健康維持に重要な腸内環境改善ビフィズス菌の活性化と増殖!

生きたまま腸まで届くビフィズス菌サプリの腸内環境改善効果に期待!

近年注目の腸内環境改善に役立つビフィズス菌おすすめランキングが人気!

腸内フローラ腸内環境改善ビフィズス菌が人気!

腸内環境改善とビフィズス菌効果が注目されています

ビフィズス菌の情報

腸内環境改善ビフィズス菌サプリの情報

ビフィズス菌サプリおすすめ腸内環境改善ビフィズス菌ランキング!

腸内フローラ腸内環境改善人気おすすめビフィズス菌サプリの情報

腸内環境改善ヨーグルトと腸内環境改善ビフィズス菌サプリメントどっち

腸内環境改善 ヨーグルトサプリ乳酸菌ビフィズス菌サプリ|腸内フローラ人気No1便通効果ビフィズス菌サプリおすすめランキング

生きて腸まで届くビフィズス菌ヨーグルトサプリの選び方! ビフィズス菌(ロンガム種)50億個が

大腸に届く人気のビフィズス菌サプリを利用したくありませんか?

「ビフィーナ」シリーズ 累計販売個数972万個 累計愛用者数88万人※

※出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧1998~2016」機能志向食品編整腸効果 乳酸菌メーカーシェア(1996~2014年実績),ビフィーナRシリーズ全体での売り上げ。

「ビフィーナ」シリーズ 累計販売個数 972万個 累計愛用者数 88万人※

※1993年~2015年12月31日までのビフィーナRシリーズ愛用者、販売累計(森下仁丹調べ)

「ヘルスエイド ビフィーナS」

生きたビフィズス菌(ロンガム種)が含まれ、腸内フローラを良好にし便通を改善する機能があることが報告されています。

生きたまま腸内フローラまで届くビフィズス菌サプリで健康を維持!

ビフィズス菌が生きたまま腸内フローラまで届くビフィズス菌

ビフィズス菌は善玉菌の約99.9%を占め体内環境を活発に健康維持しています

胃酸に負けないビフィズス菌サプリで腸内フローラ のバランスを優勢にしましょう!

自分にあったサプリを見分けるのは難しいと言われていますが・・・・?
「ビフィーナ」シリーズ売上乳酸菌健康食品市場19年連続シェア№1を誇っているビフィズス菌サプリを試せば結果が見つかるかも知れません♪ ※出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧「1998~2016」 機能志向食品編整腸効果 乳酸菌メーカーシェア(1996~2014年実績) ビフィーナRシリーズ全体での売り上げ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  1. 森下仁丹の「 ヘルスエイド ビフィーナS」

    価格 5.0
    人気 5.0
    おすすめ 5.0
    特別価格:
    2,980円(税込)
    初回限定
    約23%OFF(送料無料)お一人様1個限り

    ビフィズス菌(ロンガム種)が50億個、 乳酸菌は10億個配合! ビフィズス菌の生存率は、なんと約90%! ビフィーナは自然で腹痛もなし! 乳酸菌は体を冷やすが冷え性&IBSでも安心! レモン風味の水なしで飲める味しい味!
    「ビフィーナ」シリーズ 累計販売個数972万個 累計愛用者数88万人※ ※出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧1998~2016」機能志向食品編整腸効果 乳酸菌メーカーシェア(1996~2014年実績),ビフィーナRシリーズ全体での売り上げ。
    「ビフィーナ」シリーズ 累計販売個数 972万個 累計愛用者数 88万人※ ※1993年~2015年12月31日までのビフィーナRシリーズ愛用者、販売累計(森下仁丹調べ)

    生きたまま腸まで届くビフィズス菌!

