ビフィズス菌が腸で一番多い
人間の腸内で最も多いビフィズス菌は1~10兆個とも言われています
乳酸菌の数はビフィズス菌の1000分の1から100分の1程度なのです
乳酸以外にも酢酸を作ります
ビフィズス菌は主に大腸で生息し活躍してくれます
人間の健康に有用な有用菌であるビフィズス菌は加齢やストレス・生活習慣などにより年齢と共に減少していきます
赤ちゃんのビフィズス菌は99%いじであったビフィズス菌は
年齢と共に次第に減少し、
還暦の60歳前後に達すると1%未満にまで大腸のビフィズス菌は減少しているのです
ビフィズス菌が減少は有用菌善玉菌の減少を意味し
悪玉菌である有害菌【腐敗菌】を大腸に増加させてしまいます
お腹の腸内環境で酢酸や乳酸を生成するビフィズス菌のおかげで
腸内環境は弱酸性に保たれ
酸性に弱い悪玉菌の増殖増加を抑制していてくれた有益菌であるビフィズス菌が減少してしまうと悪玉菌が増加して、腐敗物資や有害物質を腸管内で産生してしまいます
その結果、腸内環境のバランスが壊れ腸内細菌叢も有害菌の比率が上昇してしまうのです。
腸内環境のバランス悪化は疾病の危険をはらんでいます
こうなると健康維持も困難になる可能性が発生します
腸内細菌のバランスを適正に維持することがさらに重要になるのです