用菌であるビフィズス菌や乳酸菌の摂取で免疫力も活性化され病気になりにくいという良い効果があります。

ですから、これから何か乳酸菌を摂取して健康を維持したいと思っているならぜひ
善玉菌のビフィズス菌や乳酸菌のヨーグルトを摂取される事をおすすめします。

でも、それだけ良い効果があるビフィズス菌のヨーグルトですがこれにも欠点はあります。
それは一体何かというとビフィズス菌のヨーグルトは普通の牛乳よりも値段が少し高いです。

ですから、なかなかビフィズス菌や乳酸菌のヨーグルトを摂取してこなかったという人もいるかと思いますが
健康維持のために同じ乳製品を摂取するならビフィズス菌や乳酸菌のヨーグルトがおすすめです。

乳酸菌ヨーグルト

乳酸菌ヨーグルトはとても健康にいいです。

味ももちろん美味しいですが、
栄養効果は他の追随を受けません。

乳酸菌は腸内環境を改善させ、便通もよくしてくれます。

乳酸菌ヨーグルトは毎日食べると特に効果を発揮します。

今巷ではいろいろなヨーグルトが流行っていて、
大きくて取り分けるタイプのものから、
1個のタイプ、何個もついて1セットになっているタイプ、
液体になっているタイプなどいろいろあります。

どんなものでもその効果はあるとは思いますが、
乳酸菌がきちんと入っているヨーグルトを選ぶといいと思います。

近年では腸は第二の脳とも言われており、
幸せを感じるセロトニンの発生源とも言われています。

精神的に不調な時というのは
得てして腸内環境も悪化しており
便秘や下痢も併発しているということが少なくありません。

これはメンタルヘルス問題の結果ではなく、
原因であるかもしれないのです。

腸内環境を良くする事はつまり精神的に安定し、
幸せな気分になる可能性が高まるということなのです。

乳酸菌ヨーグルトはそのままで食べるだけではなく、
鶏肉を漬け込む事によって肉を柔らかくしたり、
カレーの隠し味にしたり、
ヨーグルトサラダを作る事もできます。

味が苦手だという人はカスピ海ヨーグルトなど
少し系統の変わったものを試す事もできます。

しかしながら、乳酸菌ヨーグルトは少し傷みやすいのが欠点だと思います。

大きいタイプでは蓋を開けてから数日の間で食べてしまわないと腐ってしまう可能性があります。

そのため保存する際はきちんと冷蔵庫に保管し、
毎日一定量食べる事できちんと時間内に消費する事が大事だと思います。

デメリットがほとんどない乳酸菌ヨーグルトは毎日食べる事を全力でおすすめいたします。

ちなみに私は毎日朝夕とヨーグルトを食べています。