    胃酸に強い効果 とオリゴ糖で健康維持スッキリ 毎日補給すれば、体内の腸内環境に生息するビフィズス菌は増える! 飲みやすい 、毎日手軽に取りやすい ! ビフィズス菌・・・森下仁丹の「ヘルスエイド ビフィーナ」シリーズ 今一番の人気で安心オススメ乳酸菌サプリです♪ 胃酸に負けず腸まで届くビフィズス菌ですから・・・

    「ヘルスエイド ビフィーナS」は 成分の安全性/機能性の科学根拠/生産・品質管理基準などの 条件を満たした機能性表示食品です。

    商品詳細を見る

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  1. アレルケア

    価格 5.0
    人気 5.0
    おすすめ 5.0
    アレルケアはL92乳酸菌配合のサプリ 販売数1000万個突破のアレルケア アレルケアはL92乳酸菌の魅力いっぱい! ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株 刺激や敏感・デリケートの悩みにL92乳酸菌配合サプリのアレルケア

    アレルケアの詳細を見る

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  1. 乳酸菌革命

    ランキング 4.5
    口コミ評判 4.5
    おすすめ 4.5
    最大20%off 通常価格2880円が⇒2730円税込(送料無料) ラクトバチルス・アシドフィルス、ブルガリクス、ガッセリー、ブレビス、カゼイ、ヘルベティカスと 3大乳酸菌ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌など16種類
  2. 乳酸菌が腸まで届く有胞子乳酸菌
  3. (耐酸性カプセルが胃酸や胆汁から乳酸菌を保護) リピート率85% 添加物不使用

    乳酸菌革命の詳細を見る

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

毎日手軽で優しく飲みやすいビフィズス菌ヨーグルトのビフィズス菌サプリ!

ビフィズス菌サプリは手軽で飲み易いですよ!

発酵乳やヨーグルト乳酸菌飲料・チーズ・漬物・味噌・醤油・日本酒など・・・

ヨーグルト乳酸菌が含まれる食材の役割は健康な身体の免疫力維持などたくさんあります。

昔の人は乳酸菌の性質をうまく利用してきました。

乳酸菌は健康維持に関連性があることを代々人々は知っていたのです!

腸に届く乳酸菌って?
乳酸菌はすべて腸に届くのですか?
ヨーグルト乳酸菌は胃酸に弱いから、ほとんどの乳酸菌は死滅してしまうのです!
ビフィズス菌サプリ

腸内環境を整えるビフィズス菌サプリおすすめです

有用菌の99%ビフィズス菌が生きたまま腸まで届く胃酸に強い乳酸菌サプリメントやオリゴ糖で健康維持スッキリしましょう!

女性に人気ビフィズス菌サプリランキング売れ筋一番がわかります♪

テレビ放映の腸内フローラ番組や話題の腸内フローラTVの紹介も多数掲載中!

ビフィズス菌サプリの長所は胃酸に打ち勝ち腸まで届く乳酸菌の魅力ですね

体内環境は腸内細菌で決まると言っても過言ではありません

とにかく腸の汚れ・・・有害菌を減らし有用菌を増殖活性化させる必要があります

有用菌はカラダの健康維持を予防する働きがあります

脳と体内環境の老化の鍵は腸内フローラが大きく関与していることが、近年の科学研究でクローズアップされています

最新の科学研究結果のデーターに基づいた腸内フローラ改善の方法は広く公開されるようになりました

乳酸菌の科学はこの5~6年で飛躍的な成果を公表しています

コンピューターとそのデータ解析が進化しているのです

細菌では腸内細菌の種類は1000種類以上

腸内細菌の数は1000兆個以上と言われています

その重量は約1.5KGと膨大な量です

毎日排出する大便の1/3は腸内細菌ということになります

毎日よくない状況なら、これらの細菌の残骸を溜め込んでいることになります

もっと言えば、これら腸内細菌の種類の中には、まだ未発見のものも対象に存在すると言うことです

腸内フローラの全細菌の種類の詳細が解明されているわけではありません

ある意味、まだ腸内フリーラ解析の黎明期であるかも知れないのです

有害菌は健康を損なわせる働きを持った大腸菌や食中毒菌など、増殖することにより健康を害する危険を秘めた腸内細菌叢です

これら有用菌と有害菌の比率は2:1のバランスを保つ必要があります

腸内フローラ叢と言われるお花畑のように腸内細菌は種類ごとにフローラ叢のの状態で体内環境に存在しているのです

この腸内フローラには有用菌と有害菌、日和見菌がそれぞれ。2:1:7の比率で構成されている状態で健康維持していることになります

問題は日和見菌と言われる腸内細菌の7割を占めている腸内細菌の動向なのです

日和見菌は、有用菌優勢なら有用菌になり、有害菌優性なら有害菌になるカメレオンのような存在なのです

したがって日和見菌が有害菌の味方をしないように、有用菌を増殖活性化させる必要があるのです

ところが、有用菌の大半はビフィズス菌で占めており、

ビフィズス菌は赤ちゃんの時の数値を100%とすると、

60歳くらいの加齢を減る頃には僅か1%程度しか存在しない状況になっているのです。

このビフィズス菌減少対策としてビフィズス菌サプリや乳酸菌含有食品を摂取する必要性が存在するわけです

ビフィズス菌は有用菌です

乳酸菌はヨーグルトなどで摂取できるので、日本中いたるところでスーパーの陳列棚には、ヨーグルトが並んでいます

それぞれの商品メーカーでの有用な乳酸菌の研究開発の成果が、スーパーに並んでいるヨーグルト商品なのです

もちろん毎日必要な乳酸菌ビフィズス菌をヨーグルトで全て補給でできればいいのですが・・・

でも、本当に毎日必要な乳酸菌ビフィズス菌は想像を超える量が必要みたいです。

そうなると、毎日低価格で摂取できるビフィズス菌サプリも悪くないと、思えてきます

お買い物に毎日いかなくても、ビフィズス菌サプリなら僅か1~2粒カンタンに飲むだけですから・・・

乳酸菌サプリメント

乳酸菌は体に良い菌

菌類にはさまざまな種類が存在し、一般的には菌類というとカビや病原体などの病気の原因となる菌をイメージする人も多いようです。

しかし菌類には有用有害という区別もあり、健康に良い効果をもたらす菌というものも世の中にはたくさん存在します。

ビフィズス菌を始めとした乳酸菌も体に良い有用菌の一つで、体内に摂取することで消化を助けたり腸内環境を整える効果を発揮します。

乳酸菌の効果はその名前が示す通り腸内を酸性にするという効果があり、有害を殺菌する役割を発揮するのです。

有害菌の繁殖を抑えることが出来れば、腸内のガスの発生源を減らすことにも繋がり、お腹の膨満感や痛みなどの違和感の解消や、便通の治療にも繋がります。

・乳酸菌が含まれている食品

乳酸菌が含まれている食製品としてはヨーグルトやチーズが最も有名で、ビフィズス菌が含まれているヨーグルトは、健康に良い食品として多くの日本人に親しまれているのです。

こういった身体によい乳酸菌を使って健康を維持するには、定期的にヨーグルトなどの健康食品を摂取することが必要になってきます。

ヨーグルトやチーズに含まれている乳酸菌は動物性乳酸菌と呼ばれ、文字通り牛乳などの乳製品を発酵させて作られます。

植物性の乳酸菌が含まれている食品としては、漬物や味噌、醤油や塩麹などの日本の食文化と深い関連のある食品が代表的です。

こういった植物性乳酸菌を昔から有効活用していたのが、日本人の長寿の秘訣だともいわれ、植物性乳酸菌の効果も最近では注目されています。

海外にも同様の発酵食品が数多く存在し、有名なものとしては韓国のキムチやドイツのザワークラウト、欧米諸国で利用されているピクルスがあります。

最近ではサプリメントとして乳酸菌を利用した商品も販売されていて、効率よく体内に乳酸菌を摂取する方法としても、特に最近の健康ブームで需要が増え始めているのです。

・生きている乳酸菌が重要

乳酸菌を有効活用するためには、生きている乳酸菌、つまり生菌を摂取することが大切です。

腸内環境においては酸性に保つことが人体の健康に良い影響をもたらすのですが、同時に乳酸菌が活発に行動し繁殖しやすい環境も酸性という面で一致しています。

有害菌はそういった酸性の環境とは相いれずに、腸内をアルカリ性に傾けて増殖しようとします。

それに対する乳酸菌が腸内環境を整えるメカニズムとは、乳酸菌そのものが腸内の環境を自分の生存できる酸性の環境に整えようとする働きそのものなのです。

腸内にはさまざまな種類の菌が存在し、それぞれが同じ種類で集まって腸内フローラと呼ばれるコロニーを形成しています。

こういった有害菌と有用菌の腸内フローラ内でのせめぎ合いが、自然と腸内の環境をバランスよく整え、結果として体に良い腸内環境を実現します。

生きている菌以外にも、死んだ乳酸菌は生きている乳酸菌のエネルギー源になることが知られています。

また死んだ乳酸菌は食物繊維と似たような働きを示し、有害菌にまとわりついて体外に排出しやすくする効果があるので、生菌死菌ともに体に役立つのです。

・腸内を酸性に保つことで得られる効果

ガスの発生を抑えることは説明しましたが、それ以外にも腸内を酸性に保つことで得られる健康効果は多数あり、その中でも大腸がんの発生を抑える働きがあることが最近発見されています。

大腸がんやポリープの発生原因としては、有害菌の増殖やそれによる食べ物のカスの腐敗が原因とされていて、そういった原因を排除できる乳酸菌は大腸がん予防にも効果を発揮するのです。

また、免疫機能のバランスも最適化する効果があることも知られ、アレルギーの改善方法としても乳酸飲料などが注目されています。

腸機能の活性化によってインシュリンの生産も活発になるため、血糖値を下げる働きもあり、結果として糖尿病の予防もすることが出来ます。

乳酸菌自体が持つ多糖成分の生産能力も、ブドウ糖の腸内吸収を阻害する働きがあるため、血糖値の上昇を防ぐのです。

体に良い乳酸菌の効果と種類

細菌の一種である乳酸菌は、体に様々な良い作用があります。

例えば、代表的な乳酸菌食品であるヨーグルトは、牛乳から加工されるため豊富なタンパク質が含まれています。

またカルシウムは、乳製品の成分の中でも有名で、体に大切な栄養素がたくさん含まれています。

他にも乳酸菌は腸に留まり、乳酸を作り出すことで腸の蠕動運動を促し、排便をしやすくします。

そして乳酸を作り出すことで、腸が酸性になるため腸内の病原菌の繁殖を抑える作用もあります。

また腸の働きは水分や栄養を吸収する働きがあります。

乳酸菌が排便を促すことで、老廃物が腸内に溜まりにくくなり、効率良く吸収出来ますし、老廃物中の成分も吸収することがなくなるため、血中の免疫細胞の活性や美肌に効果あります。

しかし乳酸菌は、胃液や胆汁などの消化液に弱く、死滅する特徴もあります。

乳製品であるヨーグルトは、乳酸菌が死んでも効果が持続するため、腸内環境を整える食品として有名です。

他にも乳酸菌は350種類以上存在しますが、種類によって様々な特徴があります。

シロタ菌は、胃液や胆汁などの消化液に強く、腸を整える効果が高いことや、花粉症などのアレルギー反応を抑制したり、病原菌の繁殖を押さえるなどの効果があります。

LGG菌は、生きたまま腸に届き、便秘解消やアレルギーなどの免疫反応による症状を改善したり、子どもに多いアトピー性皮膚炎の症状を抑える効果もあります。

ラブレ菌は漬物から発見された乳酸菌で、塩分や酸に強いことから消化液に強く、腸内に効率よく届きます。

免疫力を高める効果があり、体内の病原菌を抑制し風邪などが引きにくいなどの効果があります。

このように、乳酸菌の種類によって効果が異なるため、自分の体質に合った乳酸菌を体内に取り込むことが大切です。

しかし体に乳酸菌を取り込んでも、まれに効果が出にくい方もいます。

それは腸内に有用菌と有害菌が共存していて、乳酸菌やビフィズス菌などの有用菌の割合が多ければ腸に良い影響を与えますが、逆に有害菌が多いと便秘や下痢など腸内環境が乱れやすくなります。

有害菌を増やす原因は、主に食生活が関係していると言われています。

食物繊維の少ない食事や、肉などの動物性たんぱく質を多く取るような食事をしていると、有害菌が増殖しやすくなり、乳酸菌の効果が出にくくなります。

乳酸菌を取ることと、日頃の食生活を整えることで、腸や体に良い効果が出やすくなります。

乳酸菌が健康に及ぼす効果乳酸菌が健康に及ぼす効果

乳酸菌は私達の生活の中で、とても大事な存在です

私達が健康を意識する時に、よく耳にしたり目にするのが、乳酸菌です。

ヨーグルトを食べることで、乳酸菌が腸まで届いて、お通じに解消してくれるということくらいしか理解できていないかもしれません。

乳酸菌がどんなもので、私達の身体の中で、どんな作用をもたらしてくれるのかをもう少し知っておくことが大事かもしれません。

乳酸菌は、オリゴ糖等をベースに乳酸等を生成してくれる役割を持っている最近です。

ビフィズス菌も知名度の高いスーパースターのような存在かもしれませんが、彼らは腸の中で有用菌と呼ばれる菌を増やしてくれます。

腸の中には、有用菌、有害菌と呼ばれる種類の菌が存在します。

言葉通り、有害菌が腸内で増えてくると、それだけで、便秘や免疫不全等に発展していき身体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

具体的は有害菌と言うと、ブドウ球菌や大腸菌が挙げられます。

一方の有用菌はビフィズス菌や乳酸菌です。

有用菌が腸内にたくさん増えてくると、有害菌そのものを外に追い出そうとしてくれますし、それにより、腸内での適切な食物の栄養吸収を手助けてくれます。

その後は、排出物をきちんと排泄させてくれるので、健康を維持させるためには、必要不可欠な存在なのです。

反対に有害菌が増えてくると、栄養吸収も毒素分まで吸収させてしまうので、当然、身体に良くないことは分かることでしょう。

これに加えて、腸内には排出物が溜まり、毒素さえ蓄積されかねません。

いわゆる便秘です。

女性に多い便秘ですが、このように健康面では悪影響ばかり及ぼしてしまうのです。

乳酸菌を取るには、ヨーグルト、チーズ、バターや乳酸菌飲料を飲んだり、大豆系の発酵食品を摂ることも良いとされています。

ここで大事なことは、乳酸菌は、腸内で長らく存在しているわけではありません。

1週間程度で死滅してしまいます。

腸で乳酸菌を維持して、有用菌を増やすためには、乳製品や発酵食品を毎日の食生活の中で、規則正しく取り入れ続けることが大事なのです。

しかも、腸内に届くまでに、すでに死滅してしまうこともあります。

最近は、生きた乳酸菌というフレコミで紹介されている乳酸菌類のサプリメントやヨーグルトもありますので、意識して摂っていくことも良いことです。

このように乳酸菌を身体に取り込むことは、自分の健康を維持する上でとても大事なことなのです。

しかも、健康維持の面では、ダイエット効果や身体の抗酸化効果も期待できると言われています。

ダイエット効果とは、便秘解消に伴うことも、すでに意味しています。

排泄物がキチンと排泄されることで、過渡な栄養吸収も防ぐことができますし、何よりも血液循環も活発になってくることもことから、基礎代謝力も上がっていき、脂肪燃焼効果が期待できるのです。

そうすることがダイエット効果になっていきます。

また、抗酸化では身体の中に異常に溜まってくる活性酸素を取り除く力を乳酸菌はもっています。

この数年、活性酸素が世の中で大きくクローズアップされているのですが、これも健康障害に繋がる存在として厄介なのです。

それはストレスと密接な関係があるのですが、私達の生活はいつも繁忙感と複雑な人間関係の中にさらされています。

そうなると、精神的にも強い抑圧が襲ってきて、大きなストレスを感じてしまいます

これが長い間続くと、活性酸素が体内に蓄積されてしまいます。

本来、活性酸素も体内の毒素を除去する役目を果たしていたのですが、増え過ぎることによって、逆に健康障害を引き起こしてしまうのです

これを防ぐために乳酸菌が大きな役割を担ってくれるのです。

便秘解消良いとされる乳酸菌は、身体全体で健康を維持してくれるために、とても大切なものなのです。

腸内フローラ改善バランスを保つには乳酸菌が有効

乳酸菌をサプリで摂ることのメリットは?

乳酸菌が腸内環境を改善することに効果が期待できると言われていますが、乳酸菌を含む食品を食べてもあまり実感することは出来ません。

それは乳酸菌が胃酸や胆汁によって死滅してしまうため、一番必要としている腸までほとんど生きて辿りつくことが出来ないからです。

食べても何の効果もなく全くのムダというわけではありませんが、腸内環境を有用菌優位の腸内フローラに変えるためには、ヨーグルトや乳酸菌飲料だけでは時間がかかります。

それは食品に含まれている有用菌の数にも原因があります。

商品によって含まれる有用菌の種類も違いますし、その含まれる数も違います。

人によって合う合わないがありますので、色々試してみるしかありません。

腸内が有害菌優位の状態だと、腸内でガスが発生してそれが腸から吸収されて体内を巡ります。

腸内環境が乱れていると便秘だけではなく体の不調なども感じやすくなり、免疫力の低下につながり風邪を引きやすくなったり花粉症や皮膚炎など困った症状を引き起こすこともあります。

腸は最大の免疫器官と言われていますので、ただ便秘なだけだとほっておいても良いことはありません。

腸内環境を少しでも早く改善するためには、色々な種類の乳酸菌をたくさん摂取する必要があります。

腸内環境を整えるためには、食品よりも乳酸菌サプリメントが効果的です。

乳酸菌サプリメントでは胃で溶けにくいカプセルに何種類もの乳酸菌を閉じ込めています。

善玉菌と同時にオリゴ糖のような善玉菌のエサになるものも含まれているとより効果も期待出来ます。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類は少ないですが、サプリメントなら何種類もの乳酸菌を一度に摂ることが出来ます。

量と種類数で考えてもただ発酵食品を摂るよりも、サプリメントのほうが効率が良いということです。

腸内細菌サプリで改善

人間の腸内には数百種という多種多様な細菌が生息しており、その細菌の数は1000兆個とも言われています。

これらの細菌は小腸から大腸にかけて種類ごとにグループを作って腸の壁面にすんでいます。

腸内を顕微鏡で観察すると、これらのグループがまるでお花畑のように見えることから腸内フローラと呼ばれています。

腸内フローラを形づくっている細菌の種類は、人それぞれに個性があるように人ごとに異なります。

また同じ人であっても年齢や時々の生活習慣・ストレスによって影響を受けて変化をします。

数多くの種類の腸内細菌が居ますが、大きく分けて下記の3種類に大別することが可能です。

1・有用菌

有害菌の繁殖を防ぎ、腸の蠕動運動を促すなど身体に対して有用な働きをする菌

2・有害菌

腸の蠕動運動を鈍らせたり、腸内の物質を腐らせて有毒物質を作る菌

3・日和見菌

有用菌とも有害菌とも呼べず、有用菌が優勢の時はおとなしいが有害菌が優勢になると有害菌として働く菌

乳酸菌サプリ

健康な人の腸内では有用菌が有害菌を上回っているので、腸内フローラも一定のバランスを保つことが出来ます。

しかし、体調不良などで有害菌が有用菌を上回ってしまうような状態になると、蠕動運動が鈍ると腸内で食べ物の腐敗が進み、様々な有害物質が腸内で増えてしまう原因となります。 これらの有害物質が腸から吸収されると解毒の為に肝臓や心臓・腎臓に大きな負荷を与える原因にもつながり、様々な生活習慣病の原因ともなるのです。

そうならない為にも腸内フローラのバランスを有用菌が優勢な状態に保つことが大切です。

それには日頃から有用菌の代表的な存在である乳酸菌を摂取することが有効的で、乳酸菌は腸内で乳酸や酢酸を作ることで有害菌の増殖を抑える効果の他にも、腸の蠕動運動を正常にすることで下痢や便秘などを改善させる効果もあるのです。

ページの先頭へ